夏にぴったり。冷凍レモンダイエット(ついでに免疫強化&がん予防)

身近にありすぎて、、

ほとんど忘れているもの。または当然すぎて、さほど注意を払う
ことがなかったものが、ダイエットにすごく効果的で、しかも
あらゆるがんを予防してくれるものだった…。

そんな野菜やフルーツは、
実は知らないだけで、結構身近にゴロゴロあったりするものです。

そんな中でも、ダントツ1位にあげたいのが、レモン。
(タイにいる方はマナオで代用できます)

ここタイは、整形外科やスパが充実しているため、
痩せたかったら手っ取り早く脂肪吸引なんて手もありですが、、

実は、「ジリキやせ」でない場合というのはどうしても、
その時だけよくても、すぐにもどってしまう確率がマックス。

やはりポイントは、メンテできるかどうかにかかっているでしょう。

無理なく自然にコツコツ、スムーズにやせたかったら、
レモンを活用すべし!ということで、

今回はこの「レモンやせ」と、ついでに得られるアメージングな薬効
をご紹介したいと思います。

 

☆☆☆

■レモンの薬効
~冷凍して皮ごと使うのがポイント!~

レモン類は、私たちが食べることができる最もアルカリ性の果物です。

実際には、レモンは酸性の質がありますが、体の中に入ると、アルカリ
性に変わり、体を浄化します。

レモンにはビタミンCやミネラルがたっぷりと含まれ、数え切れないほど
の健康効果があり、その独特の風味や香りは、さまざまな料理やお菓子
に使われています。

レモンは通常、レモンの果汁部分に濃縮されているビタミンC目当てで
使われることが多いですが、最新の研究では、多大な栄養素を含むレモン
の皮の薬効の効果に、大きな注目が集まっています。

レモンの皮には実際、レモン汁そのものよりも5~10倍のビタミン類
が含まれていることが研究で示されています。

レモン汁自体にも、すばらしい解毒効果があり、実際に伝統的に使われて
きましたが、汁だけを絞った時点で、高い治癒力が潜在的に含まれている
部分が失われてしまいます。

このため、そのまま冷凍して、皮ごと使ってしまおうというわけです。

レモンの皮は、特に免疫強化によく、コレステロールを調整したり、
がんを予防したり、感染を治癒したり、寄生虫を殺すことが報告されて
います。

 

★消化関連のプロセスをぐぐんとバックアップ

→胃の中のカファ過剰状態(胃が重い、消化不良、胃の分泌液過
多、吐き気など)、消化不良や吸収不良からできあがった毒素をクレンジ
ングする働きがあります。

→ヴァータ、ピッタ、カファの不均衡から生じる腹痛に有効です。

→胃酸過多、げっぷ、ガス、胸焼けを解放します。

→肝臓の胆汁形成を助けるので、消化プロセスがスムーズになります。

★便秘解消

レモン水を朝おきがけの胃が空の状態に飲むと、腸を効果的にクレンジン
グできるので、便秘に有効です。

★減量

肥満は、カファドーシャに関連しています。レモンはカファを減少させる
効果があるため、体を痩せやすくします。

★血液浄化作用が、お肌のトラブルを解消

レモンは、古代から使われてきた自然の血液浄化剤です。
その効果はとてもアクティブなので、血液中の毒素が原因となって起こる
湿疹、ニキビ、シミ、シワなど、肌のトラブルに効果的です。

★疲れをとってリフレッシュ

レモンは、疲れを追い払います。慌しいスケジュールをこなした後は、
レモン入りのドリンクが最適です。

★歯茎の出血や痛みに

レモンは、歯茎の病気治療にも使われる、重要なアーユルヴェーダ食品です。
歯痛の時は、レモンの汁をその部分につけると、痛みから解放されるとの
こと(かなり沁みそうですが…)
また、喫煙やアルコール摂取後に、レモン水をマウスウォッシュのように使
うと、口臭予防にもなります。

■レモンとがん

このように、さまざまな薬効があるレモン。

特にレモンの皮は、体内に潜む有害廃棄物を壊し、毒素を除去する大きな可
能性を秘めたものとして注目され、レモンががん患者の治療によく使われる
主な理由とされています。

研究者たちは、レモンが異常な癌細胞を破壊するかどうかを疑問視し、1970
年以来、20以上の研究の後、冷凍レモンの抽出物が、12種類の癌(結腸、
乳房、前立腺、肺、膵臓など)の悪性細胞を破壊したとし、今では多くの研
究がこの可能性を確認しているとのことです。

 

★★冷凍レモンの作り方&使い方★★

1.まず、レモンをリンゴ酢または重曹でよく洗ってから、表面をキッチン
ペーパーなどで水分をふきとります。(→私はシカカイで洗ってます)

2.一晩冷凍します。

3.冷凍したレモンは、そのまま、おろし器をつかって皮ごとおろして使い
ます。

この冷凍レモンは、料理、スープ、サラダ、スムージー、ドリンク、紅茶、
デザート、お菓子などなど、なんにでも入れてOKです。

個人的におすすめなのは、冷凍する前にある程度カットしておいて
(レモンなら3~4等分に、マナオなら半分にします)、種を抜いた状態で
冷凍保存すること。

こうしておくと、一回ごとに使う分だけ取り出せるので、便利です。

また、マナオを使う場合は、一度に使う量は1/2個で十分な感じです。
(なんといっても皮が含まれているので、味的に結構エグ苦い感じになるので)

***

…レモンでやせるもよし、免疫強化で病気予防もよし。

特に今のような、暑い夏の時期(→タイなら一年中ほぼ夏みたいなものなので、
いつでもOK)には、冷たいものが食べたくなるので、冷凍レモンを使った
ホームメイドシャーベットやアイスクリームを、たっぷりと召し上がれ!

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
お買い得情報のご案内です。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

◎◎◎定番/人気アイテム

■夏のファンデはやっぱりコレ!
《タナカ・ファンデーション(ナチュラルカラー)/7g》
オイルフリー、化学日焼け止め剤フリー、パラベンフリーの無香料タイプ。 敏感肌にも最適な、超マイルドタイプのファンデーション。

 

■あらゆる皮膚トラブルは、ニームにおまかせ。

《ニーム葉オイル》
《ニーム葉+ラベンダーオイル》

「美肌の女王」ハーブ、ニーム。
お肌のくすみ、黒ずみ、乾燥肌、ニキビ、湿疹、アトピー&乾癬など
の皮膚トラブル全般、頭皮の痒みやフケにも最適!

 

◎◎◎ただ今キャンペーン中!
※期間:6/26~7/10まで※

・『新養髪(しんやしないかみ)』(ハーブ100%ナチュラル洗髪粉)
期間限定、2割引!

頭皮と髪の悩みは、これで解決!
リンス&コンディショナー不要のオールインワン・ナチュラルハーブ
洗髪粉で、どんな髪タイプもサラつやに仕上げ!

・『オーガニックニーム・ボディ&シャンプーバー』
1個の値段で2個ゲット!

 

◎◎◎特典/無料プレゼント:※7月15日まで※

『ベルガモット・ヘアローション』

タイでおなじみ&定番の、頭皮・髪強壮の伝統ヘアケアハーブ
「こぶみかん」入りヘアローション。
カフィアライムピール(こぶみかんの皮)のナチュラルエッセ
ンスと、他の頭皮と髪に有益なハーブが、頭皮を滋養し毛根を
強化。特にフケ、頭皮のかゆみ、抜け毛予防に最適!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
⇒『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』はこちら

 

 

 

 

タナカを使った『垢すり美白』テク。 ~夏用美肌は夜仕込む~

ここのところ、塩だけのバスタイムが続いていたので、、
角質がほどよく溜まっていて、ちょうど垢すり時かしら。ということで、

昨晩は、ミャンマー伝統の美肌木屑ハーブ、タナカをふんだんに使い、
すっきりさっぱり、全身角質除去をしました。

全身角質とり(つまり垢すり)をやった後の翌日というのは、
とても爽快です。

知らないうちに毎日少しずつ肌の表面に溜まっていく角質をプリっと
剥くと、肌表面だけでなく、心の垢もついでにとれるような感覚があり
ますね。(このすっきり感が微妙にやみつきに…)

さて、垢すりといえば、もうだいぶ以前、インド暮らしを始める前の
話になるのですが、

当時、100円ショップで韓国垢すり風の布を見つけたので、なんとなく
買ってためしてみたことがありました。

手に布をはめ、体をこまめに垢すりした後は、「すごい!こんなに肌
は滑らかつるつるになるんだ!」と感動したものですが、

しかし。

布を使った自力垢すりはなんというか、、

地味だし面倒くさいし、時間がかかるので、結局長続きせず終いになり、
美肌キープ日課としては、あんまり理想的な方法ではないというか、

布を使った場合、妙に「すり残し部分」が気になったものでした。

これは目ではっきりと確認できるわけではないので、これがまたメンド
クサイというか。。

その点、タナカで垢すりする場合は、顔を含めた、体のありとあらゆる
部分、例えば足の指だったり、指と指の隙間だったり、肘やくるぶしな
ど、カーブのある部位でも、布では到達できない細かい部分の角質除去
が簡単すっきりラクラク出来てしまい、布みたいに「こすらねば」みた
いな余力もいらないので、とても効率的です。

特に夏場は、汗をたっぷりかきやすい時期でもあり、肌の表面に汚れや
角質が溜まりやすい時期なので、

週1~二週間に1度ぐらいは、肌のくすみや黒ずみとは無縁のクリアな
肌をキープするためにも、ぜひやっておきたい美容日課です。
(これ以上やりすぎると逆に肌をいためてしまうことがあるので、
やりすぎにご注意!)

そして、角質除去後の肌には、美肌の素となる美肌バクテリアの餌付け、
つまりオイルをたっぷりと肌にぬりこんで寝るのがポイントです。

寝ている間の6~8時間は、外部の美肌妨害物(太陽光線、空気汚染、
化学物質など)に肌をさらすことなしに、じっくりと肌の滋養がスムー
ズにできる貴重で最適な時間帯。

なので、この美肌仕込みに最適な時間を、最大限に利用しましょう。

***

■タナカ垢すり(全身)のやり方:
※やる時間帯は、夜寝る前がおすすめです。

『用意するもの』
タナカ 100g
・好きなエッセンシャルオイル 数滴(オプションなのでなくてもOKです)

《やり方》
タナカと水を混ぜ合わせ、揚げる前の天ぷらの衣のような固さのペースト
を作っておきます。※1時間以上前にペーストを作って寝かせておくと
さらに◎。

体を一旦お湯で湿らた後、ペーストを少しずつ、体中にまんべんなく塗って
いきます。
 ↓
ペーストが肌についた状態で、あまり力をいれずに、なでるような感じで、
手と指を使ってゆっくりとスクラブしていきます。
とくに普段あまり触ることがない部分、くぼんだ部分(膝のうら、足指の間、
くるぶし付近、足の付け根、胸の下の部分など)は、こまめにやりましょう。
 ↓
全身をまんべんなくスクラブした後、よく流します。
 ↓
寝る前に、米ぬかオイル(おすすめはこちら)や、日頃使っている美容オイルをたっぷり
肌に塗りこみ、そのままZZZZzzzzz。で完了。

 

…翌朝、起きて鏡をのぞきこむのが楽しくなることうけあいです。

この夏は、タナカ仕込の美肌で差をつけましょう。

 

★【本日から4日のみ!】

夏前限定・徳用タナカ(1kg入り/全身垢すり美白・たっぷり10回分)
キャンペーン中!

6/27~6/30まで

⇒この機会にぜひ、ミャンマー伝統ハーブ・タナカの美肌ヂカラをご堪能下さい。

 

 

 

肌若返りの特効薬? ロバン(乳香・フランキンセンス)の魅力。

先日、ロバンクリームを作ってからというもの

なんだかこのクリーム、、
もしかしたらかなりヤバいかもしれないと(いい意味で)、使いながら
密かに思っていたのですが。

ちょうど数日後、月1ペースで定期的に出店しているバンコクファー
マーズマーケットがあったので、商いをしていると、

ちょうど同じ日に近場でオーガニックマーケットを開催していた常連の
お客さんが現れ、

いろいろ情報交換をしているとき、ふとそのお客さんがポツリ。

「…あら? なんだか今日、今まで見た中で一番肌がきれいに見える
けど、どうしたの? 何使ったの?」

このお客さんとは、これまでにもうかれこれ10回以上は
会っているのですが、
肌がきれいといわれたのは、実ははじめてのこと。

「これまであなたの肌をずっと観察してきたけど、、(←ある意味怖い 笑)
今日が一番、シミが薄くて肌がいい調子じゃない。何使っているの?」

肌や髪にはいつもなにかしらしてるのですが、
「ここ最近してること」に的を絞ったときに思い当たりがあることといえば、

ここ数ヶ月はすっかり韓国製&タイ製のアロエジェルを使いまくっていた
ことと、

そしてほんの数日前から使い始めた、自作ロバンクリーム。

自分の感覚としては、「このクリームやばいかも」と思いつつも、
以前よりも格段に肌の調子がすこぶるよくなったという感覚は特になかったので、

自分が感じている肌の感じと、人から見た感じには、違いがあるのかも。
と思いながら、

人からこういった反応が返ってくると、やはり刺激される「知識欲」。

というわけで、ロバンが肌にもたらす効能を改めてまじめに知りたくなり、
その調査結果をまとめてみました。

今回はその報告です。

…ロバンは、かなりヤバいブツでした。(もちろんいい意味で)

 

☆☆☆

ロバンは、別名フランキンセンス。
ボスウェリア、インド・オリバヌム、梵語ではサライググル、シャラキ、
などと呼ばれ、和名は「乳香」です。(参照:乳香@ウィキ

ロバンは、インド、イエメン、ソマリア、サウジアラビア、エチオピア
などで育つ低木で、何千年もの間、健康や美容目的のための治療薬とし
て使われてきた樹脂。
宗教的な儀式においても長年に渡って用いられてきました。

また、ロバンを粉にしたものは、オイルや香にするために使われ、
その独特な香りは、オリエンタルの香水にとっては欠かせない、重要な
原料となっています。

■もともとは、膝の関節炎治療に幅広く使われてきた薬

ロバンは、主に骨関節炎や筋肉痛、関節リュウマチの治療に使用される
有名なハーブで、痛みを緩和し、関節の柔軟性を向上させる現代の鎮痛
ハーブ薬です。

ロバンから作られたオイルは、アロマテラピーではフランキンセンスオ
イルとして知られています。

フランキンセンスオイルを、手の平に数滴つけてやさしくこすりつけた
後、匂いを吸い込むと、マインドの明晰さと集中力を高めます。

また、アーユルヴェーダ教典のチャラカによれば、ロバンは薬用ハーブ
タバコにも材料のひとつとして使われてきました。

ユナニ医学(中国の漢方、アーユルヴェーダとともに、世界三台伝統医
学のひとつとされる医学で、インドやパキスタンのイスラム文化圏で行
われている伝統医学)によれば、ロバンには5つのタイプがあります。

■肌、髪へのメリット

古代において、ロバンは、肌のシワを減らしオイリー肌の見た目をよく
する成分として使われてきた原料で、透き通った滑らかな、より若々し
い見た目の肌を作ります。ロバンは肌にとって効果的な収斂剤として
働くので、結果的にニキビ、手術後の後、ストレッチマークなどの皮膚
の傷跡を減らし、肌の自然な美しさを引き出します。

アーユルヴェーダ的にいえば、ロバンには、加熱と冷却の相反する両方
の二重エネルギーがあります。

肌に艶を出し、キメの整った美しい肌を作るための自然療法的な美肌テ
クニックのひとつに、

「入浴時、熱めのお湯と冷たい水の両方を、交互に体にあびる」という
ものがあるのですが、(実際にやったことがありますが、かなりグッド
です)

ロバンはまさに、どうやら。
この二重エネルギーが、温冷交互風呂と同じような効果を肌にもたらす
ようです。

熱する効果は、血液循環をサポートし、一方で冷却効果が肌の炎症をな
だめます。

そして髪に使った場合も、肌と同じような艶出し滑らか効果が期待でき
ます。ロバンはまた、毛根を強くし、抜け毛を止めることでも知られて
います。

…まさに、肌と髪への救世主ハーブですね。

■老化酵素を抑制する

私たちは、年齢を重ねるにつれ、、
体の中にある酵素のひとつ「5-リポキシゲナーゼ」なるものが、
潜在的に過剰レベルへと到達し、老化に関連するたくさんの健康問題が
生じるといわれています。

そして、これゆえに、健康的に年をとるためには、血液中のこの酵素の
レベルがコントロールされる必要があります。

グッドニュースは、ロバンはこの老化酵素「5-リポキシゲナーゼ」を抑
制することです。

これが、ロバンが何世紀にもわたり、関節、筋肉、腸の健康をサポート
するために使われてきたゆえんです。

また、婦人科および生殖器の分野でも、このハーブの長所が長年にわた
って観察されています。

・アメリカ式食事にご注意!

またこの酵素は、心臓病、癌、関節炎、慢性呼吸器疾患、アルツハイマ
ー病、糖尿病、インフルエンザ、肺炎および腎臓疾患において、体内の
炎症への応答を担う重要な役割を果たしていると報告されています。

赤肉、家禽系、卵、乳製品などの食品と一緒に、高血糖炭水化物を食べる。
このような典型的なアメリカ式食事には、体内のアラキドン酸(植物に
はほとんど含まれていない不飽和脂肪酸のひとつ)に変換されるオメガ6
脂肪酸が高く含まれているとのことです。

専門家によれば、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の最適比は4:1。

ところが、典型的&標準的なアメリカ式の食事では、
なんとオメガ6脂肪酸の割合が、オメガ3脂肪酸よりも25倍も高くなるの
です。

さて、私たちの体は、ある特定の、適量であれば、アラキドン酸は体に
とって必須であり、非常に有益でもあります。

ただ、量を間違えると…。

私たちの体は、高レベルのアラキドン酸への反応として、老化酵素「5-
リポキシゲナーゼ」を生産するようになります。

問題なのは、アラキドン酸を生産する食品を過剰に食べてしまうこと。

そして、研究報告によれば、ロバンは、この老化酵素に対する阻害特性
を示したとのことです。

■ロバンを食べる象のはなし

ロバンは梵語で「Gajabhakshya」(象に食べられることを楽しんだ)と
いう名前がつけられているとのこと。

初期アーユルヴェーダ医の中には、象の長寿と驚異的な強さは、ロバン
の大量摂取と相関していると考える医者もいたそうです。

■他、アーユルヴェーダにおけるロバンの特性

ロバンは、正常で快適な月経を調節するための薬として、あるいは
子宮内のうっ血を取り除くために、また生殖器官の循環を促進するため
の媚薬のようにも使われてきたようです。
つまり、女性の味方の典型ハーブというわけです。

ロバンはまた、サットヴァ質(純粋性、浄化)で、微妙な神経経路の
不純物を燃やし、神経系だけでなくマインドを浄化する効果もあると
いわれています。

 

…とまあこんな感じで、アメージングな薬効がたっぷりのロバン。
特に日常的な美容アイテムとしては、ぜひ活用したい最高のハーブの
ひとつといえましょう。

 

***

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

☆オリエンスハーバルから、
お買い得情報のお知らせ☆

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

 

★【特典プレゼント】: ヘナチョコ
《6/9(金)~6/25(日)まで》

6月、第二回目の特典プレゼントは、『ヘナ+シェアバター』の
ディープトリートメントバー・3個セット。

お鍋に水を入れて、カレールーのように溶かして使う、
NEWタイプのヘアトリートメントです。

 

★【ただいまキャンペーン中】ヘナ・アイテムがお買い得!

《レギュラーヘナ染めに最適》
ヘナ葉ハーブ(コーヒー&トリファラ)
インディゴパウダー
黒美髪(くろびかみ/インディゴ入りヘナ)

黒美髪(くろびかみ)ヘアダイオイル《フォーミュラ1/サラっとタイプ》
黒美髪(くろびかみ)ヘアダイオイル《フォーミュラ2/濃厚タイプ》

 

*****

■【ハーブシャンプー・無料サンプル3点セット】

★内容:

新養髪(しんやしないかみ)5g
黒艶しっとりアムラ石けん 5g
サラ艶ふんわりシカカイ石けん 5g

⇒サンプル希望の方は こちら をご覧下さい

 

 

 

普段使っているヘアケア商品は、脳に浸透する? ~オイルヘッドマッサージで脳のデトックス~

さて、、今日は一日、

一日3食、ケチャリ(インド風・解毒ご飯)もどきのご飯のみを
食べるという、体と胃腸の解毒日でした。

お酒を飲む人がいうところの、「休肝日」のようなものでしょうか。

なぜ解毒日にしたかというと、昨日はコーラとハンバーガー、
おやつにエッグタルトという外メシ超ジャンクなものばかり食べた
ので(たまに食べるジャンクフードって、最高においしいですね)、

そのバランスをとるためのデトックスデーにしてみたわけです。

先日ふと、体に力が出ない時があり、
体にパワーを注ぎ込むために手っ取り早く効きそうなのはやっぱり
インドご飯でしょ、ということで、

久しぶりにチャパティや本格インドカレーをこしらえてみようかと、
インド食材店でインド産の食材を手に入れていたところだったので、

インド輸入物のマサラ系はバッチリ家にあり。

その時は、チャパティはすごく手間と時間とガスをたっぷり使うの
で却下し(怠)、

カレーだけをパパパとつくり、タイのジャスミンライスで食べたので
すが、

…やはり、ターメリック、クミン、コリアンダー、シナモン、
といったインドカレーお決まりのマサラ類(しかもインド産)は、
体に効く感じです。

もちろんタイ産スパイスで作ったこともこれまで何度もあるのですが、

インド産のマサラは、何かが違う。。

体にすごくパワフルに働きかけるように思えます。

というわけで今日も、これらのインド産マサラを使って、ケチャリも
どきのデトックスクレンジングご飯を作りました。

このご飯、

ターメリック、クミン、シナモン、コリアンダー、黒コショウ、
ニンニク、玉ねぎ、チリ一本をやや多めのギーで炒めた後、、

一晩水に浸しておいた玄米+大麦に加えて炊き込み、

さらにネギ納豆、自家製の漬物(米こうじみそで漬け込んだ野菜)と
いう、「酵素系」を一緒に組み合わせて食べてみたのですが、

なんとなく組み合わせてみたこの組み合わせが、思いの他すこぶるよく、

一日三回たっぷり食べて、空腹感を感じないのに、
お通じが通常ではありえないほどバッチリで、お腹がいつになくぺった
んこです。

ほぼ炭水化物だというのに、、ミラクルなご飯。
やはりスパイス系、酵素ヂカラなのでしょうか。

とまあ、解毒ご飯の話はこのくらいにし、、

今日は、ヘッドマッサージのお話をするんでした。

セサミオイルを使ったヘッドマッサージは、私たちが知らず知らずのうち
に溜めてしまっている頭皮や脳の毒素(ヘアカラー、化学ヘアケア製品など)
のデトックスに最適な方法です。

セサミオイルなどを使ったヘッドマッサージのメリットは、これまでも何度か
お伝えしていますが、今回は改めてその効果&メリットを復習してみたいと
思います。

***

アーユルヴェーダによれば、私たちの頭蓋骨には、13の静脈があり、
脳の排水が行われています。

これらの静脈は、脳の老廃物を、頭皮にある静脈へ運び込むかまたは、
循環している血管の中へもどすか、または潜在的に、栄養素や危険な毒素、
感染を、頭蓋骨の外側から脳への運搬します。

これらの静脈はつまり、脳から出るゴミや廃棄物、毒素を排水しています。

最近になって発見されたことは、こうした廃棄物は、頸静脈の重大な接合
部である首の血管系の中へ排出されるということです。

さて、ある研究では、頭皮を穏やかにマッサージするたびに、頭蓋骨の内
側を流れる血液の流れを高め、劇的な変化を引き出すことが報告されてい
ます。

アーユルヴェーダには、頭皮の血液循環を高めるための治療法が数多く
存在し、そのひとつが、シロアビヤンガと呼ばれるディープで精力的な
ヘッドマッサージです。これは伝統的に、日課のひとつとして提案されて
います。

頭部のツボを押しながらするヘッドマッサージは、まさに脳のデトックス
です。

***

■口から投与しても頭に塗っても同じ効果が出た、メタドン実験

この研究のことは確か以前もこのブログでご紹介したことがあると思うの
ですが。
たぶん忘れている人OR記憶にない人がほとんどだと思うで、もう一度ご紹
介したいと思います。

ヘロイン中毒者の治療に使われるという薬・メタドンを使った実験の話です。

ある研究者が、メタドンとアーユルヴェーダのマッサージオイル(セサミ
オイルベース)を組み合わせ、患者の頭皮をマッサージしました。

これは、オイルの中に入ったメタドンが、マッサージを通じてどれだけ脳
化学の中へ入り込むかを調べた実験です。

メタドンというのは通常、ヘロイン中毒者に経口投与される薬。
なんとこれが、頭皮マッサージを通じて、経口投与した時と同じレベルの
メタドンが脳内から測定できたという結果となりました。

アーユルヴェーダのハーブオイルの特徴は、伝統的に、ごま油とある特定
のハーブを長時間煮詰めて、ハーブの薬効をそのままオイルの中に入れ込む
方法です。

こうして作られたオイルは、一緒に入れられたハーブを、皮膚の表面から
体の中へ運搬する媒体になります。

同様に、この実験で使われたメタドン入りごま油は、見事に患者の脳内へ
と運び込んだというわけです。

この研究では、アーユルヴェーダが提案するヘッドマッサージを毎日やり、
頭のツボを刺激することは、脳のゴミ排水、リンパ排水を高めることを助
けることを示しつつ、一方、化学ヘアカラー、化学シャンプーや化学コン
ディショナーもまた、静脈へ入り込み、脳へ危険な毒素を運搬することも
示しています。

頭に塗った物はわずか2時間で、脳の中へ入りこむといわれています。
頭に使うものは、シャンプーであれなんであれ、出来る限り純粋な製品を
使うのにこしたことはないのは、このためなのです。

というわけで、定期的&こまめに脳のゴミ排水して脳をクリーンに保ち、
脳に負担をかけないようにしましょう。

★参考動画:頭皮マッサージのやりかた&ツボ
(こんな感じでやってみるとグッドです)

☆おすすめ頭皮マッサージオイル:

シカカイ+カフィアライムのヘアトニックオイル
トゥルシ入りインドのごま油 
ブラーミオイル

 

//////////////////////////

★★オリエンスハーバルから、
お買い得情報のお知らせ★★

//////////////////////////

《あと残り2日で終了!》

■【今週の特典プレゼント】
(※6/1(木)~6/8(木)までの完全期間限定※)
Gift of the week

『タイハーブヘアジェル』

タイの伝統美髪ハーブ、バタフライピー、アロエヴェラ、モリンガ
がたっぷり入ったヘアジェル。頭皮と髪のディープな滋養ジェル、
ウェットなルックを演出する整髪剤に最適!

■6/1(木)~6/8(木)までの完全期間限定!
《1個買うと1個無料!ただ今キャンペーン中》

対象商品:

リコライス美白泥(顔~全身用)
タイ山岳ハーブのアロマテラピー歯磨き粉
タナカ粉末100%
アムラ実粉末100%
ニーム葉粉末100%

⇒【Buy1Get1Free】対象商品@タイ姉妹店(タイ在住の方向けオンラインショップ)

☆リコライス美白泥フェイス&ボディパック

新養髪(しんやしないかみ)/ハーブ100%洗髪粉

 

★★好評発売中!

『ニーム葉+ラベンダーオイル』

アトピーやあらゆる皮膚疾患トラブルに効く、
万能&ヒーリング美肌オイル《ニーム葉オイル》の、
ラベンダー入りヴァージョン。

【【【 洗髪アイテム・お試しサンプル 】】】

【無料サンプル】『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』はこちら

 

8888888888888888888888

◆出店スケジュール@バンコク in 6月

☆場所: GATEWAY@EKAMAI (BTSエカマイ駅直結のショッピングモール)
時間/10:00-17:00
6/10(土)、11(日)
主催者:バンコクファーマーズマーケット

8888888888888888888888

 

肌を1トーン明るくする、、「オイル+ベサン」美白テクニック。 ~露出の多い夏に向けて、肌準備~

さて、日本はこれから夏が始まり、
肌の露出が多くなる季節に入りますが、、

タイはほぼ一年中、夏感覚。

うっかり日焼け対策を怠ると、肌はみるみる黒くなります。

ちょっとぐらい黒くなっても、暑い季節&暑い国らしくていいと
思うのですが、

アジア人の白い肌への執着というのは、並々ならぬものがある
ますね。

ここタイでよく見かける韓国ガールたちは、
みんな揃いもそろって肌が色白ですし、
(スネイル系美白クリームのなせるわざ?)

タイのキャンペーンガールズの肌の異様な白さ(人工?)も、
際立ってます。

逆に、アジアの国以外の人たちは、白い肌というのにさほど、
あるいは全然こだわっている様子は感じられず、

逆に「いやいや、私は肌を黒くしたいのよ」といわれることもし
ばしば。

とまあ、どんな肌の色を美しいと感じるかは、さまざまなのですが、

やはりアジア人は「白い肌が美しい」という感覚が強め。

というわけで、今回は、
ほぼやり尽くした感のある、いくつかのナチュラル美白テクのなか
から、最近やってみてかなりヒットだったやり方をご紹介したいと
思います。

うっかり日焼けしてクロンボになってしまったときや、
集中美白したいときなどにもおすすめです。

☆☆☆

■『熱めシャワー+米ぬかオイル+ベサン』 
⇒ 肌の明るさが1トーンアップ!

◎必要なもの:

・米ぬかオイル 60ml
(⇒おすすめ:ハーブ入り米ぬかオイル「艶美肌Eオイル」

ベサン粉 150g

 

肌の美白のためのナチュラルなアイテムといえば、
やはりベサン(ヒヨコ豆の粉)でしょう。

そして、美白のためのオイルといえば、米ぬかオイル。

この二つを使いこなせれば、ほぼ満足のいく美肌がゲットできる
ことうけあいです。

◆やり方:

1.器にベサン粉150gに水を加え(お湯ではなく「水」を使います)、
天ぷらの衣状の固さのベサンペーストを作っておきます。

2.まず、体全体に熱いシャワーをあびるか、バスタブに数分浸かり、
ある程度体を温めて、肌の毛穴を開いておきます。

3.濡れた体に、米ぬかオイル60ml分をまんべんなく塗り、ほどよ
くマッサージしながら肌全体によくなじませます。
このとき、体についた水分とオイルがよく混ざり合い、乳液状にな
った状態がベスト。

4.再び熱いシャワーを浴びながら(あるいは体にお湯をかけながら)、
体についたオイルにさらにお湯を混ぜ込んで乳液化トロトロにする
要領で、手の平で肌全体をこすりながら、お湯をたっぷりと浴びます。

5.その後、作っておいたベサンペーストを体にたっぷりと塗り、
2~3分ボディパックします。
⇒こうすることで、毛穴奥から浮き出た汚れ、肌の表面の古い角質や
老廃物が混じった乳液状オイルを、ベサンが吸着します。

6.体についたベサンペーストを、ぬるめのお湯でよく流して完了。

***

この方法は、肌の表面の汚れや古い角質をディープに落としつつ、
同時に滋養します。
(やる頻度は、週1回程度でOKです。←やりすぎに注意)

これをやった翌日は、肌全体を極力休ませるために、石けんなどは
一切使わず、塩を入れたお風呂に浸かるのみ。がグッドです。

自然素材を使った「自力美白」のいいところは、肌本来の健康的な
美しさを最大限に引き出せること。

…というわけで、自力美白のススメでした。
☆☆☆