医者からは聞けない、、がんの話。 ~酸性の体を中和する、シンプルな家庭薬~

今回は、、

がんという、一見複雑に思える病気について、
とてもシンプルでわかりやすく解説した興味深い記事を読んだので、ご紹介したいと思います。

(確か、だいぶ以前にこれに似た内容を書いたような記憶があるのですが、
どこで書いたのか、忘れてしまいました。)

医者からは絶対に聞けない?類いの話のようなのですが。

こんなにシンプルなことだったのかと、
目からウロコでした。

何やら一見難しそうながんという病気に対する理解が、グッと深まった
ような気がします。

そして、改めて思ったことは、
普段何を口に入れているかが、いかに大事かということ。

たまに気分転換に、ジャンクな食べ物を食べることも
ありますが、今度食べるときは、「毒を食べてる」ことの自覚が自然に
増しそうです。
記事をまとめると、だいたい次のような内容になります。

★★★

がんの本当の原因を発見した、ノーベル賞受賞者、Otto H Warburg博士
によれば、がんの根源は、シンプルにいえば、体の「酸欠」状態なのだ
そうです。

この酸欠状態では、人間の体は酸性に傾いた状態になります。

また、この博士は、がん細胞は嫌気性(酸素を呼吸しない)であること
を発見し、酸素レベルが高い、アルカリ環境の状態の中では、がん細胞
は生き残ることができないことを説明し、こういいます。

「通常の細胞はすべて、酸素が絶対に必要。
しかしがん細胞は、酸素なしで、例外なく生きていける。

ひとつの細胞から、酸素の35%を、48時間の間、奪ってみてください。
その細胞はおそらく、がん細胞になることでしょう」

私たちの食事は、体の正常なpH値を維持するために。
重要な役割を果たしています。

このpHのバランスとは、私たちの体全体の流動体と細胞すべての、
酸性とアルカリ性のバランスのことです。

私たちの体は、生きるために、
7.365というわずかにアルカリのレベルで血液のpH値のバランスをとらな
ければなりません。

不幸なことに、典型的なアメリカ式食事は、主に精製砂糖、精製穀物類、
遺伝子組み換え食品などのような、毒性でしかも酸性を形成する食べ物
から成り立っています。

これが、体を不健康な酸性のpH値にします。。

あるひとつのアンバランスなpHが、細胞の活動と機能をさえぎることが
あります。

そして、過剰に酸性に傾いたpHは、がんや、心臓疾患、糖尿、骨粗鬆症、
そして胸焼けといった、たくさんの深刻な健康問題を引き起こします。

もし私たちが、体を長い期間にわたり、酸性状態に保ち続けるならば、
大幅に老化を早めることになるでしょう。

ほとんどの病気は、酸性であることから引き起こされます。

これはなぜかというと、寄生虫、悪性のバクテリア、ウィルス、そして
カンジダの過剰繁殖は、酸性の環境にてはびこるからです。

ですが、アルカリ性の環境はバクテリアや他の病原体を中和します。

ゆえに、pHバランスを保つことは、私たちの健康を最適化するために、
最も重要なツールのひとつになります・・。

★酸性を中和するシンプルな家庭薬★

◎材料:

重曹(ベーキングソーダ) 小さじ1/3
新鮮なレモン汁かまたはアップルサイダービネガー 大さじ2、

◎とり方:

まず、材料を混ぜあわせます。
このとき、すぐにシューっと音をたてて泡立ちます。
このシューがおさまるまで待った後で、240ccの水を加えます。

そして、すぐに全部飲み干します。

このシンプルな家庭薬は、pHを中和し、体にアルカリ環境を作り出し
ます。そして、胃酸と酸性に役立つ、シンプルな薬です。

☆☆☆

●オリエンスハーバルからのお知らせ●

オリエンス・ハーバルの3月後半は、、

【すっきり爽快、シトロネラバームでボディケア】期間です。
《期間限定:3/16~3/31まで》

☆ナチュラル製品を提供し続ける、
Khaokho Natural Farm が製造する
『シトロネラオイル入りハーブバーム/15g入り』
(※1190円相当分)を贈呈中!

★ボディマッサージ、筋肉痛、捻挫、関節の痛みなどに最適。

◎◎◎◎ 詳しくは こちら をご覧下さい。◎◎◎
  
※※重要なお知らせ※※

3月20日~23日まで、配送がお休みとなります。
(ご注文は通常通り承ります)

広告