中東の家庭料理・クリーミーなフマスで、体の不調を予防&解消。

・・・フマス。

インドにいた頃に、一時期すごくハマリ、、、

「ベジ(菜食)で、食べたときにこれだけ満足感のある食べ物も
少ないかも・・」

or

「中東の人たちって、こんなおいしいものを普通に食べてたの?(驚)」

と思えるほどに、

肉や魚を食べる時と同じような満足感と満腹感が得られるもの。
それが私にとってのこのフマスなのですが。

ヒヨコ豆、
タヒニ(ごまペースト)、
レモン汁、
にんにく、
オリーブオイル

でできたこのデリシャス・フマスは、ビタミン類や抗酸化物質、
そしてミネラルがたっぷり。

さらに繊維質、タンパク質も豊富で、コレステロールを減らす効果や
タイプ2の糖尿のリスクを減らすという報告もあります。

フマスは、こんな風に栄養がたっぷり含まれ体を滋養することから、
ある特定の体の不調の自然治癒を助けるとされ、主に次のような不調に◎。

以下の不調に心当たりがある方は、レッツ・フマス!

フマスは簡単に作れます。

★貧血症:

ヒヨコ豆には、植物由来の鉄分、ビタミンCが豊富に含まれ、
この二つは両方、赤血球への酸素供給を助けるので、
貧血の症状を改善する効果あり。

★凝血:

フマスにたっぷりと含まれるビタミンEとKは、血液をサラサラに
する特性があります。

★血糖:

フマスは複合糖質なので、食べても血糖値を急激に上げることが
ありません。食べた後、ゆったり安定したエネルギーを供給して
くれます。

★がん予防:

カップ1杯分のフマスには、36%の葉酸が含まれています。
葉酸はがんへのリスクを減らす栄養成分です。
→ が、、 食べすぎにはご注意! 過度に食べ過ぎると他の不調
の原因になることがあります。あくまでもほどほどに食べましょう。

★コレステロール:

ヒヨコ豆にはコレステロールを減らすフラボノイドが含まれています。

★体重管理に:

フマスを食べるとお腹がふくれ、満腹感を十分に得れますが、
同時に繊維質がたっぷりと含まれているので、減量したい時に効果的
な食べ物。

フマスをよく食べてる人は、肥満になる確率が53%も少なくなるとい
う研究結果が報告されています。

■■デリシャス・フマスの作り方■■

市販品を買うよりも、自分で作ったほうが明らかにおいしいです。
一度作ったら冷蔵庫で一週間ぐらい保存できます。

☆材料☆

ヒヨコ豆
(乾燥ヒヨコ豆を一晩水でもどし、10分ほどゆでたもの)400g

レモン汁60ml
タヒニ(ごま100%ペースト)60g
ニンニクのひとかけら(みじん切りにしておく)
オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ1/2
クミンシードパウダー 小さじ1/2(あれば。なくてもOK)
水 大さじ2、3杯
パプリカ(盛り付け用。なくてもOK or 他のものでも代用可)

☆作り方☆

1.フードプロセッサまたはミキサーに、タヒニとレモン汁を入れ、
スイッチオン。1分間ほどまわします。

2.壁についたものをスプーンなどで落とし、再びスイッチオン(30秒ほど)。
※こうすることで、タヒニがよりクリーミーになり、フマスの仕上がりがより
なめらかになります。

3.さらに、オリーブオイル、刻んだニンニク、クミン、塩をタヒニ+レモン汁
に加えます。再び30秒ほどまわします。一旦スイッチをおろし、壁についたもの
をとってからさらに30秒まわしてください。

4.ゆでたヒヨコ豆の水をよく切り、半分の量をフードプロセッサに入れて
スイッチオン。1分間ほどかけます。

(ヒヨコ豆の外側を剥いたものを使うと、フマスがよりふんわりクリーミー
になりますが、栄養価的には皮付きの方がベター。好みで選んでください)

壁についた分をスプーンで落とし、残りのヒヨコ豆をすべて加えて再びスイッチ
オン。1、2分間まわします。

5.ペーストをさらになめらかクリーミーにするために、水を大さじ2、3杯
加えて、再びスイッチオン。スムーズなペーストになったら出来上がり。

6.お皿に盛り付け、パプリカをふりかけて、召し上がれ!

★★フマスは、薄焼きのパンにぬったり、野菜スティックにつけて食べます。

広告