怠けた消化力を高める古代アーユルヴェーダ万能薬、トリファラ。

このブログでもたびたび登場しているトリファラですが。
今回はトリファラ・まとめ編です。

★トリファラって、何? 

コロラド州で活躍するインド出身のアーユルヴェーダ医師
ラーマ・カント・ミシュラ氏は言います。

「すべての退行性・慢性の病気の80%は、
能率的でない消化や吸収、そして代謝が根本原因となっている。」

「もしも私たちが、食べるものを適切に消化吸収できなくなれば、
体は、体維持と再生のために必要となる栄養分を受け取れなくな
ります。

さらに、消化不全を長年放っておけば、正常な身体機能を破壊さ
せかねない毒素(アーマ)が出来上がります」

***

トリファラは、消化を強化するために伝統的に使われてきたハーブ薬です。

トリファラは、排泄プロセスをサポートする三つの果実(アムラ、
ビビタキ、ハリタキ)から構成され、
消化プロセスの強化、栄養分の消化吸収同化、そして毒素を体から排除
するように働きかけます。

トリファラには、穏やかな通じ効果があり、腸の膜を元気付けて
消化管の健康を高め、胆汁を刺激します。
また、肝機能を改善し、血液浄化、蓄積された毒素の除去を助けます。

このような薬効ゆえに、今や世界的に有名なハーブ薬のひとつとなりました。

★原料の三つのハーブ

 * アマラキ(アムラ)
→ 腸を修復することをサポートするハーブ

アムラは、そのビタミンCがオレンジの20倍と豊富なことでよく知られ、
伝統的に、消化管の炎症のために用いられています。

 * ビビタキ(ベハダ)
→ 腸壁から古い粘液を引っ張って離し、消化吸収を高めるハーブ

ビビタキという言葉の文字通りの意味は、「すべての病気に怖いものなし」。
体中の粘膜への収斂作用、強化特性があり、大部分は肺、腸、そして尿管
の粘液を掃除するために使われます。腸内に過度の粘液があると栄養分の
吸収と解毒が弱まりますが、このビビタキの主な役割は、不健康な過剰粘
液を腸壁から引っ張り出すこと。

 * ハリタキ(ハラダ)
→ 腸がより効率的に動くように腸の筋肉を強化するハーブ

ハリタキに含まれるセンノシドという有効成分が、よりよい排泄と炎症を
起こした腸膜をサポート。この成分ゆえにハリタキは本物の腸強壮剤と考
えられています。消化力を高め、アーマとよばれる未消化食物の残骸を掃
除します。ハリタキの役割は、腸の筋肉の調子を整えることです。

トリファラはまるで、母親が子どもをケアするように、体の内器官をケア
すると考えられています。

【基本の飲み方】
朝晩一日二回、あるいは毎食後、小さじ1杯のトリファラを150ccほどの
熱湯に溶かして飲みます。

■その他、トリファラのさまざまな使い道■

トリファラは、外用としても使えるハーブです。

★抜け毛を防ぎボリュームを出す、トリファラヘアパック

材料:トリファラ大さじ1、水2カップ。
鍋に材料を入れ、中火で水分が半分になるまで煮出します。
この液を冷ました後、頭皮と髪に塗り、30分置いた後流します。
頻度:週1、2回がベスト。

★トリファラデオドラント/体臭のためのアーユルヴェーダ薬

材料:トリファラ大さじ1、水1カップ。
水の中にトリファラを入れて6~8時間浸します。このトリファラ
水を濾し、肌に塗ります。
肌を引き締める素晴らしい収斂剤になります。

★肝斑のための家庭薬

トリファラパウダーと水を混ぜ合わせたペーストで
10分パックします。

★スモーカーのための、ニコチン、タール解毒

体の中にすでに堆積したニコチン、タール、そして他の毒成分を
中和するために、毎晩寝る前に、トリファラを大さじ1をとりましょう。

★口内炎のための家庭薬

一日二回、10分間、トリファラ水でうがいをするか、トリファラとハチミツ
を混ぜ、口内炎の上にぬります。

/////////////////////

☆☆ トリファラは オリエンスハーバル にてご購入いただけます。

広告