自宅でシンプル肝臓デトックス。~その4~ 「レモンとオリーブオイルを使った洗浄テクニック」

そもそも肝臓は、、

私たちが食べたものから得られる栄養分を処理しながら、
体の中に入りこんだ薬剤や化学薬品を解毒する装置として動いてる器官。

アーユルヴェーダや漢方によれば、

肝臓は「火」の居場所でもあり、

情熱
怒り
短気
攻撃性

のような、いかにもアツアツな感情は一般的に、肝臓の正常機能を邪魔
してしまう要因として考えられています。

また、食べ過ぎたり、たくさんの薬剤をとったり、アルコール飲料や他
ドラッグに耽溺したりすると、肝臓は詰まってしまいます。

こうして肝臓が参ってしまうと、、

肝臓の胆管が濃い胆汁と毒素で詰まり、肝臓はその脂溶性毒素を血流に
押しやり、

その結果として毒素は、脂肪細胞の中へ入り込み、何年にも渡って蓄積され、
酸化(フリーラジカルのダメージ)と、がんや病気の原因になるとされて
います。

肝臓は、まじめに大事にしないといけませんね。

今回は、日々せっせと解毒装置として働いている肝臓をいたわるための、
レモンとオリーブオイルを使ったデトックス・テクニックをご紹介します。

実はこの、レモンとオリーブオイルを使ったテクニックは、マイルドなやつ
とワイルドなやつがあるのですが、やりやすくてシンプルなマイルドな方
をご紹介します。(ハードなやつは、結構体に負担がきたりすることもあり、
人によっては逆に危険だったりするケースあり。)

この方法は、特に西洋の自然派の人たちに人気があるようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

レモン&オリーブオイル・デトックス

■■■■■■■■■■■■■■■■■

★かかる日数:2~3日

★このデトックスは、あまり忙しくない日にやること!
(体の解毒プロセスをスムーズにするため)

★必要なもの:

・ピンク種のグレープフルーツ(タイの場合、ソムオーのピンクでOK)1/2個
・レモン小サイズ 1/4(マナオの場合は1個)
・ニンニクひとかけをおろしたもの(外出しない場合のみ)
・エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ2

《やり方》:

1.皮を剥いたグレープフルーツとレモンの果肉をカットします。

2.ミキサーにカットした果肉とおろしたニンニク、オリーブオイルを入れ、
ブレンドします。

(※レモンとグレープフルーツの果肉にはビタミンC群がふくまれているので、
果汁だけ使うよりも栄養があります。もしパルプがじゃまだと感じるようなら、
果汁だけを使ってもOK。)

3.これを、「朝一の胃がカラッポの時」と「夕方」にそれぞれ飲みます。

→ 飲んだ後の一時間は、何も食べないこと。

★間の時間は、ハーブティーやノンオイルの野菜スープ、生野菜ジュース
のみのマイルド断食。

★このデトックスをやる前夜と、やった直後に食べるもの:

生野菜サラダ
少量のタンパク質
生の果物

のみの、軽い食事だけをとるようにします。

◎◎◎注意点◎◎◎

不健康なライフスタイルのまま、これをやっても効果は期待できません。
ライフスタイルをちゃんとヘルシーにしてからやりましょう。

完璧なライフスタイルにする必要はありませんが、
普段食べるものは、加工食品を極力少なめにし、自然食品をたくさん
取り入れましょう。

適度な運動と十分な睡眠はMUST。

これがベースです。

不健康なライフスタイルのまま、極端な断食をしたり、洗浄テクニックを
多用しても、意味がないのでご注意。
逆に、体のヴァータを悪化させて体調おかしくなる恐れがあります。

近道はなし。本当に健康になりたかったら、地道にいくしかありまっせん。

(現在なんらかの治療を受けている人は、これをする前に主治医に必
ず相談して下さい。)

広告