火照った肌には、タナカな癒し。

まるで雨季に入ったのかと思いきや、、
再び真夏らしい気候がここのところ戻っているタイはバンコク。
かなりの暑さです。

そんな中、昨日は、バンコクに数多くあるおしゃれ&ハイソ系タイスパの
ひとつが主催する、屋上ガーデンのミニアーバンマーケットで、
お初の出店体験をしてきました。

なにせ真夏の屋上というシチュエーション(気温36度ぐらい)だという
こともあり、
もう、、暑くてフツーにサウナ状態。。(苦行)

以前なら、もともと暑さに対する耐久力がほぼゼロな体質だということも
あり、すぐにへばるのが当たり前だったのですが、

ここのところかなりしばらくの間、まじめに続けている雑穀昆布メシ
(玄米+もち米+キビ+大麦+キノア+千切り昆布)が功をなしたのか、、

思ったほどの暑さゆえのクラクラはありませんでした。

さて。
こんな風にたっぷりと体を暑さの中で酷使してしまった後は、
ミャンマー伝統美肌ハーブ・タナカに癒しを求めるのが一番!(笑)

サンダルウッドの親戚であり、効果もほとんどサンダルウッドとなんら変
わらない(むしろサンダルウッドよりも香りがマイルドなので使いやすい)
タナカでの全身パックは、

夏や暑い天候のときには欠かせません。

というわけで本日は、たっぷりタナカで全身パック。

まるでベビーパウダーのようなほんのりやさしいナチュラルな香りで全身
をつつめば、暴れピッタ(悪化したピッタ)も力をみるみるなくし、
素直におとなしくなってくれます。

そして。
使った直後に即効で実感することができる毛穴キュッ!な肌の引き締め・
収斂効果は、タナカならではのなせるワザ。

タナカは木屑なので、古い角質をとるスクラブ効果もバッチリ。

ベサンと並んで、定期的な垢すりに最強なハーブといえましょう。
(⇒参照ページ: タナカを使った『垢すり美白』テク。)

 

・タナカの、長~い歴史

これまでこのブログでも、何度か登場しているアメージングなハーブのひと
つ、タナカは、

ミャンマーにおいて何世紀も前からすでに使われてきた、国家のアイデンテ
ィティの一部とさえなっている、伝統ハーブ。

そんなタナカの歴史はとても長く、
ビルマが国となって発展し始めた時代にまで遡り、、

14世紀に敬虔な僧侶であり詩人でもあった人物によって書かれた書物の中
にはすでに、タナカが登場していたのだそうです。

女性たちの美肌キープや吹き出物&ニキビ治療はもちろん、
熱帯の容赦ない日差しの中で長時間仕事をする人たちの肌を守ってきたタナカ。

この夏は、そんな古代からのお墨付きハーブ・タナカで美肌仕込み!
はいかがでしょうか。

 

★関連リンク

タナカを使った『垢すり美白』テク。
タナカの効果的な使い方。
タナカで、 毛穴・黒ずみ知らずの透明肌をつくる。
ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカを、 日焼け止めとして使う方法。

 

 

 

広告