マヨをやめた日。~ヘルシーなナチュラル・マヨ風味の作り方~

先日ふと。

なんとなく卵サンドイッチが食べたくなり、、

よく考えたら、大好きだったマヨネーズを、もう何ヶ月も食べていない
ことに気づいたのですが。

今年4月頃から、普段何気なくとってきた食事全体を総見直ししたこと
がきっかけになり、脂肪分はどちらかというと、ナッツ類などの自然な
ものをふんだんに取り入れてきた感があるせいか、

自然にマヨネーズのような、主原料がほとんどオイルでできているもの
を体が欲しがらなくなった様子。。

が。

卵サンドを作ろうと思ったら、やはりマヨは必須。

なので、マヨを求めてマヨ売り場へ行き、
どれがいいか、原料が表示されているラベルを見比べていると、

・・・なんと。
だいたいどれも、大豆油が主原料になっているではなりませんか。

えー!
マヨの主原料って、大豆油だったの?? (唖然)

というのも、大豆油はキャノーラオイルと同じように、
何かといわくつきのオイルなので、

外食する時や、お惣菜、またはちょっとしたお菓子などに使われている
ぐらいならいいものの、

わざわざ自分から求めて食べたくはないシロモノのひとつなのでした。

すっかりマヨを買う気が失せたので、
さて、マヨの代わりに何を使おうか。ということで、

マヨのようにこってりしながら少し酸っぱみがある質感のものに
思いをめぐらしていると、頭の中で電球がピカっ!

・・ヨーグルトがあるじゃないの。

タイムリーなことに、ここのところずっと、まめにヨーグルトを自家製で
作って冷蔵庫にストックしていたので、たっぷりあります。
(自家製ヨーグルトは、プレーンヨーグルトの大さじ1杯ほどあれば、
普通の牛乳で簡単に作れます)

というわけで、

さっぱりしたヨーグルトにマヨのこってり感を出すべく、
同じく冷蔵庫にストックしてあったカシューバター(カシューナッツを
ミキサーでペースト状にしたもの)、さらに黒岩塩、
ゆで卵を混ぜ混ぜ。

レシピはこんな感じです↓

*ゆで卵 2~3個
*プレーンヨーグルト 大さじ3
*カシューバター(ゴマのタヒニや他のナッツ系バターでもOK)大さじ1
*岩塩 少々
*黒コショウ 少々

・・これをパンにはさんで食べたら、、
やみつきな美味しさの卵サンドになりました。

これでますます、市販マヨ離れが加速しそうです。

ところで、話は大豆にもどりますが、

大豆はもともと伝統的に、

「人間が消費するには不適当なもの」

と考えられていたことが、中国の古代文献で述べられ、

大豆の消化の悪さを解決するための古代の方法が、「大豆を発酵させること」
だったようです。

一方、発酵されていない大豆は、未だにさけられるべき食品として
扱われているとのことです。

中国で、大豆は発酵できることが発見され、納豆、醤油、ミソなどが発明され、
それとともに大豆の悪評判はみごと回復。

一方、アーユルヴェーダによれば、大豆はとても消化が困難なタンパク質
なので、アーユルヴェーダの伝統的な食事法の中に含まれたことは今まで
一度もないせいか、

インドの人たちはほとんど大豆を食べません。

日本や他のアジア諸国のようには、
あまりというかほとんど大豆になじんでないんですね。

そういえば以前、インドの健康食品店で、インド製のミソを試しに買って
食べてみたことがありますが、ミソの味じゃありませんでした(笑)

大豆については、結構話が長くなってしまうので、
またの機会に触れたいと思います。

☆☆☆

さて、2015年も最後になりましたが。

今年はいつもにも増して、ほんとあっという間でした。

来年も引き続き、マニアックな情報をどしどしお伝えしていきたいと思います。

皆さま、よいお年を!

広告