ドライヘア、ダメージヘアのための応急処置レシピ。 ~ヨーグルト+ハチミツ・ヘアパック~

忙しく、バタバタしていることがもはや、フツーに当たり前の現代。

普段の忙しさにかまけて、ふと気づくと、、

オーマイガ。

いつのまにか髪が乾燥してパサパサ状態 or ボサボサでまとまりにくい髪
になってしまっている。なんてことも・・。

こんな髪は、扱いがなにかと大変なものです。

ドライヘアの主な原因は、髪の潤いが失われてしまっていることにあり
ますが、そんな時は、髪に潤いを与えるためにいろいろなことを片っ端か
らやりたくなってしまいますね。

さて、そんな時にできるシンプルなことのひとつは。

スプレー用のボトルにミネラルウォーターを入れ、髪にシュッシュっ。

その後、ふりかけた水分を髪に封印するために、オイルを数滴塗ります。

これだけでも、髪はぐっとまとまりやすくなり、扱いやすくなります。

が。

これだけでは物足りない・・。もっと髪をたっぷりと滋養したい!気分な
時は、今回ご紹介する「ヨーグルト+ハチミツ」のヘアパックがおすすめ
です。

ヨーグルトは、髪の柔軟剤として昔から使われてきたナチュラル素材の
ひとつ。
タンパク質がたっぷり含まれているので、髪の毛幹を強くし、髪のダメー
ジと枝毛を減らすために多いに役立つアイテムです。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸は、髪へ水分を補充しつつ、穏やかな
洗浄効果もあるので、知らないうちに髪の表面に溜まってしまっている
かもしれない古い角質(これが「艶がなく冴えない髪」の原因となってい
ることがあります)を洗浄する効果があります。

ハチミツもまた、ナチュラルな保湿剤です。

ハチミツは抗菌性と抗炎症特性があるので、フケをやっつけ、痒い頭皮
をなだめます。

この二つのコンビネーションは、髪を柔らかく扱いやすくしながら、
ツヤツヤな潤い髪をつくるので、乾燥してダメージがある髪のための
応急処置ヘアパックとして使えます。

 

★★《ヨーグルト+ハチミツ・ヘアパックのやり方》★★

・必要なもの:

プレーンヨーグルト 1/2カップ
ハチミツ 大さじ3~4杯

基本はこの二つだけです。

・さらに加えるとよいもの(なくてもOK):

オリーブオイル
(または普段気に入って使っているお好みのオイル)大さじ2

ココナッツミルク 1/4カップ(ハチミツの代わりに使ってもOK)

・やり方

1.入浴する前に、材料をよく混ぜ合わせておきます。

2.混ぜたものを髪と頭皮に塗り、マッサージします。
→ついでに顔や首にも塗っておくと、お肌の保湿にもなります。

3.シャワーキャップかラップを巻き、さらに頭にタオルを巻きつけ
ます。(または冬用の毛糸の帽子があればグッドです)

4.そのまま30~40分置きます。

5.いつも使っているシャンプーや石けんで洗った後、髪を自然乾燥
させます。

☆頻度の目安:月1~2回。

 

■髪に水分を閉じ込める

このステップは、ドライヘアに水分を封じ込める大切なプロセスです。
ぜひやっておきましょう。

☆髪がまだ完全に乾いていない、湿っている状態のときに、ほんの2、3滴
程度のオイル(どんなオイルでもかまいません)を手の平につけて伸ばし
た後、髪に、特に毛先にのばします。

これをすることにより、髪に水分を閉じ込めることができ、縮れを減らし
て髪を艶やかにします。

⇒おすすめオイル:

シカカイ+カフィアライムのヘアトニックオイル
トゥルシ入りインドのごま油
ブラーミオイル

 

■ダメージ髪を回復させるための、他のポイント

・髪を洗いすぎないこと。毎日汗をかく場合以外は、週に1、2回に抑える。
・熱いお湯で髪を流さない。いつもぬるめのお湯を使うのがベスト。
・髪は自然乾燥させる。ドライヤーを使う時は温度を低い設定にして使います。
・ノーケミカル。出来る限り化学シャンプーは使わない。
・髪を内側から滋養する、オメガ3脂肪酸(魚類、くるみ、かぼちゃの
種、フラックスシードなど)を普段からたっぷり食べる。
・ビタミンAが豊富なかぼちゃやマンゴー、ニンジン、さつまいも、緑色葉野
菜は、髪を内側から柔らかくし、水分補給します。***

 

■New!
アーユルヴェーダ美容・健康連載コラム@TRINITY
Vol.44 <あなたの気質を理解する>シリーズ8
ドーシャの三重タイプ」はこちらです~

広告