チーズのお話。(アーユルヴェーダ vs ヨーロッパの伝統)part.1

・生アムラの美白効果が結構バツグンな件

このところ、生のアムラ実の汁を使ったヘアケアが気に入り、
最近はこればかりやっていることは、他の記事でも書きましたが、

タイではアムラが肌の美白ハーブとしても使われているので、
ついでにその効果を確かめるべく、

生アムラ実の汁を頭皮と髪にすりこんでいる時に自然にたれ
てくる汁を、ついでにそのまま顔にもぬりぬりし、、

さらには日焼けしがちな腕にもたっぷりとぬり、

バスタイムになるまでそのまま数時間放っておく。ということを、
数日繰り返してみました。

すると。なんと!

結構な美白効果があることが判明…。

インドハーブの世界では、どうしても、

「アムラ=元気回復薬(or若返り薬)」、
あるいは
「アムラ=髪強壮ハーブ」

といったイメージが強く、

インドにいた頃はアムラを肌の美白に使っているケースはほとんど
見かけることがなく、聞いたこともありませんでした。

なので、タイではどうもアムラが美白ハーブとしても使われているらしい。
ということを知っても、あまりピンとこず、
何気にスルーしてしまっていたのですが。

今回のアムラ汁を肌に使ってみて、納得しました。

生じゃがいものスライスと同じぐらいの美白効果です!

やはり自然の生モノは、酵素もたっぷり入っているせいか、
肌へのなじみもすごくよく、

日頃、何気に日焼け気味だった顔や腕も、
このところのアムラ生汁効果で、いつになく肌が白くなっている今日
この頃です。

美白といえば、先日、

東京からタイにホリデーにやってきていた友人と、世間話をしていた
とき、ふとタイ製のケミカル美白剤の話題になりました。
(タイのキャンペーンガールズの異様な肌の白さは、たぶんこの薬剤
ゆえ)

なんでも、日本でも結構人気があり、いい値段がするのだとか…。

ちなみにこのタイの美白剤、傷をつくったときに消毒剤として使う
あのオキシドールが原料で、
(⇒参照ページ:「肌がまるでビロード? 米ぬかオイルの美肌効果。」)

使いすぎると後で肌が乾燥してボロボロ&肌の老化を倍増促進
させるという副作用が待っていることうけあいです。

いうまでもなく、わざわざ肌の老化を加速させてしまうこういったケミ剤
を使うより、肌そのものの自然免疫をアップさせることができるハーブ
アイテムがだんぜんおすすめです。

***

さて、
今回と次回は、チーズのお話などをしたいと思います。

チーズは、冬のような、一年でも寒い時期に食べるのがベストな
食材のひとつで(といっても何やら今年の日本の冬は、今のところ異様
に暖かいということですが…)、

逆に夏のように暑い季節には、少なめに食べるのがいいとされ
ています。

では、その根拠を探ってみましょう。

***********************************

■気候の違いによる、チーズのよしあし

インドでチーズといえば、牛乳にレモンを絞って凝固させた乳脂肪
分を、ガーゼなどにつつんで水分を絞りだし、固めた、柔らかく消化
もいい「パニール」(カッテージチーズ)が主流で、

他のチーズといえば、プロセスチーズぐらいしかありません。

が。
今私がいるここタイのバンコクは、外国人が多く住んでいることもあ
ってか、スーパーの棚にはヨーロッパから輸入されたあらゆる類の
輸入物のチーズがズラリと並び、

ヨーロッパは本当にチーズの種類が多くて充実しているなぁと、
日々、目の保養にしているのですが。(笑)

そもそも、ヨーロッパでこんな風にチーズの種類が多く、充実して
いるのは、気候的に、牛乳を長期間保存するための方法として
発酵させるという方法が便利だったからで、

保存がきくように塩をたっぷりと使って作られた硬いチーズが、
伝統的な食べ物のひとつだったということです。

さて、見た目的にも魅力的な、ヨーロッパ特有の塩味のきいた固
いチーズは、

実はアーユルヴェーダではほとんど使われません。

なぜかというと、塩はチーズの質を濃厚で硬くし、消化を重たくす
るので、マインドをタマス質にする(いいかえれば鈍くする)と考え
られているからです。

また、インドのようにほぼ一年中暑い気候の中では、重い、濃い、
そして消化しにくい食品は、あまり有効ではありません。

このため、アーユルヴェーダで唯一、いいとされるチーズは、
頭部分でも触れた、塩を入れない、レモンだけでつくられるパニ
ールで、

この、塩分が入っていない柔らかいチーズは、塩気のきいた
チーズとは違い、消化もよくマインドを明瞭にするサットヴァ質
の食べ物として奨励されています。

一方、ヨーロッパや日本は、気候的に冬はより寒く、暑いインドと
は異なり、、

インドの熱気の中では、硬い塩気たっぷりのチーズはピッタを
悪化させがちですが、冬に寒いヨーロッパでは、チーズは冬の
生存に欠かせない不可欠な食糧でした。

このために、バラエティ豊かなおいしいチーズが、伝統的に作られ
てきたのですね。

★チーズは、寒い季節に食べるのが最適

アーユルヴェーダ、さらには今の西洋科学においても、より寒い
気候であればあるほど、消化力はより強くなると考えられています。

このため、消化の重い硬いチーズを消化することは、冬には簡単
です。

研究によると、秋や冬といったより寒い時期というのは、消化酵素
アミラーゼの生産が活発になり、また消化促進する副交感神経系
が優勢になるので、穀物といったでんぷん系を簡単に消化して
しまうといいます。

また、夏のように暑い季節は、この逆が起こるということです。

チーズはまた、全脂肪乳製品特有の「重たい性質」のために、
ヴァータのバランスをとるためにいい食べ物になります。

なので、チーズは一般的に、冬に食べるのが最も有益です。
というわけで、チーズ好きな方は、冬のうちに堪能しておくのが
ベストです。

(⇒次回、part.2へ続く)

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

オリエンスハーバル@
ナチュラル美容アイテムショップ
からのお知らせ☆

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

●●●「年末お買い得セール」、開催中!●●●
☆一個の値段で2個ゲット!☆
【期間:12/1~10まで(10日間)】

⇒ピュアハーブ:
ニーム葉ブラーミタナカアムラトリファラトゥルシ
バタフライピー

⇒ヘアケア・アイテム:
紐つきシャンプーバー(アムラシカカイ
緑の艶髪 Deluxe ヘアトリートメント(フォーミュラ
新養髪(ハーブ100%洗髪粉)

…etc.盛りだくさん!

◎◎◎12/13まで、セットアイテムがお得です◎◎◎

【セットA】ニームセット<イチ押し!>
【セットB】ヘアケアセット
【セットC】スキンケア&デオドラントセット
【セットD】ミックスセット

→お買い物へGO☆
本店(日本の方向け)】
姉妹店(タイ在住の方向け)】
※本店と姉妹店のセール対象品は、若干異なります。
***

【【 無料サンプル・プレゼント 】】】
⇒ハーブアイテム全8品が試せる!
「スキンケア&ヘアケア・ミニお試しセット」はこちら☆

***

◎◎◎特典/12月限定無料プレゼント:
※期間:12月1日~31日まで※

マダム・ヘン製/オリジナルハーブソープ 160g

12月の特典ギフトは、タイでおなじみ&日本でも一部マニア
に人気の「マダムヘン製」ハーブソープです。

伝統タイハーブレシピから作られた「にきび」「そばかす」
「シミや傷跡」のためのこのトラディショナルソープ(ショウガ、
メンソール、パインシード入り)、

泡立ちと抗菌作用がバッチリで、さっぱり爽快な使い心地
がくせになります。脇や足など、匂いが気になる部分洗いに
もおすすめ!

☆内容: Madame Heng Original Herbal Soap/160g

 

■《New!》■
アーユルヴェーダ連載コラム@TrinityWEB
vol. 133
6つの味とドーシャの関係(カファ編その1)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

広告