古代エジプト人も大好きだった、ロゼラ(ハイビスカス)ティーとその薬効。

インドやタイのような暑い国では、、

普段の食事の中にごくフツーに
ハーブやスパイスがたっぷり入っていたり、

すごく薬効のあるハーブの数々が伝統的に飲まれていて、
特に何も考えないで、日常的に飲んでいたりするものですが。

そんな数あるハーブの中でも、
今回は、タイで伝統的に飲まれている、まるで赤ワインのような鮮明な色の
ロゼラ のお茶の効能のご紹介をば。。

ハイビスカスティーとも呼ばれることがあるロゼラのお茶は、
正確には萼と苞の部分を煎じて飲む、

いかにもビタミンCが豊富に含まれていそうな
酸っぱい味が特徴のハーブティー。

基本、単体でシロップを入れて甘くして飲むのが
タイでは一般的なのですが、

マイお気に入りの飲み方は、酸っぱいロゼラを単体で飲むよりも、
バタフライピー ベール といった他のハーブと混ぜて飲んでます。

こうすると、酸っぱさがなくなって味がマイルドになるのと
(視覚的には色素が濃くてドス黒くなりますが)、
いかにも抗酸化物質がたっぷり気で体によさそうなので、気に入ってます。

さあて、この毒々しい色のロゼラ。

何世紀もの間、もっとも幅広く飲まれてきたハーブティーのひとつで、
古代エジプトにおいても飲まれてたという代物。。

しかし。
その薬効を意識して飲まれてきたわけではなく、
人気が高かった理由は、ハーブの色鮮やかさゆえ?

先日、タイ人のロゼラに対する位置づけをプチ聴き込み調査?したところ、
薬効云々よりも、「飲むとリフレッシュするから」という一言で片付けられる
ことに。(笑)

このロゼラは

クエン酸が豊富で、実際、体の組織を即効リフレッシュ。
13種類もののアミノ酸も含まれ、なんとそのうちの6種類が、体の健康維持を
顕著に助ける必須栄養分。

しかもノン・カフェイン。。

他、以下のような治癒効果があるとされています。

*インフルエンザや咳の緩和
*のどの痛み
*利尿&解毒作用
*寝つきが悪い人の睡眠促進
*息のリフレッシュ
*高血圧ぎみの人に◎。

こんなわけでロゼラは、
夏におすすめの夏バテ撃退リフレッシュ・ドリンクです。

広告