健康ドリンクとされているグリーンスムージーは、、 「毎日飲んじゃダメ」なその理由。その1

普段からできるベストな健康対策のひとつとして、
今、自然派愛好家の間では大流行しているという、グリーンスムージー。

このグリーンスムージーというのは、
ふつう、40%が葉野菜、60%が果物で構成されている健康ドリンクで、
その栄養価をさらに高めるために、ココナッツオイルやらフラックスシ
ードなども混ぜられることがあります。

原料的にも、見ため的にも、すごくヘルシー感が漂い、、
実際にデリシャスなこの「グリーンスムージー」なるドリンクですが。

なんと、このグリーンスムージーの健康効果に疑問を投げかけ、
「さけるべきもの」とまで言うアーユルヴェーダの専門家の声が、
ちらほら聞こえてくるではありませんか。。

この、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、食物繊維がまさに
ぎっしりと詰まった、
どこからどう見ても、健康極まりないかのように見えるこのドリンクに、
一体どんな文句がつけられようがあるのか、、

とても興味あります。

私自身は、、
朝起きがけから、せっせとまめに野菜や果物を洗い、
ミキサーを回してスムージーを作って、グビグビするのは、
嫌いじゃないのですが。

毎日は、ちょっとできないなー、、たまにならいーけど。
というのが正直な感想。。

ミキサー使った後、洗うのも結構大変なので。(←レイジー)

デトックス目的、または栄養補給目的で
朝からそんな大仕事(?)をするぐらいなら、

朝はシンプルに、デトックス&消化促進ティーとして
温かい トリファラ をすすり(小さじ1にお湯を注ぐだけでOK)、
栄養分は普通の食事でたっぷりととったらいーんじゃないの。
なにもスムージーに全部つめこまなくても。的な感があります。

野菜不足を感じたときにだけ、
数回いただく。的な感じがちょうどいいのではないかと。

ま、それはさておき。

グリーンスムージーに対して反対意見を述べている、
その筋の専門家の意見というものは、どんなものなのでしょうか。

内容は次の通りです。
(ちょっと長いので、二回にわけてお伝えしたいと思います)

☆☆☆

・・・今や自然派愛好家たちの間で大流行し、
見るからに超・ヘルシーなこのグリーンスムージーを、
一体全体、どうして「さけるべき」なのでしょうか?

それは、アーユルヴェーダの見解では、「栄養面」だけに焦点を
当てていないからです。

アーユルヴェーダではいつも、「質」を重視します。

この超スーパーヘルシーに見えるグリーンスムージーには、実は、
「定期的に、長時間に渡って摂り続けると、ネガティブな効果がある」
と見ているのです。

そのネガティブな効果とは、次のようなものです。

1.「ヴァータを悪化させる効果がある」

グリーンスムージーのレシピには、たまに冷えた水や氷を使うこと
があります。その上さらに、もともと、食べた後の効果として体を
冷却する効果のある生の果物や野菜を加えることになります。

たとえ、生姜のような、体を温める効果のあるスパイスを加えたと
しても、スムージー全体の質は「冷たい質」のままです。

ケールやほうれん草、そしてキャベツのような野菜は、基本的に
「乾燥させる」「粗い」といった、ヴァータの質があります。

私たちの体の中のヴァータ(空気+空間からなる要素)質は、
そもそも、乾燥、粗雑、冷たい、機敏、流動、変化しやすいといっ
た質のあるドーシャです。

冷たい、乾燥している、粗雑、といった質を持つ食べ物は、
そのまま直接的に、私たちの体の中のヴァータ質を悪化させてしま
う恐れがあります。(冬のような寒い時期は特に)

似たものは似たものを増大させます。

私たちのヴァータが悪化すると、肌や髪の乾燥はすすみ、雑になり、
冷え、落ち着きの無さや一貫性のなさなどが、体と心の両方に表れ
ます。

また、食欲にバラつきが出たり、食後にガスがたまったり、便秘
または下痢のどちらかの極端になり、血行が悪く、エネルギーの
状態も不安定になります。

メンタル面においては、ヴァータが悪化すると、心配や不安が増し、
何かに集中することができなくなり、気分にはムラがあり、
不眠の傾向が出ます。

ヴァータの悪化は、すべての病気の根源となるものです。

2.「オージャスが薄まる」

長期に渡ってヴァータが悪化した状態が続けば、組織の異化作用
に繋がります。
人々はしばしば、グリーンスムージーを摂り始めた最初の頃、
とてもエネルギーが高まったように感じられますが、その理由の
ひとつは、この異化作用ゆえです。
細胞がひとつ壊れるとき、巨大なエネルギーが解放されるのです!

いいニュースは、あなたの脂肪組織が壊れることです、、 が。
悪いニュースは、骨・骨髄組織、神経系、生殖組織といった、
他の組織も同じように、壊れることです。

体を支えるこれらの重要な深い組織が薄まってしまうことは、
全くいいことではありません。

私たちの歯、骨はより弱くなり、神経伝導やコミュニケーション
が弱まり、ホルモンもまたしかり。

これらの深い組織はまた、アーユルヴェーダではオージャスと
呼ばれる、免疫を直接的に滋養する物質にとって、重要な役割を
果たしています。

もしこれらが薄まり、オージャスも同様に薄まってしまえば、
その結果として、私たちは自己免疫疾患や、慢性的な疲労、
そして他の病気に影響されやすくなります。

3.「消化が難しい」

グリーンスムージーは、実際には「軽い」質のたくさんの原料
からできていますが、成分の圧倒的な量はとても濃いために、
質的に重たくなります。

スーパーな栄養価がある食べ物を一塊にして混ぜ合わせた
スムージーは、もっと重たくなります。

そして重たい食べ物というのは、空腹感をどっしりと満たしますが、
消化が難しくなります。・・・

《その2.へ続く》

広告