シナモンでヘルスケア。~シナモンのさまざまな使い道~

シナモンといえば、、

日々、わりとなじみのあるハーブのひとつ。

カプチーノ、アップルシナモン系のパン、カレー粉、
焼きそばソースなどなど・・

結構いろんなものに入ってますね。

そんなシナモンは、人類史上最も古いとされる名誉あるスパイス?の
ひとつで、代謝を高めたり、コレステロールを低くする効果がある
万能ハーブでもあります。

アーユルヴェーダでもよく使われる家庭薬で、たくさんの軽い病気
を予防し、治癒します。

今回は、一見地味なハーブでありながら、隠れ優れもののこのシナモンの、
さまざまな使い道をご紹介したいと思います。

***

★匂いをかぐと・・

シナモンの匂いは、認知機能と記憶力を高める効果あり。
気が移ろいやすいときや、集中力にかけるときなどは、シナモン
スティックを持ち歩き、時々かぐようにすれば、散漫な気がひき
しまる効果が得られます。

毎朝、普段飲んでいるコーヒーや紅茶にシナモンパウダーを混ぜ
て飲むと、集中力が増し、仕事がどんどん進むなんてことも。

また、シナモンの精油をポプリやアロマテラピーのポットに入れ
て、日々部屋中に漂わせておけば、頭脳ワークが進みそうです。

★コレステロール減らし

40日間にわたり、糖尿病患者を対象にした実験で、毎日シナモン小
さじ1/4をとった場合、悪玉コレステロール値が下がったとの報告
があります。インスリン機能を改善するともいわれています。

★痛みの解放

シナモンは、筋肉の収縮と緩和に関わるホルモン物質のように作用
するので、痛みを減らすために使われています。

★虫食い予防

シナモンスティック3、4本を適当に砕き、クローブ1/2カップ分
と黒コショウの実1/2カップ分と一緒に、布袋に入れてタンスの
中に入れておくと、服の虫食いを予防できます。

★減量を促進!

シナモンには、空腹感を減らし、甘いものへの渇望を減らす効果
がある(特に糖尿の人)ので、体重が減りにくい人はぜひ活用し
たいハーブです。
ショウガ+シナモン+ハチミツのティーは、太りやすいカファの
体質改善にもよい飲み物です。

⇒参照ページ: 脂肪を減らす自然薬、「ハチミツ+シナモン」

★月経が重い時

シナモンは、何世紀もの間、月経が重い女性たちを助けてきたハ
ーブ。産婦人科系の不調にも◎。

★血液循環を高める、便秘解消、咳止めに

風邪をひいて咳が長引き、なかなか止まらないようなそんな時は。
シナモンティーがおすすめ!

・刻み生姜 小さじ1、
・クローブパウダー 1つまみ
・シナモンパウダー 1つまみ

をカップ一杯の熱湯に加えてお茶にして飲みましょう。

咳止め以外にも、血液循環を高めて消化と排泄を助けるので、
お肌を健康的できれいに保てます。

★ニキビ治療

シナモンパウダー小さじ1、ハチミツ大さじ1を混ぜ合わせてペース
トをつくり、寝る前にニキビの上に塗って、翌朝温かいお湯で流します。
これを二週間続けてみれば、、ニキビがきれいに消えてる?

★抜け毛をとめる

オリーブオイル 大さじ1
ハチミツ 大さじ1、
シナモンパウダー 小さじ1/3

を混ぜ合わせて、ペースト状にしたものを、頭皮につけて15分間パック。
その後、マイルドなシャンプーで洗い流します。

やる頻度の目安:週3、4回。

***

・・こういった、何気ない身近なスパイス&ハーブを日々活用すると、
知らないうちに病気を寄せ付けない体になっているもの。

特にカレーに使われるスパイス系は、まめにとっておいて損はナシ!

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
■アーユルヴェーダ美容連載コラム on TRINITY
【New!】アーユルヴェーダで使われる、奇妙なモノ。 ~ 蛭(ヒル)~ 
LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

広告