アーユルヴェーダなアプローチ、その1. カロリー計算は必要なし! 理想的な体重をキープする鍵は「酵素」。

ジャンクフードなら、、
カロリー高い低いに関係なしに

体にはよくないことは感覚的にわかるのですが。

全部の食品に対してカロリーという考え方を持ち出して、
高いからダメとか低いからいいとか、、、

カロリーの高低だけを持ち出して
どうこういうこの考え方に、私もだいぶ以前から腑に落ちなかったのですが。
(というか、そんなことをいちいち気にして物を食べてたら、
食べる喜びが減って、生きてる楽しみのひとつをわざわざ潰してると同じ?)

これに対して、インド伝統医学のアーユルヴェーダの

「カロリー計算に意味ナシ。ようはその人の代謝力の問題。」

という考え方に出会い、深く納得したのが、もう10年近く前のこと。

今回はそんな、カロリー概念に対するひとつの見方をご紹介したいと
思います。

★★★ カロリー計算が意味をなさない理由。★★★

一日に特定の量のカロリーを摂取すると私たちは健康になる。
という考え方自体は、魅力的なものです。

しかし、不幸なことに、このアプローチは、

「私たちが摂取するものすべてが私たちに栄養を与える」

という誤った思い込みがベースとなっているので、
実際には真実ではないのです。

私たちは、食べたもののうち、少ししか吸収しません。

この吸収する割合は、たくさんの要因が絡み合って、大きく多様化します。

アーユルヴェーダは、なぜカロリー計算が意味のないことなのか、
その理由のいくつかを指摘しています。

まず第一に、私たちが「何を食べるか」ではなく、私たちが「食べたもの
を消化する力がどれだけ強いか」、なのです。

もし私たちの体が、食べ物から栄養をとる能力が欠如している場合に
はじめて、「何を食べるのか」を考える意味が、出てきます。

したがってアーユルヴェーダでは、私たちの代謝体質(ドーシャ体質)に
そった食べ物を選ぶことにより、私たちの消化力を強く保つことを強調し
ます。

また、アンバランスとなったドーシャ質や過剰毒素を追い出すために、
体の季節的な解毒・浄化法もまた、薦められます。
この方法は、パンチャカルマ(五つの浄化方法からなる伝統治療法)と
呼ばれています。

消化の許容量は、腸管だけに関わるものではなく、
神経系、ホルモン組織、血液循環、酸素のための適切な呼吸、適切な排泄
など、身体機能すべてに関わります。

消化問題を生み出す組織のほとんどは、ヴァータ質によってコントロール
されている神経系です。

一般的にポジティブであること、そして静かでフレンドリーな雰囲気の中
で食べることは、ヴァータを落ち着かせ、適切な消化を促進します。

悪い気分、不快なトピックや討論をしながら、または暴力的な、ストレス
がかかるテレビ番組を見ながら物を食べれば、これらの行動はすべて、
その食べ物を毒にしてしまうのです。・・・

赤肉は消化に最も長い時間がかかり、消化器官にとどまる時間がもっと
長い食べ物です。それは、36時間から72時間にも及びます。

もしあなたの食事が主に植物ベースなら、その時間はより短くなります。
もしあなたの食事のほとんどが、動物性たんぱく質で大部分が占められ
ているなら、それは72時間、消化管にとどまり続けます。

◆それぞれの消化時間

魚と鳥肉類 — 24-48
乳製品 — 24-36
豆類 — 20-30
ナッツや種類 — 20-26
穀物類 — 18-24
根菜 — 18-24
葉野菜類 — 12-18
果物類 — 6-18

軽い食べ物を先に食べると、代謝を助けます。
より軽い食べ物がよりよりわけでもありません。

なぜなら、体には、栄養の適切な吸収をサポートするための食べ物が
いくらかは必要だからです。

消化に24時間以上かかるような食べ物は、推薦されません。

食べ物の質は、それが新鮮でオーガニックのものか、そうでないかに
よって、大きく左右されます。

冷凍または缶詰のリンゴを、フレッシュなオーガニックのりんごと同
じくみなすことは間違いです。

新鮮であるもの、または出来立ての食べ物は、私たちに生命力を供給
します。一方、加工食品は、私たちを無気力にし、怠けさせ、鈍い状態
にする原因となり、体とマインドを重たくします。

健康的に食べることのアートは、ただたんにカロリー計算することよりも、
創造性が必要です。そして、そこから得られるものは、健康、幸せ、そし
て調和に他なりません。   ・・・

★★★ 酵素で、体重管理。 ★★★

「食事が間違っていると、薬は効かない。
食事が正しいなら、薬はいらない。」

—古代アーユルヴェーダのことわざ—

       ◇◇◇

**ここからは、
専門家によるちょっと専門的な話&アドバイスの抜粋になります。**

アーユルヴェーダでは、「酵素」という言葉は「アグニ」と訳されています。
「アグニ」は、私たちの消化の炎、生気を表します。

このため、酵素は、体のアンバランスをアーユルヴェーダの智慧で対処する
ときに、特に大切です。

健康、長寿、そしてバランスのとれた体重を維持する鍵のひとつは、できる
だけ最高の質の食べ物を選んで食べることです。

これらの食べ物は、自然の生命力を通じて、たくさんのエネルギーを私たち
に提供します。こういった食べ物は、自然でオーガニックの状態なので健全
です。

アーユルヴェーダでは、これらの食べ物を生気と述べています。

生命は生命をサポートします。
ある種がもし発芽しなければ、その種は生命力が欠けていることがわかります。

ある食べ物が、自然でなくなると、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、そして
他の必須栄養素といった生命が与える特性のいくつかが欠けています。

これらの栄養素のうちのひとつが、酵素です。

アーユルヴェーダでよく知られている事実は、私たちは一度、この炎を失って
しまうと、生命は終わることです。

■【酵素って、なに?】

ルドルフ・シュタイナー(オーストリアの神秘思想家)は、
「酵素は、物質界と霊界の間の橋だ。」と述べています。

生物学的には、酵素とは、生きている有機体から生み出される有機物質で、
化学反応を起こしてそれを加速させるもの、です。
酵素は、有機触媒です。

酵素は、シンプルな化学反応から複雑な化学反応まで、質を変えることな
く行うことが得意です。
いくつかの酵素は、一分以内に200万以上の化学反応を起こすといわれて
います。酵素はまた、新しい分子をつくりだすためにいくつかの分子を変換
します。

有機体の酵素レベルが、ある特定のレベルよりも下がれば、その生命は
途絶えます。

植物を含めた、有機体の代謝酵素のほとんどは、48度の温度で死にます。

■【食べるものからは、十分な量の酵素が得られない?】

答えは、ノーです。

しかしながら、私たちの多くがなぜ、酵素欠乏症なのかにはいくつかの
理由があります。

主な理由は、調理と低温殺菌などです。

食べ物は低温殺菌されると、その食べ物に含まれるすべての酵素は破壊
されてしまいます。

もしあなたが、食べるほとんどの食べ物を自然で健全な生の状態でとっ
ていないなら、消化系をサポートする酵素をあなたはとれていません。
また、生命維持に必要な身体機能もすべて、適切に機能していません。

酵素なしには、身体機能はうまく機能できないのです。
また、ビタミンやミネラルをとったとしても、それらの栄養分の有効性
はえられません。

48度以上の熱で調理されたものには、酵素は全く含まれていないと考え
てください。

調理され、酵素がうすまった食べ物を消化するために、あなたの体は
必須代謝酵素を使わなければなりません。

効率的な排泄と、ビタミンやミネラルの適切な吸収のためには、代謝酵
素が必要です。また、細胞と組織の再生のためにも欠かせません。

ときどき酵素は、他のどのようなサプリよりも、人間の体のエネルギー
とスタミナを復活させます。

そしてこの点において、長期にわたる体重管理にとても重要となります。

現代生活において危険なことは、ストレス、食品添加物、頻繁に飛行機
に乗ること、運動のしすぎ、カフェイン、食品への照射殺菌、乏しい睡
眠などが、酵素を壊すことです。

■【悪循環】

もしあなたの体が、酵素の活性エネルギーに飢えていれば、あなたはよ
り多くのエネルギーを渇望するようになります。

体がよりエネルギーを得るために知っているたったひとつの方法は、
食べることです。これは、空腹感という形で現れます。

この終わりのない空腹感を満足させようとして、食べ過ぎてしまいます。

しかし、体はカロリーを欲しがっているわけではなく、ビタミンやミネ
ラルから派生する活発な生命エネルギーを欲しがります。
しかし、こういったビタミンやミネラルは、西洋式の食事の中にはほと
んど欠けています。

基本的に、ほとんどの人たちが、死んだ、カロリーだけが高く酵素が含
まれていない食べ物をより多く食べ、これがそもそも、アンバランスの
はじまりとなります。

これは、食物への渇望という破壊的なサイクルになって続きます。

このすさんだ状態から抜け出すための唯一の道は、酵素やビタミン、
ミネラルがたっぷりと含まれた生命力のある食べ物を食べること以外に
ありません。

■【酵素が欠乏した状態の症状】

私たちは、どうしたら酵素が欠乏しているということがわかるのでしょ
うか?

酵素不足は、さまざまな症状となって現れます。

ここでは、どの酵素が欠乏しているかわかるように、酵素別でその症状
を述べます。

◎アミラーゼ(膵液や唾液に含まれる消化酵素)欠乏症:

肌の湿疹、低血糖症、鬱病、気分のむら、アレルギー、
月経前症候群、体のほてり、疲労感、手と足がつめたい、
首の痛みと肩こり、炎症

◎プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)欠乏症:

背中の虚弱、便秘、高血圧、不眠、聴覚障害、寄生虫、
歯茎の病気、歯肉炎

◎リパーゼ(脂質の消化を行う消化酵素)欠乏症:

足の痛み、関節炎、膀胱疾患、膀胱炎、ニキビ、
胆嚢ストレス、胆石、花粉症、前立腺疾患、乾癬、
泌尿器が弱い、便秘、下痢、心臓疾患

◎二つ以上の酵素の欠乏:

慢性アレルギー、風邪、憩室炎、腸過敏症候群、
慢性疲労、鼻の感染症、免疫系機能低下

■【アンバランスの悪循環を絶つ】

健全で、新鮮な、太陽の下で完熟した、酵素が豊富でアルカリ性の、
オーガニックの食べ物をよく食べてください。

■【生き生きした食べ物はなぜ長期にわたる体重管理によいのか?】

生き生きした食べ物、を理解するために。

その食べ物が壊れていない(自然な状態)なら、それをわざわざ変
えようとしないでください。

アーユルヴェーダによれば、可能な限り、自然に近い状態の食べ物を
選んで食べることは、最もあなたの生命力を高め、体重管理をとても
助けます。

生きている食べ物を食べることは、自然で健康的な生き方でもあります。

地球上の生物で、人間だけが、食べる前にその食べ物を改造する生き
物です。そして次に、私たちはなぜ病気で太りやすくなるのかを不思議
に思っています。

アーユルヴェーダでは、アグニという梵語は、「酵素」と翻訳しています。

その食べ物が新鮮であればあるほど、より多くの酵素が含まれており、
消化がより楽です。

これは、私たちの体重を理想的にし、体により多くのエネルギーと
代謝がもたらされることを意味します。

オーガニックの生き生きした食べ物は、殺虫剤や除草剤、ホルモンが
ついていません。

また、調理加工されておらず、電子レンジの電波もあびておらず、
照射殺菌もされていません。遺伝子操作や変性にも関わっていません。

これらの食べ物の中には、地球からの栄養全体が、破壊されていない形
で含まれている贈り物です。

理解すべきことは、ある食物の部分の塊を食べるよりも、その食べ物全体
を食べた方がすばらしく栄養があるということです。

旧ソ連の元医師・ブレックマン氏の研究によれば、動物たちに健全な生き
生きとした食べ物を与えた時、調理した同じ食べ物を与えたときよりも、
耐久力が2、3倍上がるという結果がでました。

現代科学の栄養学の見解では、調理されたものと生きている食べ物には、
違いがあってはなりません。
なぜなら、同じ量で同じカロリーで、同じエネルギーの量だからです。

しかしながら、このブレックマン氏の研究の結果は、もし私たちが、
健全な食べ物を調理したらどうなるかを説明できます。

調理することによって、その食べ物のエコロジーバランスが変わります。

調理することによって、タンパク質の50%、ビタミンの60-70%、ビタミ
ンB12は最高96%まで破壊され、免疫系と他の身体機能をサポートする酵
素は100%失われます。

48度以上の温度で加熱された食べ物はまた、生体電気構造、生体電気変容
力、そして生物発光を崩壊させます。

これらの要素はすべて、あなたのエネルギー/生命力を維持するために、
そしてもちろん、あなたの体重のバランスの維持にも重要です。

■【食べ物への渇望を止める】

まずはじめに私たちができることは、偽のの空腹感や渇望感を感じない
ようにすることです。
ジャンクフードをさけ、新鮮で手作りされた食事を取るときに、栄養面
的な知性を高めることです。

パックされたもの、保存されたもの、ビタミンやミネラル、酵素が取り
除かれたもの、加工されたものはどんなものであれ、すべてジャンクフ
ードです。

渇望を止めるためにはまた、甘い味、すっぱい味、塩味、刺激性、苦味、
渋味の6つの味すべてをとる必要があります。

あなたの代謝が弱っているとき、体は毒素をため込みます。
それは消化経路を詰まらせ、食べ物からの適切な栄養分を体がうけとれ
なくします。
そしてこの結果、食べ物への渇望となります。

アーユルヴェーダはまた、食べる量のコントロールをすすめています。

満足するまで食べてください。しかし、食べ過ぎないでください。

あなたの胃は、三分の二が満たされなければなりません。
そして、一日で一番重い食事は、夕食ではなくランチ時にとってください。

■【理想の体重で生きる】

私たちは皆、もって生まれた体質による理想的な体重があります。

あなたの遺伝子に刻まれた自然法則によって暮らし、食べるなら、あなたは
理想の体重に到達することができます。

あなたが一度、もって生まれた生命エネルギーのすべてと、あなたがかつて
持っていた健康と活力の高みを経験したなら、自身のバランスを達成してい
ることに気づくことでしょう。

あなたの理想の体重で生きるということは、あなたが再び生命力であふれだ
すことを意味します。

あなたの中で詰まったところ、淀んだところ、そして弱くなった行動パター
ン/悪い習慣で対処されてきた部分がなくなることを意味します。

さらにそれは、あなた自身が神聖な自己へ戻ったことを意味します。

そうなれば、あなたは、自分の中にくつろぎ、あなたの周りの世界とも平和
を感じることでしょう。

これが、アーユルヴェーダがあなたに出来ることです。

あなたに真の自己を再発見させ、
それとあなたが調和して生きれることを!

☆☆☆

広告