老化を早める、日常的な習慣。

日頃、よく気に入って小腹が空いた時に食べていた、
ナチュラル&素朴系のおやつのひとつに、バナナチップがあるのですが。

タイはバナナの種類が多いのと、バナナそのものをスライスして
油で揚げただけのシンプルなバナナチップは、素材そのものを使っている
ので栄養分もちゃんとあって体にもよさげということで、

バナナチップはインド時代からも、よく食べていたおやつのひとつでした。

が、先日ふと。

油で揚げているだけなのに、なんで製造年月日から数ヶ月も賞味期限が
あるんだろうと(長持ちしすぎ)、何気なく材料に使われているものを
チェックするためにラベルをのぞきこんでみると、

植物性油(なんの植物かは書いていない)、マーガリン。などと
のっているではありませんか。

えーーー!
何気に食べてたけど、これマーガリンで揚げてたんだ。
そりゃあ日持ちするはずだ…。

マーガリン。
私の中では、できることなら絶対体に入れたくない、
お化けオイルのひとつです。
(なんといっても、体が食べ物だと認識しないオイル!)

でも、どおりで食べた後いつも、
妙な胃もたれ感があったわけだ…。(気づくの遅すぎ)

バナナチップ、、大好物だったのに。ショック。。

インドで食べていたバナナチップのように、ココナッツオイルで揚げて
くれたらいーのにな。
まあ、ココナッツオイルなんて高いオイルを使って揚げてくれるわけ
ないか。。ブツブツ。

せっかくタイが誇るおいしいバナナが材料に使われているのに、
安く上げるためにマーガリンが使われているとあらば、
今後おそらく口にすることは、半年にいっぺんぐらいかしら。

他、マーケットイベントなどで、目の前で繰り広げられる実演を見て
いる分にはすごくおいしそうに感じられ、
実際食べてみると妙にやみつきになりそうなタイのB級お菓子系に、

イスラム教徒がよく鉄板のうえジュージュー焼いているロティなどが
あるのですが、

鉄板の横には、マーガリンの固まりを入れたプラスティックがどどーん
と設置され、その固まりのかけらを鉄板にのせてジュージューやってる
もんで、

おいしそうと指をくわえて眺めながらも、いつも素通りしてます。

材料に使われているのがいかにも肝臓に悪いのがまるわかりなので…

とまあ、こんな風に日々、
体に悪いものは全く食べない、とまではいかなくても、
できるだけ食べないようにしているのですが。

やはり健康というのは、日々の生活の中でのちょっとした気づきを
日々積み上げていくような、そんな地味なもの。

普段から不摂生してて、病気になってからハーブやら薬にとびついて
も、なかなかうまいこといってくれません。

これは、「まだ若いから大丈夫」と過信し、
さんざん不健康な暮らしをした若いときのつけを、人生の後半に差し
掛かったときにそのツケを払わなければならなくなるのは、

まさに身からでたサビ。。

つい先日、読んでいたアーユルヴェーダ関連の記事では、
人によって個人差はあるものの、
そういった不摂生は、40代、50代、60代になってから現れてくるもの
らしいということが書かれてありました。

というわけで今回は、その警告ともいえる内容をご紹介します。

心当たりがある場合は、さっそく調整をスタートさせましょう。

☆☆☆

■老化を急激に早めてしまう恐れがある要因:

1.《乏しい睡眠習慣》

ついつい夜遅くまで起きていて、翌日は遅めに起きてしまう…。

次の日がもし休みの場合、たっぷり眠れるので一見問題なさそうで
すが、実はこれ、習慣になってしまいやすい点が問題です。

遅く起きているということ自体、実は体にとってはストレスになる
ことなのです。

身体の主要なストレスホルモン・コルチゾールは通常、体を夜の睡眠
のために準備するために、夕方ぐらいからコルチゾール値が自然に
落ちるようになっています。

夜の遅い時間帯というのは、コルチゾールが強制的に高まるため、
これが最も一般的な不眠症の原因とされています。

さて、毎晩のように連続してコルチゾール値が上昇すると、
早い時間に眠りにつくことがより難しくなります。

このため、体は夜遅くまで起きているように条件付けられてしまい、
結果、夜更かしが当たり前のようになります。

さて、、一旦こうなってしまうと。
どのようなリスクが考えられるのでしょうか。

★寝なさ過ぎも、寝すぎもダメ?

睡眠ジャーナル(米国)で報告された最近の研究では、35~55歳の
人たち10000人以上を対象に、睡眠パターンが測定され、一日あたり
の眠りの質と睡眠時間の長さの両方において、認知機能への影響を
調査しました。

この結果によれば、人々は一日につき6~8時間の睡眠をとると、
認知機能が良好に維持され、正常に年齢を重ねることができるようでした。

一方、人々の夜間の睡眠時間が6時間未満か、または8時間以上寝るよう
になると、明らかに認知機能において、急激な低下が見られたとこのこと
です。

睡眠時間があまりにも少なすぎたり、多すぎたりすることによって起こる
認知機能の低下は、正常に歳を重ねる場合よりも「4~7年老化が早まる」
ことに等しい。という結果が報告されました。

加えて、あまりにも多くの睡眠(8時間以上)またはあまりにも少ない睡眠
(6時間未満)の習慣を続けている場合、

次のようなリスクがかなり高まるとの報告がなされました。

*心血管疾患のリスクが増加する
*早死や老化のリスクが高まる
*認知力低下
*体重増加
*過剰な間食への渇望
*ホルモンの不均衡
*糖尿病へのリスク増大
*精神障害へのリスク増加
*コルチゾールレベル値の急上昇

 

睡眠不足からやってくる問題は、私たちの自然なコルチゾールのリズムを
変えてしまう部分です。

前の晩、眠れないがゆえに、翌朝に疲れて目を覚ますと、
体はその新しくやってきた日をやり過ごすために、余分なコルチゾールを
生産する必要性にかられます。

こうして、普段の日常的な仕事(学校通い、出勤して仕事すること、家族
のケアなど)が、ストレス要因に変わってしまいます。

また、過剰なコルチゾールは、
免疫抑制、高血圧、高血糖、炭水化物の渇望、代謝症候群および2型糖尿病、
顔や首、腹などの脂肪、生殖能力減退、骨破損のような状態を引き起こす
原因となることが報告されています。

★健康的な睡眠習慣を開拓

どれだけ眠るかだけでなく、いつ眠るか。こういった普段の睡眠習慣を
ヘルシーに開拓することは、自然のサイクルと私たちの体の時計をシンクロ
させ、私たちが日々イキイキと暮らすためにも、とても重要な役割を果たし
ます。

アーユルヴェーダドクター曰く、心と体がはるかに活気をとりもどし、
若返らせる眠り方というのは、陽が落ちてから数時間以内に眠りにつき、
夜明けかその少し前に目を覚ますことだといいます。

これを厳密に守ることができなくても、、それに近い状態を意識しておく
ことは、「正常に歳を重ねる」上で、かなりの違いが出ることでしょう。

***

2.《アルコール飲料》

娯楽や楽しみのひとつとして、世界中のさまざまな国で、当たり前のよう
に飲まれているアルコール飲料。

アルコールを適度に飲む分には、心臓にもメリットがあるといった報告
もなされていますが、

「一般的に、アルコールは生きている細胞にとって、基本的に有毒」という
のは、世界で公認されているまぎれもない事実。

世界保健機関(WHO)は2002年、アルコールについて
「アルコールは世界中で、食道癌、肝臓疾患、てんかん、自動車事故、
殺人、他の意図的な傷害を20-30%引き起こすと推定」との報告がなされた
とのことです。

アルコールはまた、脳に広範囲の影響を及ぼす可能性があり、
これには記憶喪失、認識機能障害といったものが含まれ、

また、アルコール依存症が未治療のまま放置される場合、平均余命がなんと
15年も減ることが推定されています。

…アルコール関連の楽しみは、健康リスクを十分にふまえた上で
エンジョイ。ですね。

3.《ジャンクフードや日持ちする加工食品》

ジャンクフードをはじめ、ほとんどの加工食品は、何ヶ月もの間、日持ちす
るように作られています。

これは、その食品には、処理された油や防腐剤の添加がなされていることを
意味します。そして、こういった成分は、消化がとても困難で、私たちの
肝臓や消化器系に多大な負担をしいます。

牛から直接絞った新鮮な牛乳は、冷蔵庫に入れても7日程度で腐ります。

冷蔵も要らない、しかも数ヶ月も飲める類いのパック入りミルクは、
もはや食べ物とは呼べないと考えた方が、正解です。

消化できないものを食べ続けた場合、肝臓は慢性的な混雑状態にに陥ります。

これが原因で、本来なら肝臓で分解されるべき脂溶性毒素は、
血液中に再び誘導され、体の脂肪の中、皮膚、関節、脳内に保存されること
になります。

また、胆汁がうまく分泌されない場合、小麦や乳製品のような食べ物を消化
するのが難しくなり、食べた直後にガス、膨満感が感じられたり、
おなかの脂肪、消化不良、胸焼け、ある特定の食物に対する不耐性、アレル
ギー等の症状となる場合があります。

 

…最善の予防策は「知らず知らずのうちに」をできるだけなくすこと。

健康とイキイキとした日々の暮らしは、自分の手で日々、地味に作り上げて
いくのが、結局は近道!

 

 

☆☆☆

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
9月のお買い得情報/特典プレゼントのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

◎◎◎まもなく終了!お急ぎ下さい。
特典/9月限定無料プレゼント:
※期間:9月30日まで※

『タイグルメ・ウーロン茶ティーパック
(ロイヤルプロジェクトブランド)』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェクト・
ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法のアヘン製
造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地帯の農家の人々を
支援するために始めたプロジェクト)の、タイ北部産ウーロン茶のティ
ーパック/3個入りミニセットです。

丁寧に手でひとつひとつ摘まれ、デリケートなプロセス過程を経て作ら
れた格別で上品な味をお楽しみ下さい。

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
⇒『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』は こちら

 

★オススメ&定番人気★

【肌のあらゆるトラブルに】
《ニーム葉オイル》シリーズ

◎◎◎「村の薬局」「肌の女王」として親しまれてきたニームは、
肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルで、トラブル知らずの肌と髪!

『オリジナル』
『ラベンダー入りヴァージョン』
『カモミール入りヴァージョン』

 

【美白】
《ベサン・ボディスクラブ》

インド伝統の肌に優しいナチュラル美肌スクラブ。
洗顔から全身、全身オイルマッサージ後の油落としなどに最適!

 

→→タイ在住の方向け「姉妹店@オリエンスハーバル

 

 

広告

乾燥しやすい秋に、、美肌美髪を保つコツ。

ただ今、秋の真っ只中。

(といっても、タイに住んでいる限りは、「クーラーつけておく
時間がやや短くなったかしら」ぐらいの感覚しかないのですが…)

秋は、アーユルヴェーダでいうところのヴァータの季節で、

キリっと冷たい乾燥した空気、風が強く吹く、不安定、といった質から、
肌や髪もその影響をもろに受けやすい時期。

ほっとくとどんどん乾燥が進み、小じわの原因になってしまったり、
肌や髪のつやがなくなってどんより鈍い見た目になったり、
乾燥してカサカサぱさぱさが進行してしまうのは、

自然のサイクルゆえにいたしかたないとはいえ、、

そのまま放置で体のヴァータが増大してしまうと、

唇、手、かかと、爪のひびわれ、
関節のポキポキ、光沢のない髪、フケぽろぽろ、便秘、冷たい手足から
甲状腺不均衡まで、

さまざまなヴァータ不調につながってしまうことがあるので、
この時期に限ってはそのままナチュラル放置はおすすめできません。

というわけで今回は、

秋でも肌や髪のつやつやしっとり状態をキープするためのヴァータ対策&
シンプルなコツなどをご紹介したいと思います。

***

■《似たものは似たものを増大させる》原理を使う

アーユルヴェーダの基本的な考え方のひとつに、「似たものは似たものを
増大させる」というものがあるのですが、

この原理を使って、肌寒い秋でも、暖かさや滋養たっぷりの栄養をキープ
してヴァータを埋め合せれば、肌や髪の乾燥を悪化させずに、潤いを保つ
ことができます。

というか、私たちはそれを本能的にすでに知っていて、
例えば夏は、冷たいサラダやメロン、キュウリなどをたっぷりと食べて
ピッタ悪化を事前に予防していたり、

10月や11月になったとたんに、温かいスープやシチューをすごく食べたく
なったりして、体はひとりでにバランスをとろうとするのが普通です。

秋に肌&髪をみずみずしく保つには、日々、次のようなポイントを意識して
みましょう。

★食事:

空気がヒンヤリと乾燥しているとき、体が最も喜ぶ食べ物は、
温かく湿った、栄養たっぷりの食べ物。

スープ、シチュー、鍋もの、軽く調理されたホカホカ野菜、ケチャリ、
お粥などは、理想的な食べ物です。

生のサラダよりも調理された野菜の方が、この時期は◎。
サラダを食べる時は、やや温めるか室温にもどしてから食べます。

また、ポップコーン、クラッカー、朝食用シリアル系などは、体を乾燥さ
せる食品類なので、できるだけ食べないようにした方がベター。

★温かいお湯またはハーブティーをたっぷりとすする:

この時期は、とにかくたっぷりの液体を飲むことが不可欠です。
ですが、体を乾燥させ、ヴァータを悪化させえるキンキンに冷えたもの、
氷水はさけましょう。

温かいお湯をすすることが難しいシチュエーションにいる場合は、
少なくとも室温の水を飲みましょう。

また、寒い月の紅茶とコーヒーは、魅力的ではありますが、カフェインは
基本的に利尿作用があるので、実際には体を脱水させます。
代わりに、新鮮なジンジャーとレモンを使ったスパイスティーを飲みましょ
う。

また、カモミール、フェンネル、レモングラスなどのハーブは、
秋にぴったりのハーブティーです。

★良質の脂肪分を食べる:

ヴァータ緩和のスーパーフードといえば、ナッツやシード類。
ナッツやシード類には、健康的な脂肪分がバランスよく含まれているので、
最適です。

クルミ、アーモンド、フラックスシード、ゴマ、カボチャの種、ひまわりの
種など、いろいろなヴァリエーションでとりましょう。

・ギーで内側から滋養する

ギーは、寒い天候の中で食べる脂肪分として優れたもののひとつです。
ギーに含まれる豊富な抗酸化物質、ビタミンA、E、D、および必須脂肪酸は、
肌に奇跡を起こします。

また、髪を素晴らしく柔らかくし、光沢を与えます。

ギーはまた、食べたものの吸収を改善し、結合組織と関節を潤滑にし、神経
系を強化し、記憶力改善、免疫機能を高める上でとても重要な食品です。

スープや米に、ギーを加えて食べましょう。とても風味豊かになります。

★全身オイルマッサージ:

オイルマッサージは、乾燥した肌を取り除く優れた方法です。
週1~2回は、全身にオイルをぬり、肌をディープに滋養しましょう。

秋のマッサージのためのおすすめオイルベース⇒
セサミオイル、オリーブオイル、スイートアーモンドオイルなど。

★髪の保湿:

秋のパサパサ乾燥髪は、よくありがちな状態です。
ハーブ・ヘアマスクで、滋養と潤いを与えましょう。

<レシピ1>
「おろしショウガ+セサミオイル」(1対2の割合)

<レシピ2>
「完熟アボカド1個+ヨーグルト大さじ3+オリーブオイル大さじ2」

⇒各材料を混ぜ合わせ、頭皮マッサージをして20分程度置いた後、
シャンプーで流します。

★ハーブコンディショナー:

1.ローズマリー

ローズマリーは、育毛のためのトップハーブのひとつです。
毎日のヘアケア日課に、ローズマリーを常用しましょう。

2.アムラ

伝統的にインド女性たちの髪を長くてボリューミーな「緑の黒髪」
にしてきた代表格ハーブ。

◎使い方例/ハーブティーを作り、日常的に洗髪やリンスに使う。

☆おすすめアイテム: 「新養髪(しんやしないかみ)」

 

***

…秋だろうが冬だろうが、肌と髪はいつもツヤツヤビューティフル。

 

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
9月のお買い得情報/特典プレゼントのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

◎◎◎特典/9月限定無料プレゼント:
※期間:9月1日~9月30日まで

『タイグルメ・ウーロン茶ティーパック
(ロイヤルプロジェクトブランド)』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェクト・
ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法のアヘン製
造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地帯の農家の人々を
支援するために始めたプロジェクト)の、タイ北部産ウーロン茶のティ
ーパック/3個入りミニセットです。

丁寧に手でひとつひとつ摘まれ、デリケートなプロセス過程を経て作ら
れた格別で上品な味をお楽しみ下さい。

★ただ今キャンペーン中★

⇒定期ヘナ染めで頭皮と髪のディープトリートメント。
ヘナ商品がお買い得!
ヘナ葉ハーブ」「ヘナ葉+インディゴ」「インディゴ100%

⇒「オーガニック・モリンガオイル

⇒「紐つきシャンプーバー/
黒艶しっとりアムラ石けんサラ艶ふんわりシカカイ石けん

…and a lot more!

 

★オススメ&定番人気★

オリエンスハーバル特製
《ニーム葉オイル》シリーズ

オリジナル
ラベンダー入りヴァージョン
カモミール入りヴァージョン

◎◎◎「村の薬局」「肌の女王」として親しまれてきたニームは、
肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルで、トラブル知らずの肌と髪!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』は こちら

 

8888888888888888888888

◆出店スケジュール@バンコク in 10月

☆場所: GATEWAY@EKAMAI (BTSエカマイ駅直結のショッピングモール)
時間/10:00-17:00
9/14(土)、15(日)
主催者:バンコクファーマーズマーケット

8888888888888888888888

 

→→タイ在住の方向け「姉妹店@オリエンスハーバル

 

口に入れるものを、、まじめに考えてしまう話。 ~添加物のプロがレクチャーする、知っておきたい食品業界事情~

つい先日、しばらく行っていなかった観光エリアのデパート内の
某フードコートに久しぶりに入り、、

混んでないカウンターを見計らって、

タイのもっちりライスヌードル炒め系を売っているカウンターの
おばちゃんにシーフード入りヴァージョンをオーダーすると、

おばちゃんはにっこりと笑い、
手馴れた素早い手さばきで材料の麺と野菜をパパパと皿に盛りはじめ
たので、

その様子を見ながら、毎日すごい量を作ってるんだろうなと
関心しながら手の動きを眺めていると。

材料をのせたその皿にさらに、調味料のひとつらしき砂糖を、
大さじ山盛り一杯(結構すごい量)を、ドバッ。

まるで当たり前のように使っているようなその素振りを見て、
一瞬目が点に…。(笑)

タイ料理は、甘辛酸っぱい味で有名ですが、

いたって普通の庶民メシのひとつ・炒めライスヌードル1食分に、
それだけ砂糖入れちゃってるんですかね??(恐)と、
やや引きつつも、

オーダーしたライスヌードルは強火でみるみる出来上がり、
目の前に出てくるではありませんか。

有無をいわさず入れられてしまった大量の砂糖入りヌードルを前に、
ボー然としながらも、

普段はほとんどといっていいほど口にすることがない砂糖なので、
ま、たまに甘いものもいーんじゃないの。ということで、

アツアツ出来立てライスヌードルを食べてみると。

…これがまた、入っている砂糖の量への先入観に反して、
すごくいい味でかなりおいしいのです。(驚)

確かにおいしいことはおいしいのですが、
作られる過程を目の当たりにした以上、ごくたまに食べる程度で
十分。体に毒なものって、たまに食べると妙においしかったりするのよね。。

そんな気持ちになった、ひとコマでした。

さて、そんな時。
まるでシンクロするかのように、、

日本の食品業界でまかりとおっている、問題アリアリな添加物事情を、
添加物のプロの方が赤々と暴露してくれるという、なんとも面白そうな
情報が、メールにするりと入ってきました。

さっそく中身を拝見させてもらうと、
これまた超貴重な情報を、赤裸々にレクチャーしてくれていました。

これまで、個人的に皮膚トラブルのご相談を受けることが少なくなか
った私ですが、

どうして日本人だけが子どもから大人まで、これほどまでに
皮膚トラブル(しかも皆似たような症状で、決まって「慢性的な痒みや赤み」
「炎症系」)に見舞われるのか、

ほぼ解説してくれているといっても過言ではないでしょう。

★その貴重なお話シリーズは こちら からどうぞ。

***
***

 

 

//////////////////////////////////★New!★美容・健康連載コラム@TRINITY

vol.86
■「免疫を高める食品選び」シリーズ・第4話

腸を癒す料理オイル、ギー(精製バターオイル)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

美容アイテムとしてのカモミール。

カモミールといえば、、

ストレス緩和&リラックスハーブとして、
夜寝る前にお休みドリンクとして飲むと、

心地よいZzzzに誘われるハーブ。というイメージが強いのでは
ないでしょうか。

こういう私も、インド時代の一時期、
よく眠れそうなハーブとして、ブラーミと一緒によく活用していました。

タイに来てからは、どちらかというと、

同じキク科の、似たような雰囲気と効果が飲んだときに感じられる、
菊花茶寄りになった感があります。

菊花茶は、タイの人たちに親しまれているハーブドリンクのひとつで、
近所のスーパーやらどこにでもわりと売っているので、

ナチュラルヘルスショップ系へ行かないと手に入らないカモミール、
もしくはスーパーでも手に入るものの、輸入物のティーパックヴァージョン
ばかり(上品すぎ&高価&しかも量少なすぎ!)は、

ハーブそのものをがっつりフンダンに使いたい私としては、
なかなか難しいものがあったのです。

しかし、タイの山岳地方産のカモミールがゲットできるようになった
ここ最近、、

再びマイカモミールブームは密かに発火中。。(ペースはノロノロですが)

というわけで、カモミールを美容に使う気満々な今日この頃なのですが、

今回はそんなカモミールのお話についてお伝えしたいと思います。

さて、このカモミールは、
何世紀もの間、エジプトやギリシャを含む様々な文化背景のヒーラーたち
によって、伝統医学で使われてきた、世界でも最も古く、かつ広範囲に
使われてきたハーブ。

黄金色でどこか味わい深く、フルーティーな風味のカモミールティーは、
ここ最近の研究で、長寿を促進するハーブティーとされ、
その人気はほぼ定着しつつあります。

飲んだ場合、女性特有のさまざまな原因から起こる死亡リスクが
カモミールを飲まない人たちよりも29%も減少するという報告があり、

特に65歳以上の「女性」にかなりメリットのあるのだそうです。

この研究報告では、なぜ特に女性に効くとしているのか、理由が明らかに
なっていないらしいのですが、一般的に女性の方がカモミールを好んで飲
むとされているからとされているからのよう。

確かに、男性で「カモミールティー、よく飲みます!」みたいな人、
あまりいなさそうですね。

飲むだけでも薬効高いこのカモミールですが、
肌や髪に、美容目的の外用として使う場合も、その美容効果はバッチリ。

では、肌や髪それぞれに、具体的にどんなうれしい効果が得られるのでし
ょうか。

★★★

■肌への美容効果:

*肌の傷を消毒して癒し、回復を早める。また、クレンジング作用、
保湿効果がある。(←ギリシャ人、エジプト人、ローマ人たちは、
傷を治療するための鎮痛剤として使っていました)

*肌の美白効果。優れた天然のスキンブリーチとして、肌のトーン
を明るくします。毛穴を引き締めながら保湿し、肌の斑点や傷跡
をぼかす効果があります。

*肌の刺激や湿疹を和らげる効果。

*抗炎症性、抗菌性、鎮痛性(鎮痛性)の特性と強力な抗酸化物質
がニキビの発生を防ぐ。

*肌老化の主な原因・フリーラジカルによるダメージから
肌を守り、みずみずしく保つ。

*敏感肌でも使える。

*日焼け止めになる。

*湿疹、乾癬のような炎症性皮膚疾患を軽減する。

 

■髪への美容効果:

*フケとかゆみを和らげる。

*キューティクルが艶やかになる。

*カモミールティーで一定の期間リンスすると、髪に黄金の光沢が
加わり、髪の色が明るいトーンになります。(特に金髪の場合は顕著)
また、ヘナに加えると、染まり上がりがやや黄色トーンに仕上がります。

*カモミールティーリンスは、髪を柔らかく保ち、髪が絡まりづらく
なります。

☆☆☆おすすめアイテム『ニーム葉+カモミールオイル

 

…嬉しい美容効果がたくさん得られる、古代からのお墨付きハーブ、
カモミール。

普段の美容日課に、ぜひご活用下さい。

*****

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
9月のお買い得情報/特典プレゼントのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

【What’s New!】

とびきり鮮やか、、
癒しのブルー色ハーブティーで、脳力&目ヂカラアップ! 
ピッタケアにも最適。

『乾燥バタフライピーフラワー100%』

◎バタフライピー(アンチャン)について

バタフライピーは古代から使われてきたハーブのひとつ。
アントシアニン(ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェ
ノールの一種で、青紫色の天然色素。古くから目の働きを高める効果や
眼精疲労を予防する効果があることで有名)が豊富なハーブとして、
視力改善、健康的な肌を促進、髪の滋養のために飲まれてきました。

インドのアーユルヴェーダでは「シャンカプシュピ」という名
で知られ、記憶力や脳の認知力を高めるハーブとして親しまれて
います。

 

◎◎◎特典/9月限定無料プレゼント:
※期間:9月1日~9月30日まで

『タイグルメ・ウーロン茶ティーパック
(ロイヤルプロジェクトブランド)』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェクト・
ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法のアヘン製
造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地帯の農家の人々を
支援するために始めたプロジェクト)の、タイ北部産ウーロン茶のティ
ーパック/3個入りミニセットです。

丁寧に手でひとつひとつ摘まれ、デリケートなプロセス過程を経て作ら
れた格別で上品な味をお楽しみ下さい。

★ただ今キャンペーン中★

⇒定期ヘナ染めで頭皮と髪のディープトリートメント。
ヘナ商品がお買い得!
ヘナ葉ハーブ」「ヘナ葉+インディゴ」「インディゴ100%

⇒「オーガニック・モリンガオイル

⇒「紐つきシャンプーバー/
黒艶しっとりアムラ石けんサラ艶ふんわりシカカイ石けん

…and a lot more!

 

★オススメ&定番人気★

オリエンスハーバル特製
《ニーム葉オイル》シリーズ

オリジナル
ラベンダー入りヴァージョン
カモミール入りヴァージョン

◎◎◎「村の薬局」「肌の女王」として親しまれてきたニームは、
肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルで、トラブル知らずの肌と髪!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』は こちら

 

8888888888888888888888

◆出店スケジュール@バンコク in 9月

☆場所: GATEWAY@EKAMAI (BTSエカマイ駅直結のショッピングモール)
時間/10:00-17:00
9/9(土)、10(日)
主催者:バンコクファーマーズマーケット

8888888888888888888888

 

→→タイ在住の方向け「姉妹店@オリエンスハーバル

 

化粧台からいらないものがどんどん消える、、 オイル美容術。

ここタイのバンコクは、、

相変わらず雨季のどんより曇り空。

いつも散歩コースにしている、家から散歩圏内にあるナイトマーケット
は、だいたい夕方5、6時頃から開くのですが、

夕方は一時的に土砂降ることが多いこの時期、
出店者のローカルタイ人たちは、さぞ大変だろうなーと

よく雨を眺めているのですが。
(というのも、私自身も毎月1回、他のマーケットで出店しているので、
雨が、ましては風も一緒に吹いてくるときのシチュエーションに
どこかシンパシーを覚えてしまうのでした)

それはさておき、
ここのところのマイブームは、「雑穀入りご飯」。

前回このブログで、植物タンパク質と動物性タンパク質について
書いた後、どれだけ食べてもいたって体によさげな植物性タンパク質を
食べることにすごく興味がわき、、

これまでは、タイのもち米に大麦を混ぜて食べるのがマイ定番だった
のですが、タンパク質が多く含まれていることで最近注目を浴びている
キノアや、アワ、キビ、といったものを米に混ぜて食べるようになり
ました。

こんな感じで、雑穀ライフをしていて気づいたのは、
雑穀を食べれば食べるほど、肉へ行かなくなるということ。

なんか、体がめっきり欲しがらなくなるのですね。動物性のものを。

これは一時的なものかもしれませんが、
現在様子見中。。

 

さて今回は、オイル美容のお話などをしてみたいと思いますが。
オイルを使ったナチュラル美容は、このブログでも何度もとりあげて
きました。

日々の美容日課として、寝る前に、いろいろなハーブオイルを日替わりで
顔、腕、手にたっぷりと塗り、靴下をはめてそのままZzzZZZ。を
ほぼ日課にしている私ですが、

やや時間に追われぎみの時などは、美肌キープと体に疲れを溜めない
ための基本「全身をたっぷりオイル漬け」をついつい怠けてしまうことが…。
気づくともう何週間もしていなかった、、なんて事もあります。

で、久しぶりに今日は、全身にたっぷりとハーブ入り米ぬかオイルを塗りこみ、
ベサンパック。

肌とオイルって、本当に相性がいーんだなぁ。とよく感じるのは、
こんな風に久しぶりに、全身にたっぷりとオイルを塗り、アーユルヴェーダ
風ナチュラルスキンケアをやった数時間後~翌朝。

ややくたびれがち&くすみがちだった肌が、ぐんぐん生気を取り戻して
再生していくのが、はっきりとわかります(驚)

…で。やはり美肌づくりには、ハーブオイルによる美肌バクテリアの餌付け
が欠かせないことを改めて再確認。。

オイルというと、どうしてもベタベタするというイメージから、
肌にオイルを使うのは苦手な人も少なくないと思いますが、

一見使い心地がいいローション&クリーム系とは、根本的に効果が違います。

今回はそのあたりのことをリビューしてみたいと思います。

 

■ローションや保湿クリーム類は、使い心地がグッド。
…問題は、効果が一時的にしか得られないこと。

市販の皮膚保湿剤のほとんどは、主に「水+増量剤+ごく少量の活性成分」
で出来上がっているのが一般的です。

肌が乾燥してひびが入り、またはシワシワな時、
こういった保湿剤を塗ると、肌組織はすぐにその保湿剤に含まれる水分を
みるみる吸収して膨れ上がり、潤います。

まるで縮んだ風船が蘇るがごとく、小じわやカサカサ乾いた肌は水分で満た
されるので、その瞬間は肌はみずみずしくてキレイに見えます。

ところがその後まもなく、、
水分が自然蒸発するか、血流の中へ吸収されて水分が消えてしまうと、
再び乾燥したカサカサ老化肌が、姿を現します。

また、保湿剤の成分として含まれる水分には、別の問題もあります。
それは、水は基本的に腐るので、増量剤として水分が含まれている製品に
は、必ず防腐剤が入っていることです。(そうでなければ、その製品は
時間が経てば異臭を放つかカビカビになります)

そして、その防腐剤は。
成分を知ったなら、できることなら自分の肌にはつけたくないと思うような
成分でしょう。

残念ながら、これが、市場で出回る大部分のスキンケア製品に適用され
ていることです。

■オイル美容で保湿剤いらず。ふっくら美肌の作り方

さて、ハーブオイルを使ったアーユルヴェーダ美容では、
一時的な保湿剤に頼らなくても、肌を深い層から滋養し、ふっくら美肌
を養うことができます。

ベストな美肌をキープするために、できれば週2回はやっておきたいテク
です。

《肌の解毒+角質除去+水分補給+ディープ滋養がいっぺんにできる、
アーユルヴェーダ美肌テク》

1.まずはじめに、熱いシャワーを浴びはじめましょう。
そしてシャワーを流しながら、肌にハーブオイルを塗りこみ、肌深く
オイルが浸透するようによく擦りつけます。
(あるいは、はじめに肌全体にオイルを塗ってしまい、その後シャワー
を浴びながら、オイルとシャワーのお湯を肌表面上で混ぜて乳化させるよ
うな感じにします)

2.その後、熱いお風呂に入るかサウナに入り、5~15分間汗をかきます。
(バスタブもサウナもないときは、熱いシャワーを長めに浴びます)
こうすることで、オイルが皮膚のより深い層へ入り、不純物を浮き上が
らせることができるようになります。

3.ここで一旦、お風呂、またはシャワー、サウナから出ます。
乾いたタオルで強くこすりながら、肌についたオイル分をすべてふき取り
ます。
これは、強い角質除去になり、オイルだけでなく肌表面にある乾燥した層
も一緒に除去します。この時、肌は刺激されて色が赤くなります。

4.次に、再びお風呂へ戻ります。
シャワーを浴びながら、再び体全体の肌に、オイルのごく薄い膜ができる
ように、少量のオイルを伸ばします。

5.お風呂から上がり、タオルで体全体を拭きます。
この後、保湿剤をつける必要はありません。

…これで、肌を解毒、角質除去、水分補給をいっぺんにやり、肌に深い
潤いを与えたことになります。

さらに、美肌の素となるバクテリアが肌を保護し、保湿のための脂肪酸を
皮膚が自ら生産するための理想的な環境ができあがりました。

こんな風に、ナチュラル美容を取り入れれれば取り入れるほど、
バスルームや化粧台に所狭しと並んだ数々のアイテムは、
使う必要を感じなくなって激減すること、うけあいです。

 

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
おすすめアイテムのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

人気商品
《オリエンスハーバル特製・ニーム葉オイルシリーズ》

New!
ニーム葉+カモミールオイル 75ml
姉妹品:
ニーム葉オイル 75ml(オリジナル)
ラベンダー入りヴァージョン

◎◎◎ニームオイルから得られる美肌&美髪効果

ニームは、肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルは、トラブル知らずの肌と髪を養い
ます。

「肌への効果」

湿疹、乾癬、ニキビ、すり傷・切り傷、乾燥による肌のかゆみ、
肌の赤みや炎症の緩和。
肌の保湿・老化防止、肌の弾力向上、シミ・シワ予防&治癒、
毛穴引き締め、保湿、不純物除去、殺菌消毒効果、色素沈着の除去、
肌の透明感を高める、など。

「髪&頭皮への効果」

フケ予防&治癒、頭皮のpH値改善、頭皮の痒み緩和、毛根強化、
育毛促進、縮れ毛を扱いやすくする、髪に滑らかなさと光沢を与える、
枝毛予防、キューティクルの修復、など。

【What’s New!】

《シカカイ&カフィアライム・シャンプーバー》
伝統美髪ハーブがたっぷり入ったハーブシャンプーバー。

《ブラーミ+ホリーバジルのヘアトニックオイル(フォーミュラ2)》
脳強壮/元気回復&育毛ハーブ「ブラーミ」と、ハーブの女王「ホリーバジル」
の薬効をあますところなく詰め込んだ、ハーブトニックオイル、フォーミュラ2!

 

◎◎◎特典/8月限定無料プレゼント:
※<期間限定>8月31日まで/まもなく終了!お急ぎください。

『タイグルメ・ホームメイド桃ジャム』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェク
ト・ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法
のアヘン製造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地
帯の農家の人々を支援するために始めたプロジェクト)の、上品
な味わいのフルーツ果肉ジャム。

⇒⇒無料サンプル/ハーブシャンプー3点セット、プレゼント中!

→タイ在住の方向けショップは こちら へどうぞ。