肌のアンバランスを正す、、ナチュラル保湿レシピ。

しっとり潤った、モチモチ肌。

・・うーん、、なんて魅力的なんでしょう。(笑)

やはり肌は、潤っててナンボ。みたいなところがありますね。

というわけで今回は、そんな潤い肌を保つための、自然素材を使った
保湿レシピについてご紹介したいと思います。

***

アーユルヴェーダによれば、お肌のタイプはおおまかにいって

・ヴァータ肌
皮膚が薄く乾燥している敏感肌。

・ピッタ肌
柔らかくて温かい、ややオイリーな肌。

・カファ肌
ぽっちゃり、オイリーでひんやり冷たい肌。

の三つがあります。
肌は、ストレスや気候の変化、大気汚染、普段食べている食べ物、
消化関連の不調などが原因で、アンバランスになることがあり、、

☆ヴァータ肌がアンバランスになると・・
 ⇒あかぎれ、時期尚早のシワ、目の下のクマ

☆ピッタ肌がアンバランスになると・・
 ⇒湿疹、しみそばかす、肌の変色

☆カファ肌がアンバランスになると・・
 ⇒冷たくベトベト、過剰な皮脂、浮腫

といった症状が現れるのが特徴です。

また、できるシワによって、ある程度アンバランスが予測でき、

ヴァータのシワ ⇒額にできる横ジワ
ピッタのシワ ⇒目尻のシワ、眉の間にできる斜めジワ
カファのシワ ⇒口の周りやアゴのシワ

となって現れるといわれています。

 

■アーユルヴェーダ的な保湿方法

アーユルヴェーダな保湿剤は、八百屋や果物やで手に入るような、
「口に入れることができるもの」がメインです。

市販の保湿剤との大きな違いは、肌の深い層を詰まらせてしまうこと
がある保存料類を一切肌につけなくても済むところです。
(市販のスキンケア製品のほとんどは、かさを増やすための増量剤と
して水分が加えられていて、水はそのままではバクテリアが繁殖して
しまうので、化学保存料の添加が必須になります)

スキンケアにおいて、アーユルヴェーダが重視していることのひとつ
は、肌の機能を回復させること。

この具体的な方法は、

保湿する前にまず、肌の奥深くへ栄養分(主にオイル)を送り込んで、
肌の奥に溜まっている不純物を引っ張り出しておき、

肌を浄化させた後で、はじめて保湿します。

こうすると、よりスムーズに保湿ができるのですね。

(アーユルヴェーダにおいて、何かとオイルがたっぷり使われるのは、
このためです。)

 

■肌を輝かせるハーブ
ここで、それぞれの肌タイプにいいハーブを見てみましょう。

☆ヴァータ肌には「ブラーミ」 

→ ブラーミはヴァータのデリケートで乾燥した肌を保湿し、サポートします。

☆ピッタ肌には「アムラ」

→ アムラはフリーラジカルを掃除する、肌をひんやりさせる、そして
肌の弾力をサポートする。

☆カファ肌には「ターメリック」

→ ターメリックはリンパ動かしハーブ。肌の最適な機能をサポートします。

 

★★自宅でできる、アーユルヴェーダ保湿レシピ★★

肌のアンバランス状態にあわせて、レッツ保湿!

◎ヴァータ肌のための基本保湿パック:

牛乳と生ハチミツを同量ずつ混ぜ合わせてペーストを作り、
顔に塗って3~5分置いた後、よく流します。

「ヴァータ肌でヴァータのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ブラーミ小さじ1/4 を加えます。

「ヴァータ肌でピッタのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + アムラ小さじ1/4 

「ヴァータ肌でカファのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ターメリック小さじ1/4

◎ピッタ肌のための基本保湿パック:

牛乳、完熟バナナ、パパイヤをそれぞれ同量ずつ混ぜ合わせて
ペーストを作り、顔に塗って2~10分置いた後、よく流します。

「ピッタ肌でヴァータのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ブラーミ小さじ1/4 を加えます。

「ピッタ肌でピッタのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + アムラ小さじ1/4 

「ピッタ肌でカファのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ターメリック小さじ1/4

◎カファ肌のための基本保湿パック:

生のハチミツ、レモン汁を同量の割合で混ぜ合わせます。
顔(全身にぬってもよし)に塗って10分置きます。

「カファ肌でヴァータのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ブラーミ小さじ1/4 を加えます。

「カファ肌でピッタのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + アムラ小さじ1/4 

「カファ肌でカファのアンバランスがある場合」:
上の基本ペースト + ターメリック小さじ1/4

***

肌のアンバランスは、環境、季節の影響などから、そのときそのときで
変化するもの。

特に日本は四季の変化がはっきりしているので、季節的な影響は顕著に
なります。

微妙にレシピを使い分けて、「いつでも美肌」をキープしましょう。

広告