健康ドリンクとされているグリーンスムージーは、、 「毎日飲んじゃダメ」なその理由。その2

前回の「その1」で、健康ドリンクとしていまや大流行の
グリーンスムージーについて、

「飲み方によっては、、
逆に不健康なドリンクと化してしまう」懸念について
お伝えしましたが。

今回はその続きです。

☆☆☆

・・グリーンスムージーは、たくさんの材料を組み合わせるため、
成分的に複雑になっています。
私たちの消化力(消化の炎。アーユルヴェーダではアグニと呼ば
れている)は、成分的に容易なものが好きです。

例えば、私たちのアグニは、2、3の野菜を一度に消化するには
問題がなく、また、同じひとつの鍋の中で一緒に調理された食べ物は、
共鳴しあってなじみあい、

それぞれの質が組み合わされて、ある特定の質をもつひとつの食べ物
に変容されます。

スムージーはこれとは対照的で、それぞれ質の違う多数の材料が含まれ、
生のままブレンダーで砕かれ、混ぜられます。

生の食べ物をこのように処理するのは、おそらくとてもおいしいものに
なりますが、上記のようなそれぞれの食べ物が共鳴しあい、食べ物の質
が微妙に変容されることはありません。

その結果、それぞれの食べ物の質が個々のままにとどまり、とても複雑
な成分となり、体にとっては消化が困難な構成成分になります。

また、アーユルヴェーダによれば、グリーンスムージーには、
組み合わせてはいけない食べ物、つまり質的に相容れないものが組み合
わされています。

新鮮な果物は他のどんな食べ物とも組み合わせてはいけないとされてい
ます。

グリーンスムージーでは、新鮮な果物と葉野菜類、他の野菜、そしてし
ばしば、栄養価の高いスーパー食品(スピルリナ、クコなど)が加えら
れることがあります。

ブレンドするプロセスのおかげで、いくらか消化がしやすくなることは
なりますが、

私たちの胃の中では、これらの複雑な成分で構成されたスムージーは
依然として、消化がもっとも難しい食べ物であり、消化に時間がかかり
ます。

本来なら、他のすべての食物と比べて質が軽く、簡単に消化できる新鮮
な果物が、胃の中に長く留まってしまい、発酵しはじめ、

結果、未消化状態のゴミ(毒素)に変ります。

グリーンスムージーを短期的にとる分には、おそらくクレンジング効果
が得られます。成分的に、繊維質が豊富に含まれているためです。

しかし、多量の繊維質は消化系を酷使する傾向があり、
グリーンスムージーを飲んだ後、大部分の人たちは「お腹がはった状態」
を経験し、それを「いいこと」だと思っています!

長期的にとると、ヴァータ悪化ゆえに、バラつきのある不安定な消化力
が、胃の痛み、ガス、げっぷ、おならといった症状で現れ、ついたり
消えたりするアンバランスな消化の炎が、胃腸に未消化の食べ物のカス
(毒素)を生じさせます。

長期的にとることで、せっかくの「クレンジングまたは洗浄」のメリッ
トが、反転してしまうのです。

未消化の食べ物のカスが消化管に溜まれば、それは徐々に、体のより深い
経路や組織の中へあふれ出し、そしてこれが、そしてそれは、アーユルヴ
ェーダでいうところの「すべての病気の根源となる事態」となります。

■「より健康的な」グリーンスムージーにするには?

さあて。

最近のグリーンスムージーのトレンドを考えなおす時間です。

ヴァータを悪化させ、組織を弱くし、オージャスを薄め、
消化力を不安定にさせた結果、、毒がたまってしまいます!

まるでスムージーが恐ろしい飲み物かのように脅してしまいましたが、
ひとつ、心にとめておくべきことがあります、

それは、例外がある。ということです。

もしあなたが、逞しい「ピッタ体質」または「ピッタ+カファ体質」
であり、スーパー強い消化力の持ち主で、

体が、いくらかの冷却作用をもとめるタイプの体質であるなら、、

あなたグリーンスムージーを十二分に満喫できます。

一方、もしあなたが、強いヴァータ体質であるならば、
グリーンスムージーをとりすぎてはいけません。

もしあなたがすでにグリーンスムージー中毒で、
いかなる理由があろうが、飲み続けることを決心してしまっているのなら。

飲む際は、以下のようなアーユルヴェーダの提案を取り入れてみることを
おすすめします。

*ターメリックとショウガをひとつまみ加え、さらにレモン汁(マナオ
なら1個、通常サイズの黄色いレモンなら1/4個分)を加えて、消化し
やすくする。

*冷たくせずに、室温にしたものを飲む。

*材料をたくさん混ぜすぎない。組み合わせる種類を少なめにする。

*ココナッツオイルを少量加え、野菜の「粗い」質をなめらかにする。

*果物をいれないで作る。

*スピルリナのような高栄養価食品を混ぜない。

*毎日ではなく、週に2、3回程度に抑える。

・・これらのコツは、助けになることでしょう。
または、、 これらをグリーン野菜スープにして飲んでしまった方が、
一番いいです。

☆☆☆

・・・以上、アーユルヴェーダの専門家からの意見とアドバイスでした。

確かに、新鮮なフルーツが入ったグリーンスムージーはデリシャスなので、
ついついアディクトしてしまいそうになりますが、

どうせなら、野菜スープでアツアツをいただいたほうが、
日本の寒い冬のような時期は特に、体をより滋養してくれる食べ物になり
ます。

それにしても、ピッタな体質の人は、スムージーが堪能できて特。という
ことが判明したので(といっても、「ピッタ+ヴァータ」の人はやや注意
が必要)、

暑い国に住んでいるピッタな人(私)は、
スムージーが満喫できる特権が与えられているようなもの。。(嬉)

消化力が強いピッタな人は、大いにスムージーを堪能しましょう。

広告

健康ドリンクとされているグリーンスムージーは、、 「毎日飲んじゃダメ」なその理由。その1

普段からできるベストな健康対策のひとつとして、
今、自然派愛好家の間では大流行しているという、グリーンスムージー。

このグリーンスムージーというのは、
ふつう、40%が葉野菜、60%が果物で構成されている健康ドリンクで、
その栄養価をさらに高めるために、ココナッツオイルやらフラックスシ
ードなども混ぜられることがあります。

原料的にも、見ため的にも、すごくヘルシー感が漂い、、
実際にデリシャスなこの「グリーンスムージー」なるドリンクですが。

なんと、このグリーンスムージーの健康効果に疑問を投げかけ、
「さけるべきもの」とまで言うアーユルヴェーダの専門家の声が、
ちらほら聞こえてくるではありませんか。。

この、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、食物繊維がまさに
ぎっしりと詰まった、
どこからどう見ても、健康極まりないかのように見えるこのドリンクに、
一体どんな文句がつけられようがあるのか、、

とても興味あります。

私自身は、、
朝起きがけから、せっせとまめに野菜や果物を洗い、
ミキサーを回してスムージーを作って、グビグビするのは、
嫌いじゃないのですが。

毎日は、ちょっとできないなー、、たまにならいーけど。
というのが正直な感想。。

ミキサー使った後、洗うのも結構大変なので。(←レイジー)

デトックス目的、または栄養補給目的で
朝からそんな大仕事(?)をするぐらいなら、

朝はシンプルに、デトックス&消化促進ティーとして
温かい トリファラ をすすり(小さじ1にお湯を注ぐだけでOK)、
栄養分は普通の食事でたっぷりととったらいーんじゃないの。
なにもスムージーに全部つめこまなくても。的な感があります。

野菜不足を感じたときにだけ、
数回いただく。的な感じがちょうどいいのではないかと。

ま、それはさておき。

グリーンスムージーに対して反対意見を述べている、
その筋の専門家の意見というものは、どんなものなのでしょうか。

内容は次の通りです。
(ちょっと長いので、二回にわけてお伝えしたいと思います)

☆☆☆

・・・今や自然派愛好家たちの間で大流行し、
見るからに超・ヘルシーなこのグリーンスムージーを、
一体全体、どうして「さけるべき」なのでしょうか?

それは、アーユルヴェーダの見解では、「栄養面」だけに焦点を
当てていないからです。

アーユルヴェーダではいつも、「質」を重視します。

この超スーパーヘルシーに見えるグリーンスムージーには、実は、
「定期的に、長時間に渡って摂り続けると、ネガティブな効果がある」
と見ているのです。

そのネガティブな効果とは、次のようなものです。

1.「ヴァータを悪化させる効果がある」

グリーンスムージーのレシピには、たまに冷えた水や氷を使うこと
があります。その上さらに、もともと、食べた後の効果として体を
冷却する効果のある生の果物や野菜を加えることになります。

たとえ、生姜のような、体を温める効果のあるスパイスを加えたと
しても、スムージー全体の質は「冷たい質」のままです。

ケールやほうれん草、そしてキャベツのような野菜は、基本的に
「乾燥させる」「粗い」といった、ヴァータの質があります。

私たちの体の中のヴァータ(空気+空間からなる要素)質は、
そもそも、乾燥、粗雑、冷たい、機敏、流動、変化しやすいといっ
た質のあるドーシャです。

冷たい、乾燥している、粗雑、といった質を持つ食べ物は、
そのまま直接的に、私たちの体の中のヴァータ質を悪化させてしま
う恐れがあります。(冬のような寒い時期は特に)

似たものは似たものを増大させます。

私たちのヴァータが悪化すると、肌や髪の乾燥はすすみ、雑になり、
冷え、落ち着きの無さや一貫性のなさなどが、体と心の両方に表れ
ます。

また、食欲にバラつきが出たり、食後にガスがたまったり、便秘
または下痢のどちらかの極端になり、血行が悪く、エネルギーの
状態も不安定になります。

メンタル面においては、ヴァータが悪化すると、心配や不安が増し、
何かに集中することができなくなり、気分にはムラがあり、
不眠の傾向が出ます。

ヴァータの悪化は、すべての病気の根源となるものです。

2.「オージャスが薄まる」

長期に渡ってヴァータが悪化した状態が続けば、組織の異化作用
に繋がります。
人々はしばしば、グリーンスムージーを摂り始めた最初の頃、
とてもエネルギーが高まったように感じられますが、その理由の
ひとつは、この異化作用ゆえです。
細胞がひとつ壊れるとき、巨大なエネルギーが解放されるのです!

いいニュースは、あなたの脂肪組織が壊れることです、、 が。
悪いニュースは、骨・骨髄組織、神経系、生殖組織といった、
他の組織も同じように、壊れることです。

体を支えるこれらの重要な深い組織が薄まってしまうことは、
全くいいことではありません。

私たちの歯、骨はより弱くなり、神経伝導やコミュニケーション
が弱まり、ホルモンもまたしかり。

これらの深い組織はまた、アーユルヴェーダではオージャスと
呼ばれる、免疫を直接的に滋養する物質にとって、重要な役割を
果たしています。

もしこれらが薄まり、オージャスも同様に薄まってしまえば、
その結果として、私たちは自己免疫疾患や、慢性的な疲労、
そして他の病気に影響されやすくなります。

3.「消化が難しい」

グリーンスムージーは、実際には「軽い」質のたくさんの原料
からできていますが、成分の圧倒的な量はとても濃いために、
質的に重たくなります。

スーパーな栄養価がある食べ物を一塊にして混ぜ合わせた
スムージーは、もっと重たくなります。

そして重たい食べ物というのは、空腹感をどっしりと満たしますが、
消化が難しくなります。・・・

《その2.へ続く》

あなたのお腹の脂肪はどのタイプ? 原因と対処法。

「お腹の肉をとりたい・・。」

よほど体が引き締まり、理想の体型を手に入れている人以外は、、
こう思わない人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

私たちを悩ますこのお腹の脂肪、
実は 4タイプ あるとのこと。

今回は、それぞれのタイプと効果的な対処法について、
ご紹介したいと思います。

■「空気の抜けたタイヤのような、、
ベローんとしたに垂れ下がったような脂肪」

→このタイプのお腹の脂肪は、一日中あまり体を動かさずに、
一つの場所に長い間座って仕事をしている体がなりがち。
さらに、糖分がたっぷり入った食べ物をつまむクセがあれば、
さらにこのベローンのリスクはアップするそう。

もしあなたがこのタイプなら、アルコール飲料やソーダ飲料、
清涼飲料水、砂糖、油で揚げた食べ物は、ノーノーサイン。
極力減らしましょう。
そして、バランスのとれた健康的な食事に切り替えることが
始めの一歩です。

■「ストレスタイプのお腹の脂肪」

お腹の下腹部と腰周り全体に、たっぷりとくっついた脂肪が
このタイプ。
このタイプの脂肪は、完璧主義な人に多く、消化やむくみの
問題を抱えている人がなりやすい。
このタイプは、食事を抜かしたり、手軽なジャンクフードに
飛びついて、食事をちゃっちゃと終わらせてしまわないことが
ポイント。カフェインの摂り過ぎも×です。

■「お腹の下腹部ぽっこり」

下腹部にぽっこりと溜まった柔らかい脂肪は、いつも同じ食べ物
ばかりを食べている食習慣と、一日中同じ場所に座っている人に
起こりがち。
このタイプの脂肪のつきかたは、やせていても、普段あまりアク
ティブに活動していない人がなりがちです。

日々の生活にほどほどにインテンスな運動を組み込みながら、
決まったものばかりでなくさまざまな食べ物をいろいろ組み合わ
せて食べること。
そして、消化促進する効果のあるハーブをとること。
新鮮な生野菜ジュースや果物ジュースを多めにとるようにすると◎。

■「膨張型の腹部脂肪」

腹部の膨張の大部分は、あなたがアレルギーがある食べ物やビタ
ミンとミネラルがあまり含まれていない食べ物を食べた時、
または消化力が弱まっていて消化プロセスに支障があるときに
なりやすい症状です。

この場合は、消化を促進させるような消化促進ハーブを取り入れ、
よく噛んで食べる習慣をもつこと。
(例:温かいハーブティーをすすりながら食事をとる etc.)
そして、日々あまり運動をしていない人は、ほどほどの運動を
日々取り入れること&バランスよく食べること。

★★ 日々のバランスのとれた食事とほどよい運動。
やはりこの二つは、どんなタイプの脂肪にとっても基本&効果的。
日々欠かさず、続けたいものですね。

デリシャス・カシューバターと、その効能。

普段は、
何気に素通りしている食材で、、

ある時ふと気まぐれに、
「食べてみようかな」という気になり、

おいしく食べれそうなレシピにして食べてみたら、
思ったよりもはるかにおいしくて、すっかりハマってしまった。。

そんな食べ物が、たまーにあるのですが。

ここ最近、それに当たるマイ食材が、「カシューナッツ」。

インドにいた頃からしょっちゅう見かけていて
おなじみだったこのナッツ、

「まぁ、1粒2粒食べたら、おいしいよね」ぐらいの感覚だったのですが。

先日、カシューでホームメイドナッツバター
(カシューを軽く乾煎りした後、ミキサーにかけて滑らかなペーストに
するだけの、シンプルなナッツペースト)を作り、、

前に紹介した フマス の原料、タヒニ(ゴマペースト)
の代わりに、このカシューナッツのペースト(カシューバター)にし、
ややたっぷりめに入れてみたのですが、、

・・激ウマで、現在中毒中。。(笑)

フマスというよりも、チーズの味のようになり、
まるで、こってりなのにさっぱりめ?なチーズを食べているかのよう。

これもカシューに含まれる豊富なオイル分のなさせるワザ?

タヒニを使うよりも、すごくおいしいフマスになるので、
もうタヒニには戻れないかも、、なレベルです。

***

カシューをはじめ、アーモンド、クルミなどのナッツ系は、
体や脳にとってすごく健康的な脂肪分がたっぷり含まれています。

最近、体への毒性が証明されているサラダ油、キャノーラ油、大豆油といった
加工オイルとは根本的にワケが違う、自然が生み出したヘルシーな脂肪分である
これらのナッツやタネ類を、

毎日まめに補給しておくと、体や脳の働きにバッチリ違いが出てきます。

私自身、いろいろなナッツ系をナッツバターにしたもの(これが一番食べやす
く、おいしいので)を、ここ数ヶ月食べ続けていますが、
明らかに脳が疲れづらくなったのと、体の安定感や丈夫さが増した感があります。

普段食べてるものの影響というものは、、
本当に大きいことを、実感中。

カシューバターは、失敗がなく本当に簡単に作れるので、
ぜひ作ってみてください。

☆☆☆

ところで、このカシュー。

他のナッツと同じように、ただおいしいだけでなく、
魅力的な効能もたくさん。

カシューの健康効果には、次のようなものが報告されています。

■「心臓を健康的に保つ」

カシューは良質の脂肪分が豊富で、コレステロールゼロ。
食事の中から、脂肪分を減らしたほうが体にいい。と思われていることが
ありますが、それは正しくありません。

良質の脂肪分は、そのまま脳の栄養となることはもちろん、
体は本来、脂肪分も含めた、すべての類いの栄養素をバランスよく必要と
します。

■「体が丈夫になる」

強い骨、筋肉、正常な神経系機能に必要な栄養素、マグネシウムが、
カシューにはたくさん含まれています。

強い骨にはカルシウムが必須。ということは、よく知られていますが、
このマグネシウムもしかり。
人体にあるマグネシウムのほとんどは、私たちの骨の中にあり、
マグネシウムは神経系をリラックスさせる効果があります。

体内のマグネシウムが不足すると、血圧がより高くなり、筋肉が緊張し、
頭痛や疲れが出やすくなるといわれています。

一日に必要なマグネシウムの量は、約300~750gmといわれ、
体のカルシウム吸収を安定させる働きがあります。

■「血圧をコントロールする」

カシューをはじめとするこれらのナッツ類は、ナトリウム分が低く、
カリウムが豊富。これが、血圧を正常値に保つことを助けます。
体内に多量のナトリウム(塩)があると、体には水が貯まりやすく
なり、血圧が高くなる原因となります。

■「がんのリスクを減らす」

カシューにはセレニウムやビタミンEなどの抗酸化物質が含まれ、
フリーラジカルから体を守り、がんのリスクを減らして免疫を高める
効果があります。
カシューはまた、感染性に抵抗する働きを促進する亜鉛も豊富です。

■「さまざまな身体機能を助ける」

カシューはまた、銅分がたっぷり。
銅は、酵素活性、ホルモン生産、そして脳機能のために重要な役割を
担っています。

また、赤血球生産が高まるので、貧血症にも効果的。
さらに銅は、髪や肌のための大切なミネラルのひとつで、体の銅が不足す
ると、髪はパサパサに、肌はカサつきがちになります。

カシューに含まれる銅分は、コラーゲンとエラスチン(コラーゲン同士を
結びつける働きを持つ繊維状のたんぱく質。 肌にハリや弾力を与えたり、
シワやたるみの予防に働きかける)をくっつける酵素の機能に不可欠で、
骨や関節の柔軟性にも関連しています。

・・まさに美容のためのナッツですね。

★★★ 一日、どのくらい食べればいいの? ★★★

カシューのようなナッツ類は、基本的にデリシャス。
数粒食べ始めると、止められない止まらない状態になることも。

しかし。
いくらおいしくても、、 一日5~10粒分ぐらいが適量。

食べ過ぎると、体重が増えたり、消化に負担がかかり、不調の原因に
なることがあります。

毎日少しずつ、継続して食べることがベストです。

冬の乾燥肌を防ぐ、スキンケア・テク。

冬はいつもよりも、、

これでもかというほど、肌に滋養をたっぷりと与えて
甘やかす必要あり。

Because 冬は体質に関係なく、お肌がカサカサ、シワシワになりやすい
季節だから。

乾燥した空気に肌は水分をとられ、、
冴えない、パッとしない、なんだかねー、、な肌のできあがり。

普段、肌がしっとり潤っている方だとしても、
この季節だけは、例外。。

そんな、自然界のサイクルによる「お肌注意報な期間」に対処すべく、

肌をいつものようにみずみずしく保つためのナチュラル・テクを
ご紹介します。

いつもにも増して、どうしても即効性のあるクリームやローションに
とびついてしまいがちな季節ですが、

こういったクリームやローションを適度に利用しつつも、
肌をディープに潤し乾燥を寄せ付けないスキンケアを併用するとさらに◎。

★冬のスキンケア・テク、その1.《牛乳で体を洗う》

えーーーっ!
牛乳で体なんか洗えるのー? or 汚れなんか落ちるのー?
と思ってしまいそうですが。

牛乳はあなどれないのです。

なんといっても、お肌への保湿効果バッチリで、
冬の乾燥肌の強い味方になってくれるアイテムのひとつ。

肌にべっとりとはりつき、なかなか落ちないような仕様の市販クリームを
過度に使いすぎると、肌の毛穴がつまってしまうことがあり、
もともとオイリーな肌の人は、ニキビが出来てしまうなんてことも
ありえるケース。

牛乳石鹸というのが昔からありますが、
牛乳は本来、ナチュラルな洗浄剤としても使えるアイテム。

ちなみにインド北部の、冬が寒い地方に住む人たちは、
乳清を体にザバザバと降りかけて、肌を乾燥から守るというのが、伝統的な
スキンケアのひとつ。

牛乳、ヨーグルトといった乳製品は、汚れをちゃんと洗い流し、さらに水分
のない肌に潤いを残してくれるので、冬の強い味方なのです。

体からほんのり、ミルキーな匂いが漂う。。

ミルキーな匂いというのは、ある種のフェロモンにもなることでしょう。(たぶん)

■アーモンドと一緒に使う■

数粒の乾燥アーモンドを、牛乳に浸して柔らかくしたあと、
ミキサーで砕いてペースト状にし、さらに牛乳を加えてよりゆるいペーストに
したものを、

体全体に塗って、穏やかにマッサージしながらスクラブ。

アーモンドはビタミンEが豊富なので、肌の質感を高め、滑らか度がアップします。

アーモンドは乾燥が激しくなる冬に、ぜひ活用したいアイテム。
カシューナッツと組み合わせると、肌のシルキー度はさらに倍増です。

★冬のスキンケア・テク、その2.《ベサン+ヨーグルト》

ヨーグルトも、牛乳と同じように、お肌の保湿効果がバッチリなナチュラルアイテム。

ベサンとヨーグルトを混ぜて、肌に厚めの層を作り、、
そのまま10分程置いた後、穏やかに肌をスクラブします。

このボディパックは、肌の汚れをディープにクレンジングしながら同時に保湿する
ために最適なアイテム。

ヨーグルトとベサンにはそれぞれ、自然の美白効果もあるので、
肌の色も自然に明るくなります。

これをできれば毎日やると、冬の間はしっとり潤い持続&乾燥肌知らずです。

★冬のスキンケア・テク、その3.《オイルマッサージをまめにする》

冬は、どんな季節にもまして、温かいオイルでの全身マッサージが効果を発揮します。
オイルマッサージは肌を滋養して、乾燥から肌を守りながら色艶アップさせることは
もちろん、寒さゆえにどうしても滞りがちな体の血行を促進するので、冷え性改善に
も役立ちます。

温かいオイルをたっぷりと体に擦り込み、、
オイルを塗った後は、アーユルヴェーダ式に、ベサンと水を混ぜたペースト
(揚げる前の天ぷらの衣状 or マヨよりも緩めの固さ)で、
全身ボディパックをして、余分なオイル分を落とします。

⇒ おすすめマッサージオイル

ニームとリコライスのボディマッサージオイル
ブラーミオイル
トゥルシ入りインドのゴマ油
レモングラス入りヴァージンココナッツオイル