南インドの原住民に学ぶ、カレーリーフ髪強壮剤。

今日は、
白髪知らずと言われているアジアの国々、特に海岸沿いエリアの
南インドの原住民が伝授する、ナチュラル髪強壮剤のお話をば。。

これは、髪が確実に白髪にならないようにするための最も基本的な
レシピで、カレーリーフを焼いて作ります。

作り方はいたってシンプル。

鍋にココナッツオイルを入れて、
カレーリーフを加えてこんがり焼いたらできあがり!

分量的には、100ccぐらいのココナツオイルに、10枚から20枚でよろしいかと
思います。私なら30枚ぐらい入れるかもしれません。濃いほうが効きそうなので。

なかなかおやつとしてもおいしそうなこのカリカリ・カレーリーフ入りの、
ココナッツオイル。(カリカリリーフは、実はインドにいた頃のマイおやつの
ひとつでした)

週1回、髪強壮剤として使えば、白髪と抜け毛は確実に止るという説もあれば、
90日間厳格に頭皮と髪に塗り続けるべし。との説もあり、

このオイルをつけて15分から20分間穏やかなマッサージをすると、抜け毛、
フケを減らすことを助け、髪の成長を早くし、髪を濃くすると伝えられています。

また、これに代わるものとして、カレーリーフを手の平いっぱいに摘み、
すりつぶしてペーストにした後、ココナッツミルクと混ぜてオイルが出来上がる
まで沸騰させるというもの。
代わるもの、というより、元のレシピの方が超簡単です。(笑)

が、しかし。
インドやタイならともかく、日本で台所にココナッツやカレーリーフが置いてある
家はまずないと思いますが、アジア食材店に行けば簡単に手に入れることができます。

白髪と抜け毛が気になる方は、ぜひトライしてみてください。

★応用編★

ちなみにタイにいる方なら、個人的にはカフィアライムの葉っぱでもいいと思います。

カフィアライムの葉、オイルで炒めて食べてみましたが、、
すごくカレーリーフに似てて、味的にも質的にも、成分的にもかなりかなり似通って
るものと確信してます。

カフィアライムもタイ伝統の美髪ハーブのひとつですし、カフィアライム葉とカレー
リーフの葉両方を組み合わせたらさらによろしいのではないかと。
近いうちにそのうち、作って試してみたいと思います。

広告