アーユルヴェーダ伝統ハーブ、ベールの効能。

最近、、
やばいぐらいに愛飲しているお気に入りハーブ、ベール

一日2、3回は飲んで、ほっこりしてるのですが。

このベールフルーツのお茶は、タイでは「マトゥーム」という名で
親しまれ、よく飲まれているおなじみハーブ。

インド、ミャンマー、スリランカでもよく見かけられる
ハーブで、アーユルヴェーダではBilwaという名前で知られてます。

伝統的に飲まれてきたこのハーブ、
インドのアーユルヴェーダにおいても、その高い薬効ゆえに
頻繁に使われ、重宝されているベスト10ハーブのひとつ。

そんなベールの効能をご紹介します。

★ ベール(別名ビルワ/ウッドアップル etc.)

古代の果樹、ベールは、その高い薬効ゆえに重宝され、アーユルヴェーダ
において最も頻繁に使われてきたベスト10ハーブのひとつです。
特にベールの果肉は、強い消化促進効果と胃腸内ガスを排出する働きあり、
幅広く使われています。

ベールという名は「すべての病気を鎮める」という意味です。

このアーユルヴェーダハーブは消化機能を向上させることから、
特に過敏性腸症候群(ストレスが引き起こす下痢や便秘などの症状)や
大腸炎のような消化障害の緩和に用いられています。

定期的に摂ることで女性の乳がんを予防し、腎臓が洗浄され、
心臓強壮やむくみ緩和効果でも知られています。

また、豊富なタンニン(ポリフェノール)や冷却効果、落ち着かせる効果
でも知られ、人間の腫瘍細胞線の増殖抑制作用があることが研究調査でわ
かっていて、がん予防ハーブのひとつとしても注目されているハーブです。

★こんな人におすすめ!

*消化力や胃腸が弱い
*便秘
*血液浄化
*脂っこいものが好きで肝臓に負担がかかりがちな方
*下痢になりやすい
*胃腸のガス
*肝臓や腎臓をいたわる
*免疫強化

■ ベールは オリエンスハーバル にてご購入いただけます。

広告