ピーナッツの薬効と副作用。

実は最近、、

フマスの記事をアップしてからというもの、
ほぼ毎日フマスを食べ続けていることもあり、

フマスを作るのに必要な材料に、ゴマのペースト(タヒニ)があるのですが、
今まではペーストになっているものを買って使っていたのですが、

タヒニは自分で簡単に作れることを最近知り、
ゴマを買ってきて自分で作ってみたら結構◎だったので、

これを機会に、いろんなナッツや種系のペーストもどきを作ってストック
してみようと思い立ったのでした。

そんな中、スーパーで目に入ったのが、ピーナッツ

安くておいしいピーナッツ。
これを使わない手はないんじゃないの?ということで、

今回はピーナッツでペーストをつくってみることに。

ピーナッツと他のナッツの違いは、
なんといっても、earthy なエネルギーがたっぷりと入ってるところ。

名前がすごくまぎらわしいですが、
ピーナッツは実はナッツではなく、マメ科の植物

地面の中ですくすくと育ち、ゆえに、質的に地面のエネルギーがたっぷりと
含まれているので、根菜のように「地面にしっかり根付く」というエネルギ
ーを授けてくれる食べ物のひとつ。

なので、軽くてどこかへ吹っ飛んでしまいそうな、フワフワ落ち着かない
不安定なヴァータのエネルギーを、地に足着かせる効果があります。

イメージとしては、、
フワフワ・ヴァータを、どどーーんと地面に引きずり落とすような感じ
でしょうか。(笑)

ただ、食べ過ぎると消化が重すぎて、怠け心や無気力感を誘発してしまうので、
あくまでも少量を食べるのがポイントです。

そんなピーナッツは、次のような健康効果があるとされています。

★生殖能力をアップさせる
★血糖値の正常化
★コレステロールをコントロールする
★胆石予防
★うつ予防
★記憶力アップ
★心臓疾患予防
★認識低下の予防
★がん予防
★体重管理に役立つ食べ物
★妊娠中の女性の滋養
★毒素除去
★男性タイプの抜け毛に効果的
★肌を丈夫にする

一方、ピーナッツには次のような副作用も。。

☆ピーナッツは、栄養豊かな食べ物でさまざまな健康効果がありますが、
ピーナッツのアレルギーが多いのもまた事実。
(最も多い食べ物アレルギーのひとつといわれています。)
アレルギーのある人は、食べないでください。

☆ピーナッツの食べすぎにご注意! 腸にガスがたまったり、
胸焼けを起こしたり、急にピーナッツアレルギーが体に出るようになる
こともあります。

☆ピーナッツはカビが生えやすく、アフラトキシン(天然発ガン物質、
カビ毒の一種)汚染されやすい食べ物なので、黄緑色に変色したものは
食べないこと。

☆風邪を引きやすく不活発な状態が続いている人や、下痢が長引いている
人は、食べないこと。

☆消化が重くカロリーが高いので、すでに肥満傾向にある人は食べる
べきではありません。

☆ピーナッツは最も農薬汚染されている作物のひとつといわれているので、
できればオーガニックのものを手に入れるのがベスト。

・・なんでもそうですが、量しだいで薬にも毒にもなるので、、
賢く食べるのがポイント!

広告