下がりがちな胸のための、、 自然なバストアップのテクニック。

・・胸のたれ。

年齢とともに、柔らかさや弾力が落ちてくるというのは
自然に起こるプロセスですが。

やはり、胸の形がととのってきたり、ハリがでてきたりすると、密かに嬉しかったり、、
ワクワクしたりしなくもないのは確かです。(笑)

乳房は脂肪と結合組織、そして母乳腺でできていて、
筋肉がないので、よい形に保つためには、それなりのケアが必要。。

今回は、そんな「垂れぎみ」な胸のために効果的とされている
伝統的なバストアップの方法のいくつかを、ご紹介したいと思います。

■「ヨガ」

ヨガは、そもそもは体の調子を整えたり、柔軟性を高めるために
とても効果的なものですが、ゆえに美容にも◎。というのは、
すでにほとんどの人が知ってると思うのですが。

ヨガのある特定のポーズは、胸部を整える効果があるので、
そういったポーズを普段から実行している人は、胸の形も自然な美しさが
あるはず。

特に、背中をそらせたり、胸をひろげるようなポーズ系がおすすめ。
普段ストレスなどで胸部がこわばってたりすると、その緊張が解放
されるので、結果的に胸の形に影響を与えるのですね。

■「マッサージ」

週2、3回程度、胸を丁寧にオイルマッサージする。
マッサージすることで肌がやわらかくなり、ハリも出てきて乳房に
しなやかさがプラスされます。

それ以外に、胸から微妙に優雅なオーラのようなものがほんのり醸し
出されること、うけあいです。

これは、バストアップを狙おうが狙うまいが、、
胸をオイルマッサージするということ自体が、心臓を癒す効果 or
ハートを慰める効果があるためだと思います。

マッサージに使うオイルは、

オリーブオイル
セサミオイル
レモングラス入りヴァージンココナッツオイル
バタフライピー入りヴァージンココナッツオイル
トゥルシ入りインドのゴマ油
ブラーミオイル

などがおすすめです。

■「精油」

特定の精油には、たれ気味な胸に弾力を与える効果があるとされています。
その代表が、レモングラスオイル、キャロットオイル、サイプレスオイル、
フェンネルオイル、ミント系オイルなど。
ベースオイル(またはキャリアオイル)にこれらの精油を混ぜて胸をマッ
サージしましょう。

■「胸パック」

週一程度、ナチュラル素材で胸をパックするのもおすすめ。
こういった胸パックは、胸の組織の強化を助け、弾力&ハリを与える効果
があります。

*ナチュラル胸パックの材料&やり方:

キュウリ1本
卵の黄身1個分
バター系(ギー、シェアバターなど。なければオイルでも◎。)大さじ1

→材料をミキサーにかけ、均等なペーストにします。
このペーストをまんべんなく胸につけ、そのまま15分から20分間置いて下さい。
その後、洗い流します。

■「ざくろペースト」

ざくろは、老化防止のための素晴らしい原料と考えられています。
ざくろの果汁は、美容に最高といわれているフルーツジュースのひとつ
ですが、ざくろの皮は、胸のたれを防ぐために伝統的に使われてきたハーブ。
ざくろを食べた後は、皮を乾燥させてとっておきましょう。

*ざくろ皮を使った胸マッサージ用ペースト:

ざくろ皮を乾燥させたものを粉にし、マスタードオイル(またはセサミオイル
など、肌を温める効果があるオイルが◎)を適量加えてペーストを作ります。
そのペーストを胸に塗り、円を描くようにして5分から10分マッサージします。
→毎日寝る前にするのがポイント。
→ざくろシードオイルを使ってもOK。

・・・個人的には、
ざくろの皮とマンゴスチンの皮は、味も質もすごく似ているので、
タイにいる方はマンゴスチンの生の皮にオイルを混ぜたもので代用しても
いけると思います。
(→ただ、マンゴスチンの皮は肌に色がつきやすく、胸に茶渋がついたような
赤茶色になることがあるので、マンゴスチンの生皮を使う場合は特に、皮を少
なめ+オイル多めの配合がおすすめです)

広告

重曹だけの洗髪では十分じゃない? ・・その理由と、インド伝統ハーブ洗髪のススメ。

市販シャンプーや石けん洗髪に満足がいかなくなって、
とりあえず手を伸ばしてみた重曹洗髪。。

しかし、、、

重曹洗髪に満足している人は、
実はひとにぎりなのではないだろうか。。

と、重曹洗髪を何度もしてみて、感じたマイ感想。

確かに、重曹洗髪も悪くはないものの、仕上がり的な感じは、
正直ウーーーーーーン。がぬぐえない感じです。

それについて調査を開始してみると、
・・やっぱりね。

人によっては、重曹だけでの洗髪では、
髪が乾燥したり、頭皮の調子が悪くなったする場合が
ある模様。。

これは、「洗髪は毎日しなきゃいけないもの」と思い込んでいて、
ついつい重曹で毎日髪を洗ってしまったりするからだと思います。

重曹洗髪で何も問題ない&不満を感じていないという人は、
そもそも毎日洗髪しない人たち。

隠れ美髪?で有名なインドのアヤさんたちも、
重曹を使った洗髪(というか洗髪そのもの自体が)は、
週一回程度です。

まず、髪を毎日洗髪するということ自体が、
頭皮や髪にとってよくないことを、知ってるのですね。

洗いすぎてしまえば、いくらよいとされてる重曹洗髪も、
頭皮や髪がアルカリに傾きすぎて、逆にトラブルの元にもなりかね
ません。

そんなとき、おすすめなのが、
何千年もの間、髪や頭皮への健康効果実証されてきたいくつかのハーブを
組み合わせただけの、シンプルなハーブ洗髪。

重曹には基本的に、ハーブのような、頭皮や髪を滋養する自然成分が
入っていませんから、洗髪するだけの目的ならいいのですが、
頭皮や髪に滋養を与えてさらなる健康状態(髪の成長を促す、艶出し、
髪自体を丈夫にする、白髪を予防する、など)に向かって促進!的な効果は、
残念ながら期待できません。

★インドハーブがもたらす、髪や頭皮への健康効果

ハーブオンリー洗髪のいいところは、、

pH値が低く、市販シャンプーのように頭皮や髪をがっつり洗浄して頭皮や
髪にダメージを与えることなく、不要な汚れはしっかり落としながらも、
頭皮や髪を滋養するところ。

私自身、ケミカル漬けだった日本暮らし時代(月2回ストレートパーマ液
を頭皮と髪に浴び、髪が伸びる途中で切れてしまうので、ショートヘアしか
できなかった時期)には、全く期待もできなかったロングヘアを、
シャンプーによる「泡立て洗髪」を一切やめ、
ハーブ洗髪オンリーに切り替えた後にゲットできたという経緯もあり、

以後、十年以上経ち、現在にいたりますが、
「頭皮と髪を泡立てないで洗う」ということに関しては、
浮気は一切ありません。(笑)

特に、すでに頭皮へのダメージがひどく、髪の乾燥がかなり進行してしま
っている状態では、頭皮と髪を回復させる方法としては、これが一番手っ
取り早いです。

「頭皮が呼吸するって、、こういうことなのか。。」と実感できたり、
なんといっても髪が早くのびるようになるので、痛んだ髪はさっさとカット
して、リニューするのもよし。

実はハーブ単体だけでケアするよりも、いくつかのハーブを組み合わせた方が
バランスがよく、どんな髪タイプにも効果的です。

その、もっとも元祖なものが、アムラ+リタ+シカカイ なのですが、

そんなめんどくさいことはしてられないわ!という方には、
6種類のハーブがバランスよくミックスされた、こちらがおすすめ。

★新養髪(しんやしないかみ★
※タイ在住の方は こちら から。

☆☆☆

■■お知らせ■■

タイ在住の方向けオンラインショップ、オープンしました!

ORIENCE-HERBAL natural products

「オリエンスハーバルのネット商品は、タイ or タイバーツでは買えないんですか?」

という要望を何度もいただき、、
ついにオープンしました、新ショップ。

今後、タイ限定のオリジナル商品なども考えています。

商品に関するお問い合わせ等は、こちら までご連絡下さい。

乾癬 or 痒みをともなうしつこい皮膚トラブルのための家庭薬。

ここ最近また、

ニームオイルで、しつこい乾癬がほぼ治りかけているという方の話を耳にしました。

実はこういった「ニームで症状がよくなった!」系の喜ばしい話は、
以前からたまに耳にしていたので、、

アーユルヴェーダの太鼓判つき・スーパー血液浄化&解毒ハーブ、ニーム
「しつこくて治りにくい、痒みをともなった皮膚病」の類い(乾癬、アトピー、
水虫など)へ治癒効果は、以前から信頼&確信していました。

なんといっても、私自身がこのハーブをもう何年も使い、
完全に惚れこんでいることもあり、

このハーブの美肌効果には、常々アディクトしております(笑)

■関連ページ:「ニームで美貌。シリーズ」
その1 ~フェイスパック・レシピ~
その2 ~髪と頭皮のトラブルにさようなら!~
その3 ~腸のナチュラルスクラブで免疫アップ~

☆☆☆

ところで、この乾癬やアトピーといった皮膚トラブルについて、
インドで暮らしていた頃は、ほとんど無縁のものだったのですが、

タイに来てから、どうもこの皮膚病になっている日本人が少なくない
ことを知り、、
それならば「このニームを多いに活用してほしい。」ということで、

今回は、アーユルヴェーダ的にみた乾癬まとめ&他の似たような皮膚病
にも応用できそうな、さまざまなアーユルヴェーダのドクターからの
アドバイスを訳してまとめてみました。

☆☆☆

■アーユルヴェーダからみた、乾癬の原因■

たくさんのアーユルヴェーダ教典の中で、乾癬やそれに似た類いの
皮膚病についての叙述があり、、

それによると、乾癬はヴァータとカファが汚染された状態だと考え
られ、体に、それほど強くない弱い毒素が蓄積し続けた結果、身体
組織内で病的に変化したもの。

乾癬は、不規則な食習慣、相容れない食べ物を摂取した結果
(例えば、乳製品と魚は、アーユルヴェーダでは質的に相容れない
組み合わせで、消化を混乱させる食べ物としてみられています)で、

また、ヨーグルト、魚介類、酸味と塩味摂り過ぎなどは、乾癬になる
病因を引き起こしやすいとのこと。

アルコールとタバコの摂取は、乾癬を発病させる促進剤として働く。

またアーユルヴェーダは、乾癬の発病となる理由の大きなものとして、
ストレスの影響を強調しています。

★手当法:

アーユルヴェーダでは、乾癬を治療する場面で、
主に、体の解毒(または体液から毒素を除去すること)を目指しています。
これは、パンチャカルマと呼ばれているアーユルヴェーダ独自の五つの
浄化治療によって成し遂げられます。
パンチャカルマは、植物起源の投薬を使った、体の内側と外側の両方の
解毒治療法です。

★食事法:

ヨーグルト、唐辛子系、塩味の食べ物は、特に厳禁。

★乾癬に役立つハーブ:

《ニンニク》

ニンニクは、血液浄化剤です。
毎朝、2、3粒のにんにくを空腹時に食べると、血液から毒素を濾す
働きがあり、乾癬になりにくいように防御する作用あり。

《ニーム》

ニームは、アーユルヴェーダの中で知られる、ベストな血液浄化&解毒ハーブ。
免疫を高め、ニームのオイルはそれ自体で、消毒&防腐剤になります。
ニームの葉の抽出液は、乾癬治療にとても効果的。カビやバクテリアを破壊し、
ほとんどすべての類いの皮膚病(肌の赤味や痒みなど)に効果的なベストハーブです。

・ニーム粉末
・ニーム葉オイル

《ターメリック》

アーユルヴェーダでは主に料理に使われるターメリック。
インドには、このスパイスが使用されてきた長い歴史があります。
ターメリックの抗菌剤と抗炎症性特性は、乾癬の痛みや腫れ、炎症を解放します。
・ただ今、期間限定にてターメリックを無料プレゼント中です。

《ジャスミン》

ジャスミンの花は、乾癬治療によいとされています。
ジャスミンの生花をつぶしてペーストにし、患部に直接ぬると、乾癬の炎症によ
るかゆみと痛みを和らげます。

・・・上の家庭薬は、アトピーや水虫といった痒みをともなう皮膚トラブルにも
応用できます。ぜひトライしてみてください。

アーユルヴェーダにおける、 ココナッツオイルのミラクルな効能。

美容や健康にいい、超ヘルシーオイルとして、
注目を浴び続けているココナッツオイル。

今回は、インドでも伝統的に使われてきたココナッツオイルの、
マニアックな薬効と効果的な使い方をご紹介したいと思います。

個人的には、、
ココナッツオイルでスイーツを作るのがマイ好みです。

「太るもの」の代表のような、
バターのたっぷり入った西洋系のスイーツも、

バターの代わりにココナッツオイルを使えば、
ライトで消化が軽くなり、さらに痩身効果も期待できるなんて、、
なんて魅力的なんでしょう(笑)

ちなみに、マーガリンなどの体の悪い影響を与えるオイル系とは
真逆にあるのがこのココナッツオイル。

そんなヘルシーオイルを使いこなしてみましょう。

★頭皮と髪の健康促進★

インドではココナッツオイルは、主に頭皮と髪の健康のために
幅広く使われています。フケを予防&治癒したり、髪の成長を促し、
光沢を与えます。

《やり方》

指先に少量のココナッツオイルをつけ、頭皮を5分間ほどマッサージ。
頭皮の血行をよくし、髪の成長を促して頭皮のバクテリアを一掃します。
マッサージ後は最低20分置いてから洗髪します。

★スキンケアに★

ココナッツオイルを肌につけると、肌のたるみやシワ予防に効果的!
肌の層をディープに滋養し、肌をふんわり柔らかく仕上げます。
炎症を起こした肌の過剰な熱を冷やしてなだめる効果があり、火傷
や切り傷を早く治し、また、痒み系の皮膚トラブル治癒効果があり
ます。

★脳の健康★

とてもユニークな、梵語の世界では、、
体のある部分の形に似ている食べ物は、その似ている体の部分に起こる
不調を治療してくれるという独特の原理のようなものがあり、

例えばクルミは、何気に脳ミソの形に似ていますが、
クルミには実際、脳の健康にとても素晴らしい効果のあるオメガ3脂肪
酸がたっぷりと含まれていたりします。

同じようにして、ココナッツは、頭蓋に似ているので、
脳の組織を滋養するために使われ、認知機能を改善し、頭と脳を円滑に
する注油のような役割を果たすのだそうです。
・・おもしろいですね。

アーユルヴェーダでもまた、ココナッツは、マインドをとても滋養する
すばらしい食べ物のひとつと考えられてます。

★減量と消化★

ココナッツオイルは、その円滑作用により、消化を刺激します。
これが、ヴァータ特有の「乾燥」した質を緩和するため、便秘予防にも◎。
(便秘は、ヴァータ体質の人によくありがちな症状です)

ココナッツオイルに含まれるユニークな飽和脂肪酸は、消化を妨害する
有害なバクテリアなどから胃腸を守り、
バクテリア由来の消化不良や腹部の膨張感、胃腸の過敏などにも効果的と
されています。

普段、ココナッツオイルをとりながら程よく運動を組み合わせると、
お腹の脂肪が顕著に減ることが研究で明らかになっています。
すでに体にできあがってしまっている脂肪の代謝を促進する効果もある
ので、肥満体質の人には特におすすめ。

★免疫強化★

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、母乳の中にも見つかる成分。
それは赤ちゃんの免疫を立ち上げる成分でもあり、特にヴァージンココ
ナッツオイルの中には、このラウリン酸がたっぷり!

★関節の痛みと炎症の緩和★

アーユルヴェーダでは、関節の痛みや関節炎を緩和するために、ココナッ
ツオイルが使われます。

《関節の痛みに効く!オイルブレンド》

材料:

ココナッツオイル 50cc
ヒマシ油 50cc
ターメリック粉 小さじ1/2
ニーム葉オイル 小さじ1/2
クローブオイル 小さじ1/4
岩塩 一つまみ

「やり方」:
1.材料をすべて均等に混ぜあわせ、痛みのある関節にこすりつけます。
2.こすりつけた後は、小さなタオルや包帯を巻きつけ、、
3.熱いお湯を入れたペットボトルを患部にあてます。(20~30分間ぐらい)

★料理に使う★

ココナッツオイルは、他のさまざまな調理用オイルと違い、加熱した時
にオイルの質が劣化しないため、料理に最適!
特にヘルシーなスイーツづくりにおすすめです。

★肝臓を守り、感情をおだやかにする効果★

アーユルヴェーダでは、ココナッツオイルは、肝臓にとてもやさしい円
滑油のような効果があり、イライラ状態の肝臓をなだめるための薬のよ
うに使われています。

肝臓は、野心と関連のある器官でもあり、熱い血を連想させるような強
烈な感情や熱狂状態は、肝臓にダメージを与えやすいのです。

ココナッツオイルは、そんな弱った肝臓をなだめる効果や、
肝臓に負担をかける飲酒から、肝臓を守る効果あり。
ココナッツオイルは、ベストなピッタ緩和オイルです。

■おすすめココナッツオイル by オリエンスハーバル■

オーガニックヴァージンココナッツオイルにタイ伝統美肌美髪ハーブ
をふんだんに閉じ込めた、贅沢でリアルなハーブ入りココナッツオイ
ル2種です。スキンケア&ヘアケアに最適!

《バタフライピー入りヴァージンココナッツオイル》
《レモングラス入りヴァージンココナッツオイル》

秋を快適に過ごすための、ライフスタイル・ガイド。

秋は、アーユルヴェーダでいうところの、、

乾燥、
軽い、
粗雑、
風ヒューヒュー、
不安定、
不明瞭、
冷たい、

といった、自然界の「空気」の質が優勢になるヴァータな季節。

体やマインドのヴァータ(「空気」+「空間」の質)が増大し
悪化しやすい季節なので、いかにこのヴァータをケアするかが、
秋を快適に過ごすためのコツになります。

そんなヴァータが悪化しやすい秋の間は、

温かい、
油っぽい(こってり系)、
たっぷり滋養、
どっしり安定感、
地に足をしっかり着ける、

といった、
ヴァータの質と反対の質を採用してバランスをとるべし!というのが、
アーユルヴェーダ的なバランスをとる方法。

今回は、秋に乱れやすいヴァータのバランスをとり、
快適に暮らすためのヒントをご紹介したいと思います。

■秋の食事はこんなものがグッド!

やや重ためのもの
こってりしたもの(脂肪分多め)
タンパク質がたっぷり含まれたもの
体を温めるようなスパイス類
水分がたっぷり含まれたアツアツのもの(シチューやスープなど)

秋はまた、一年の中でも、肉や卵、魚などの動物性タンパク質をたっぷり
とるといい季節です。

■秋のためのハーブ

アムラ →免疫強化効果に◎。
トリファラ →地に足を着け、体に活力を与えます。
生姜 →体を温め、消化を促進。
クミン+コリアンダー+フェンネル →この組み合わせは、重い食べ物の消化をスムーズにします。

■日課

日の出前に起きる & 早く寝る!
朝起きがけに トリファラ を飲んで胃腸洗浄&活性化(小さじ1に熱湯1カップを注いで飲む)

セサミオイルで全身オイルマッサージ
  →おすすめオイル: ブラーミオイル トゥルシ入りインドのゴマ油

■さけること(ヴァータを悪化させやすいもの)

冷たい食べ物や飲み物
乾燥した食べ物、軽い食べ物
断食
間食
夜更かし

・・コツを押さえて、、 快適な秋ライフを!