ヘナとインディゴで、アジアンな緑の黒艶髪にする。

ヘナは今までさんざんやってきたのですが。
今年に入って、新たに、
「ヘナ染め+数日後インディゴ」にはまってます。

今までは、ヘナとインディゴをわけて染めるのが
めんどくさかったということもあり、
ヘナにインディゴを混ぜてヘナるのが常だったのですが、

ヘナをした翌日~3日後ぐらいに、乾いた髪の状態で、
インディゴペースト(インディゴを4倍ほどのぬるま湯で溶いたもの。
熱湯や水よりも、ぬるま湯を使うとインディゴの発色がよくなります)
をすぐに頭に塗りはじめ、30分から1時間ぐらい置いた方が、

ヘナにインディゴを加えて一緒に
染めた仕上がりよりも、

ググググっと、緑の黒髪度が増す

のです。

根元から黒々しているこのインディゴ仕上げの髪が
ここ数ヶ月のマイ・ヒットです。

ちなみにこれだと、白髪も、ちゃんと黒くなりますが、
白髪が多めにある人は、

ヘナ ⇒ 数日後インディゴ ⇒ またヘナ ⇒ またインディゴ

のサイクルをこまめに繰り返すのがおすすめです。

これで、白髪はほとんど目立たなくなります。

一方、
「髪は別に黒く仕上がらなくてもいいから、髪をしっかりとディープ
にトリートメントしたい!」という人は、

ヘナに卵やヨーグルト、オイル、他の美髪ハーブを加え、
しっかり3時間以上ヘナればOK。インディゴは要りません。

目的別でヘナを使いこなし、アジアン美髪をゲットしましょう。

広告