肌や髪の健康維持には、、普段何を食べたらいい?  ~アーユルヴェーダからの提案~

今回は、健康的な肌や髪を保つためにいいといわれている、
食品などについてご紹介したいと思うのですが。

美容面でいえば、、

基本、髪も肌と同じように、外側からの栄養分と内側からの栄
養分(食べ物)の両方をとるのがベストです。

普段、肌や髪にとって決してよいものとはいえない、質の悪い
食べ物(レンジでチン系、ジャンクフードなど)を食べながら、
高い美容品使っていても、「高いものを使っている」というウッ
トリ感は味わえますが、

内側からの栄養のバランスが悪いので、実際に髪や肌の美しさ
を維持する上では、あまり効果が期待できるものではないですね。

さて。

では、普段どんなものを食べるようにするといいのでしょうか。

アーユルヴェーダからの一般的な提案を見てみましょう。

★★★

ある特定の栄養素を固めたサプリなどは、基本的に消化力が強く
ないと、そのメリットが最大限に得ることができないといわれて
います。

また、ポイッと口の中に放り込むだけなので、
食べる時の楽しみも、ほぼありません。

アーユルヴェーダが薦める、食べる時のキーワードは、

「丸ごと」「自然」「オーガニック」「新鮮」な食べ物の寄せ
集めを食べることです。

こういった食べ物構成にすると、肌や髪へのさまざまな栄養分が、
とてもバランスのとれた形で、体に取り入れることができます。

また、次のようなポイントを押さえてみましょう。

1.
毎日の食事の中に、たくさんの野菜を入れる。
緑色葉野菜、ビーツ、ブロッコリー、ニンジン、大根、カボチャ、
コリアンダー、ミント、バジルのような新鮮なハーブ類は、
肌や髪へ豊かな栄養を供給する素晴らしい食べ物です。

さいの目にしたり刻んだ野菜を、フォークが入るくらいの柔らか
さに調理して、消化をよりよくして食べましょう。

また、クミンやターメリックのような、肌や髪によいスパイスを
料理によく使って下さい。

こういったスパイス類は、治癒効果があるだけでなく、栄養を体
の細胞や組織へと運ぶことを助けるので、結果的に肌や髪へ栄養
がスムーズに供給されやすくなります。

また、毎日同じものを食べずに、日ごとに食べる野菜を変えまし
ょう。

2.
たくさんの果物を毎日食べること。
種類は、ベリー類、柑橘系、メロン類、甘いブドウなど、さまざ
まなものを選び、毎日食べる果物の種類を変えましょう。

また、髪の健康に不可欠な便通を促進するために、一握りの量の
レーズンを温かいお湯の中で約30分間ふやかしたものを毎朝食べ
ると効果的です。

3.
アーユルヴェーダでは、ココナッツは、髪と頭皮に滋養を与える
食べ物として重宝されています。

時期尚早の抜け毛や白髪は、体の火原理であるピッタドーシャの
アンバランスと結びついていると考えられているので、ピッタの
バランスをとることはもはや必須。

そのために役立つのがココナッツです。

おろしたココナッツを野菜料理や穀物料理に加え、若くやわらか
いココナッツの新鮮な汁をできるだけ飲みましょう。(特に夏場)

ココナッツの汁に含まれる栄養分は、髪にいい、さまざまな栄養
分がたっぷり含まれています。

それプラス、ココナッツオイルを頭皮に塗ることで、頭皮や髪の
異常な乾きを防ぎ、抜け毛や頭皮のトラブルを治癒できます。
(おすすめオイル →ニーム葉オイル

4.
乳製品は、髪にとても滋養を与える食べ物のひとつ。
アーユルヴェーダは、全乳(ホールミルク)、新鮮なチーズ(古
くないもの)、ラッシー(新鮮なヨーグルトと水をブレンドした
もの)をすすめています。

牛乳は消化が重たいので、伝統的に、消化を高めるために一旦沸
騰させてから、ほどよい温度に冷まして飲むのがおすすめです。

新鮮なチーズは、パニール(カッテージチーズ)とよばれています。

ラッシーは、ヨーグルトと水に、クミンや黒コショウなどの消化
促進ハーブを混ぜて飲むとさらに◎。

5.
全粒穀物と豆類小量の組み合わせは、消化器官に負担をかけるこ
となく髪に栄養を与えます。

ムングダル(ムング豆の皮をむき二つに割った状態のもの)は調
理に時間がそれほどかからず、消化が軽いので、肌や髪へ豊かな
栄養分を供給することができます。

穀物類、豆類、野菜類、ハーブやスパイス類を日ごとに変えて組み
合わせ、肌や髪のための栄養を供給する料理を一皿作って食べまし
ょう。

6.
ナッツ類を毎日の食事にいれましょう。
アーユルヴェーダでは、ナッツ類は食べる前にふやかすと消化が重く
ならないと提案しています。

8粒から10粒のアーモンドやクルミを、熱湯の中でふやかし(こう
すると消化が軽くなります)、ゆがいたものを毎朝朝食と一緒に食
べます。

7.
髪全体の健康と寿命を促進するアーユルヴェーダのハーブをとり
ます。

特にアムラは、髪の色と強さを維持する薬効が重宝されています。
トリファラもまた、消化を整えて内臓を掃除するのによいハーブです。

★★★

ところで余談になりますが。

美肌を目指す or 肌表面の解毒方法のひとつとして、
「肌断食」なる言葉がありますが、

断食というものはそもそも、ずっとやり続けるものというよりは、
ある一定の期間だけやって、一旦空の状態にリセットする(解毒する)
した状態にしておきつつ、

毒が抜けた「空腹」状態に、良質の栄養分を補給して、その栄養分で
体を再び作り上げていくために役立つプロセスのひとつのようなもの。

ずーーーーーっとやり続けてしまうと、体の中に保存されている栄養
分を使い果たして枯渇してしまい、逆にシワや抜け毛の原因になるこ
ともあるので(さらには脳を働かせるための栄養分も枯渇してしまう
ことから、頭がボーーーになることも)、

程よい日数で止めることがポイントです。

で。
一旦容器(体)をほぼ空にした状態にした後で、良質の栄養分(主に
上記の食べ物)で体を滋養しながら美しく作りなおしていくといっ
た感じでしょうか。

ケミ商品などを一切肌に塗らない肌断食の場合は、脱ケミして一旦何
もなくなった状態にしておいてから、良質のオイルをたっぷりと塗っ
て滋養する。

すると、お肌がオイルの栄養を喜んで吸収しまくるので、
お肌がぐぐんと見違えます。

私自身、長年やっているシンプルな肌ケア方法としておススメなのは、

1.塩だけ風呂(石けんなどは一切使わず、バスソルトを入れて全身
入浴)      ↓

2.オイルで滋養(全身の肌にオイルを塗る。オイルマッサージが無
理な場合はオイルを肌に薄く延ばすだけでもOK)

この二つを交互に(一日に1.2のうちのひとつだけやる)やります。

これは、肌自体の免疫をかなり上げるケア方法なので、
これまで肌がケミ漬けだった人が脱ケミしたい時に◎です。

★このケアにおすすめのアイテム:
ニーム葉オイルトゥルシ入りインドのごま油エキゾティックバスソルト

広告