ターメリックの薬効を最大限にとりいれるコツ。

ターメリックが体にいい。というのは、
もはや今更いうまでもないぐらい、、

ナチュラルなヘルスケア愛好者たちにとっては使って当たり前。が
常識な、キングオブ・ハーブのひとつとなっていますが。

実はこのハーブ、ちょっとだけクセモノで、
最大限にターメリックの薬効を体に取り入れるためには、
ちょっとしたコツが必要。。

○○のハーブがいい、と聞くと、そのままカプセルに入れて or
サプリメントとして飲んでおけば効くだろうと思いがちなのですが、
このターメリックに限っては特に、それではせっかくの薬効が十分に
得られまっせん。

Why?

それは、ターメリックは「脂溶性」だから。

水に溶かすよりも、オイルに溶かしてから使う。

これが、このハーブから最大限の恩恵を受けるための
知っとかなきゃ損損な事実なのです。

これを考えると、、
インド料理って本当によく出来てるなーと改めて感心。

ちなみにインド料理(というかカレー系料理)の基本は、
まず少量のオイルでスパイスをいためてから、材料を加えて炒めたり
煮込むのが常なのですが。

インドにいた頃に何気なく食べていたひとつひとつの家庭料理が、
まさにハーブの薬効を体に最大限に取り入れることができるよう
にデザインされていたことを思い出し、

いまさらながら、、

カレーってすごい。(深く頷)

タイカレーは、インドカレーよりもかなりさっぱりしてて
それはそれでおいしいのですが、何気に味の素が入ってたりするので、
そんなこともあり、

ここ最近はずっと、まるでインド生活に逆もどりしたかのように、
日々のご飯がすべて、妙にターメリックづいているのでした。

というわけで今日は、このキングオブ・ハーブのターメリックの効果を
最大限に得るための古代から親しまれてきたレシピ『ゴールデンミルク』
をご紹介します。

このシンプルなドリンクで人生変わるかも?

というぐらい、
ターメリックヂカラが得られるレシピともいわれてます。

このレシピに使う自家製ターメリックペーストは、冷蔵庫で数週間保存
できるので、ある程度の量をまとめて作っておくのがおすすめ。

で、レシピに入るその前に。

ターメリックの薬効について少し触れておきます。

■ターメリックに含まれる有効成分「クルクミン」とは?

クルクミンは、抗酸化作用、抗炎症作用、そして抗がん特性などを含めた
150以上の潜在的な治癒作用を示す主な活性成分が科学的に証明されている
ポリフェノールのひとつ。

次のような効能があります。

*抗炎症性
*抗酸化物質
*消毒殺菌防腐剤
*鎮痛剤
*免疫力を高める
*抗発がん性
*コレステロール値の正常化
*消化系の健康促進
*肝臓解毒
*代謝と体重を調整する
*高血圧
*記憶力と脳機能を高める
*神経障害
*中性脂肪値(トリグリセリド値)を低下させる

さらに。
ターメリックに黒コショウを加えると、黒コショウに含まれる成分ピペリン
の熱する特性ゆえに、クルクミンの効率が

1000倍まで

高まり、さらにターメリックの体への吸収率がなんと

2000%になる

という、なんともアメージングな結果が証明されてます。

★★★ ゴールデンミルク・レシピ ★★★

【1】まずはターメリック・ペーストを作ります。

材料:

ターメリックパウダー 1/4カップ
黒コショウ粉末 小さじ1/2杯
水100cc

1.小鍋に材料を全部入れ、よくかき混ぜます。
2.中火にし、濃いペーストになるまで絶え間なくかき混ぜ続けます。
3.出来上がったら冷まし、蓋つきの入れ物に入れて冷蔵庫で保存します。

【2】ゴールデンミルクの作り方

材料:
ターメリックペースト 小さじ1/4
牛乳(またはアーモンドミルク)1カップ
ココナッツオイル 小さじ1
ハチミツ 少々

1.ハチミツ以外の材料を鍋に入れ、中火にかけます。
2.沸騰しないように直前で火力を調節しながら絶え間なくかき混ぜます。
3.火からおろしてハチミツを加えて出来上がり。

☆☆☆

この、古代からのお墨付き・デリシャスドリンク、
さっそく今日から試してみてはいかが?

広告