ギーを肌に使う。 アメージングな治癒クリーム、シャタダウタグリタ。

ギーは、食べるもの。

・・と、一般的には思われがちですが。

アーユルヴェーダでは、スキンケアにもよく使われてます。

特に、顔の小じわをとったり、顔のリフトアップを目的とした
クリーム系の材料に使われていたりするギー。

インドでは、このギーにちょっと一工夫を加え、クリーム状にした
シャタダウタグリタ(舌噛みそうな名前)なるものが、、

火傷、切り傷、湿疹、ヘルペス、シミ、肌のヒリヒリ炎症(アトピーや乾癬など)、
かかとの割れなどなどに、密かに大活躍。

このクリームのシャタダウタグリタという名前は、

シャタ → 100
ダウタ → 水で洗う
グリタ → ギー

という意味。

つまり、ギーを水で100回洗って乳化させ、上の写真のようなクリーミーな
状態にするのです。

このクリームを作っている現場を、インドにいた頃に視察に行ったことが
ありますが、

その現場を見た感想は、、

「一体、誰がこんなめんどくさい方法、思いついたの??」(唖然)

というものでした。

ギーを水で100回洗うだと?

どんだけ手間かかんねん、この原始的な方法。。。

・・気が遠くなりそうですが。(笑)

このような原始的な方法をわざわざやらなくても、
現代には文明の利器、電気泡だて器やミキサーという強い味方があるので、
それに素直にお世話になるのが得策。

このシャタダウタグリタ、はじめて使ったときの感想は、、
肌がすごく柔らかく、しっとりする。というもの。

すごく肌にいいことが実感できました。

一回作っておけば、6ヶ月ぐらいはもつので、スキンケア用にはもちろん、
家庭用の皮膚軟膏として、一家にひとつあると便利です。

■■万能ギークリーム・シャタダウタグリタの作り方■■

☆材料☆

ギー 300g
水  たくさん

☆作り方☆

1.ボールにギーと、ギーと同量の水300ccを加え、
電気泡立て器で3~5分かき混ぜます。

2.水を捨てます。

3.同量の新鮮な水を加え、再び1、2を繰り返します。
アーユルヴェーダでは、これを100回繰り返しますが、電気泡立て器を
使う場合は20~30回程度でOKです。

***

ギーはだんだん白くなり、フンワリなめらかになってきます。

■効能■

火傷、切り傷、湿疹、ヘルペス、日焼け、肌の炎症、ヒリヒリ、
アトピー、あせも、乾癬、痔、虫刺され、手やかかとのひび割れ、
唇のひび割れ、赤ちゃんのおむつかぶれ、肌の滋養と保湿、
シワ予防&治癒など。

☆保存期間:4~6ヶ月。常温保存できますが、冷蔵保存が個人的にはおすすめ。

■使い方■

軟膏やマッサージクリームとして使う。

☆☆ 材料がギーなだけに、ミルキーな匂いがします。
ラベンダーの精油などで香り付けすると匂いが気にならなくなって
使いやすいです。 ☆☆

広告