寝てる間に美肌づくり。

エクストラ・ヴァージンココナッツオイルとニームの葉だけで
出来ているシンプルなハーブオイル『ニーム葉オイル』 を、

手放せなくなってからすでに数年経過。。

その時その時の体調や肌の状態によって、ベースオイル
(セサミオイルやオリーブオイルなど)を選び、

ニーム葉オイルをベースオイルで10倍に薄めたものを、頭から爪先まで
丹念にオイルマッサージすることを、定期的な日課にしてきたのですが。

先日、全身オイル漬けマッサージをする気力が残ってなかった時に、

アーユルヴェーダが推薦するスキンケア・アプローチのひとつ、

『夜寝る前に、オイルを顔に薄くぬってそのまま眠る』

を思い出し、

やや手抜きかも、、と思いつつも、

ニーム葉オイルを、他のオイルで薄めることなくそのまま、

顔、そして普段よく日に当たるので一番日焼けしてる腕の部分、
さらに、昔から体の皮膚の中で一番肌が薄い、膝からくるぶしまでの
脚の肌(思春期のとき、カミソリでしょっちゅう剃ってたからかしら?)
に、ごく薄ーく伸ばして寝ました。

普段は、肌をフルに呼吸させるために、寝る前は基本的に
肌に一切何もつけない派。
なので、100%スッピンで寝るのが長年の習慣となっていたのですが。

この日、オイルを塗って寝たその翌朝、、

肌の上質感にびっくり。。

前夜にオイルマッサージをした時よりも明らかに、
肌のしっとり感保湿感滑らかさが上回ってました。

オイルマッサージの場合は、基本的にマッサージをした後は
ベサンでオイルをすっきり流すので、
肌にオイルがしっかりとついているのは、マッサージをしている間だけ。

しかし。

寝る前にごく少量のオイルを肌にぬって寝るだけで、、
これ程までに肌の質感に違いが出てくるとは・・。

この日以来、
前日にオイルマッサージをしようがしまいが
(オイルマッサージは美肌効果以外に、免疫強化、疲れをとる効果が
あるので、定期的にするのが理想的)、

夜寝る前にはニーム葉オイルを肌にごく薄く塗って寝ることが
日課として完全定着しつつある今日この頃。

オイルマッサージよりも使う量がごく少量で済むのに、
翌朝の肌ゴージャス感は、それよりも上だったとは、、

夜は肌を完全にすっぴんにして寝たい派だったので、先入観ゆえに
なかなかこの美肌テクニックに気づきませんでした。

しかし。 この伝統ハーブの美肌ヂカラには、、 未だに驚かされることがしばしば。。

このオイル、一本あるとかなり長持ちするので、超おすすめ!です。

***

★★ ニーム葉オイルは オリエンスハーバル にてご購入頂けます。

広告