脳強壮ナッツ・クルミで、インテリジェントになる。

ここ数ヶ月、、

毎日まめに、ナッツ類のペーストを食べ続けているのですが。

一時期、カシューナッツ100%で作るカシューバターの
おいしさにハマり、
毎日フマスで食べ続けていたのですが、

・・やはり毎日同じものだと飽きてくるもの。

なので、いろいろな種類のナッツやタネ類のペーストを
作り置きしつつ、

そのときそのときでいろいろ食べることにしたのでした。

そんな中、手を出したのがクルミ。

クルミの濃厚なおいしさは知っていたものの、
クルミって、わりと高いのよね。。

なので、しぶしぶ買ったのですが(←ケチ)

クルミをごく軽く煎り、ミキサーにかけて
ペースト状直前になるまでつぶしたものをつまみぐいしてみると、、

・・やっぱり買ってよかった!と満足したのでした。(笑)

ここ最近、クルミの効能を知るまでは、
「別に食べなくてもいいもの」マイリストに入っていたクルミでしたが。

その理由には、子供のころの記憶が関係している模様。。

子供の頃、クルミを食べようと、
固い殻にトンカチを打とうとして、手で押さえながら打ちつけて
手を打って痛い思いをしたことがあり、

あぶないのでそのまま押さえずに打とうものなら、
どっかに吹っ飛ぶクルミ。。(しかも割れない)

で。せっかく割れたと思ったら、殻と一緒に中身も吹っ飛び、
食べれるところがありゃしないといった具合で、

こうした子供時代のトラウマ(?)から、

クルミに関しては、
「苦労して割ってもほとんど食べれないもの(報われない食べ物)」として、
いつの頃からか、幼い私の脳裏に知らず知らずのうちに焼きついてしまって
いたのでした。

・・が。

ここ数ヶ月、マイナッツブームに火がつき、
クルミの薬効を知り、そんな遠い記憶もふっとんで、
(というか、今どき殻つきで売ってるクルミ、あるんだろうか)

心置きなくクルミ&他のナッツペーストをただ今満喫中。。

今回は、そんなクルミの薬効についてお伝えしたいと思います。

☆☆☆

■脳強壮ナッツ、クルミ■

クルミは脳の形に似ていますが、
実際アーユルヴェーダでは、クルミは脳の食べ物とされています。

クルミは、神経伝達物質・アセリルコリン(筋肉の収縮をコント
ロールする物質)生成に不可欠なレシチンが含まれています。

アセチルコリンは、快楽を感じる脳の部分と密接に関わった神経
伝達物質で、人が平常心や落ち着きなどを保っていられるのは、
この物質のおかげ。

脳がアセチルコリンを生産しなくなると、イライラなどの感情に
繋がります。

クルミはまた、記憶力と認知機能を高める効果があります。

■他のさまざまな薬効■

クルミには、タンパク質、ビタミン類、オメガ3脂肪酸、微量元素、
レシチン、脂肪質が豊富に含まれ、数え切れない薬効があり、

単不飽和脂肪が豊富に含まれる他のナッツ類と比べてもユニークで、
クルミに含まれる脂肪分は、主に多不飽和性脂肪酸。
また、クルミだけがαリノレン酸をたくさん含んでいます。

クルミを規則的に食べると、乳がんや前立腺がんのリスクを減らす
という研究報告があります。

☆主な効果:

*脳の健康を促進する
*髪を丈夫にし、抜け毛を防ぎ、髪の成長を高める
*がん予防
*低脂肪ダイエットよりも減量に効果的
*過敏性腸症候群(ストレスが引き起こす下痢や便秘などの症状)
を解放する
*コレステロールを下げる
*血圧を下げる
*抗炎症性
*精子の量を増やす

☆☆☆

クルミ、カシュー、アーモンド、そして他のナッツ類。。
どれがベストなのでしょうか?

それぞれのナッツに、独自なユニーク性があるので、
一概にどれがいいともいえません。

アーモンドはクルミよりもよりビタミンEとマグネシウムが
含まれ、カシューはアーモンドよりもマグネシウムが多い。etc…

手に入るおいしいナッツ類を、日々、まんべんなく食べるのがベスト!
(ペーストにして摂るのがおすすめです)

広告