アムラを使って、、理想の体重をキープする。

アムラといえば、、

個人的にすぐ頭に思い浮かぶのは、

「ピッタ強壮ハーブ」
「肝臓にグッド」
「ビタミンCがアメージングに多い」
「髪が黒々つやつや」
「ねこ毛のコシとハリ出し」
「アーユルヴェーダの若返り薬」

といったイメージでしょうか。

生の果実をかじると、酸っぱみと渋みが強烈な独特の味で、
それをがまんして(?)食べた後の、妙に清々しい爽快感と、
胃のすっきり感&すぐにお腹がすいてくる感じ。。

ちなみにインド人にとって(特に村とかに住んでいる人たち)の
アムラのイメージはおそらく、、
さまざまな不調のための家庭薬。といったものでしょう。

ジュースにして飲んでみたり、ピクルスにしてみたり、
ヘアオイルの主原料として活躍していたりと、使われ方は
本当に多種多様です。

タイにもアムラ(タイ名はマッカンポン)があるので、
生のものをみかけると、その黄緑色のなんともいえない色につられて
思わず買ってしまうのですが。

タイでは、「咳止め用ハーブ」というイメージがかなり強し。

タイにやってきて、アムラは咳止めにもいいらしい。ということを
はじめて知りました。。

こんなふうに、ありあまるほどの薬効ゆえに、
アーユルヴェーダにおいて古代から使われてきた代表選手ハーブ・アムラですが、

そんな薬効の中のひとつに、
「減量にいい」というのがあります。

今回はそこのところについてご紹介したいと思います。

■減量に役立つアムラの効果:

*新陳代謝を高めて消化をサポートする
*カロリー燃焼をより助ける
*便通を促進するので腸はいつもきれいに保たれる

など、
アムラには、減量したい人にとっては嬉しい効果があります。

ひとつひとつみていきましょう。

★新陳代謝を高める★

肥満の原因はいろいろありますが、その代表的なものが、代謝が遅いこと。
アムラは代謝を高め、カロリー燃焼を促進することから、減量プロセスに
おいて頼もしい味方となります。
アムラはまた、免疫とエネルギーを高めるので、朝一でとっておくと、
その日は一日中、アクティブに活動できるエネルギーがゲットできます。

★消化が早くなる★

アムラはまた、体から毒素を洗浄することを大いに助け、消化酵素の働き
を高めます。
また、慢性の便秘さえも通じをつけるような、よい便秘薬でもあります。
便通を高める効果が、減量をより簡単にするのですね。

■ハーブティーとしての飲み方

乾燥アムラ or アムラ粉末 どちらでもOKです。
もし生のアムラが手に入るようなら、果汁を絞って水で2、3倍に割って
飲むとかなり効果的。

乾燥アムラや粉末を使う場合は、毎朝起きがけの胃が空の時に、
実の粒なら3~5粒(軽く水洗いしてください)、粉なら小さじ1杯ぐらいを、
1カップほどの熱湯で一旦沸騰させて出来上がり。

アムラ単体でもいいですが、アムラ、ビビタキ、ハリタキが同量混ぜられ、
よりバランスのとれたハーブミックス・ トリファラ にも同じような効果
があります。

減量したい方は、まずは毎朝&朝一のアムラティー1杯から
はじめてみてはいかがでしょうか。

広告