夏にぴったり。冷凍レモンダイエット(ついでに免疫強化&がん予防)

身近にありすぎて、、

ほとんど忘れているもの。または当然すぎて、さほど注意を払う
ことがなかったものが、ダイエットにすごく効果的で、しかも
あらゆるがんを予防してくれるものだった…。

そんな野菜やフルーツは、
実は知らないだけで、結構身近にゴロゴロあったりするものです。

そんな中でも、ダントツ1位にあげたいのが、レモン。
(タイにいる方はマナオで代用できます)

ここタイは、整形外科やスパが充実しているため、
痩せたかったら手っ取り早く脂肪吸引なんて手もありですが、、

実は、「ジリキやせ」でない場合というのはどうしても、
その時だけよくても、すぐにもどってしまう確率がマックス。

やはりポイントは、メンテできるかどうかにかかっているでしょう。

無理なく自然にコツコツ、スムーズにやせたかったら、
レモンを活用すべし!ということで、

今回はこの「レモンやせ」と、ついでに得られるアメージングな薬効
をご紹介したいと思います。

 

☆☆☆

■レモンの薬効
~冷凍して皮ごと使うのがポイント!~

レモン類は、私たちが食べることができる最もアルカリ性の果物です。

実際には、レモンは酸性の質がありますが、体の中に入ると、アルカリ
性に変わり、体を浄化します。

レモンにはビタミンCやミネラルがたっぷりと含まれ、数え切れないほど
の健康効果があり、その独特の風味や香りは、さまざまな料理やお菓子
に使われています。

レモンは通常、レモンの果汁部分に濃縮されているビタミンC目当てで
使われることが多いですが、最新の研究では、多大な栄養素を含むレモン
の皮の薬効の効果に、大きな注目が集まっています。

レモンの皮には実際、レモン汁そのものよりも5~10倍のビタミン類
が含まれていることが研究で示されています。

レモン汁自体にも、すばらしい解毒効果があり、実際に伝統的に使われて
きましたが、汁だけを絞った時点で、高い治癒力が潜在的に含まれている
部分が失われてしまいます。

このため、そのまま冷凍して、皮ごと使ってしまおうというわけです。

レモンの皮は、特に免疫強化によく、コレステロールを調整したり、
がんを予防したり、感染を治癒したり、寄生虫を殺すことが報告されて
います。

 

★消化関連のプロセスをぐぐんとバックアップ

→胃の中のカファ過剰状態(胃が重い、消化不良、胃の分泌液過
多、吐き気など)、消化不良や吸収不良からできあがった毒素をクレンジ
ングする働きがあります。

→ヴァータ、ピッタ、カファの不均衡から生じる腹痛に有効です。

→胃酸過多、げっぷ、ガス、胸焼けを解放します。

→肝臓の胆汁形成を助けるので、消化プロセスがスムーズになります。

★便秘解消

レモン水を朝おきがけの胃が空の状態に飲むと、腸を効果的にクレンジン
グできるので、便秘に有効です。

★減量

肥満は、カファドーシャに関連しています。レモンはカファを減少させる
効果があるため、体を痩せやすくします。

★血液浄化作用が、お肌のトラブルを解消

レモンは、古代から使われてきた自然の血液浄化剤です。
その効果はとてもアクティブなので、血液中の毒素が原因となって起こる
湿疹、ニキビ、シミ、シワなど、肌のトラブルに効果的です。

★疲れをとってリフレッシュ

レモンは、疲れを追い払います。慌しいスケジュールをこなした後は、
レモン入りのドリンクが最適です。

★歯茎の出血や痛みに

レモンは、歯茎の病気治療にも使われる、重要なアーユルヴェーダ食品です。
歯痛の時は、レモンの汁をその部分につけると、痛みから解放されるとの
こと(かなり沁みそうですが…)
また、喫煙やアルコール摂取後に、レモン水をマウスウォッシュのように使
うと、口臭予防にもなります。

■レモンとがん

このように、さまざまな薬効があるレモン。

特にレモンの皮は、体内に潜む有害廃棄物を壊し、毒素を除去する大きな可
能性を秘めたものとして注目され、レモンががん患者の治療によく使われる
主な理由とされています。

研究者たちは、レモンが異常な癌細胞を破壊するかどうかを疑問視し、1970
年以来、20以上の研究の後、冷凍レモンの抽出物が、12種類の癌(結腸、
乳房、前立腺、肺、膵臓など)の悪性細胞を破壊したとし、今では多くの研
究がこの可能性を確認しているとのことです。

 

★★冷凍レモンの作り方&使い方★★

1.まず、レモンをリンゴ酢または重曹でよく洗ってから、表面をキッチン
ペーパーなどで水分をふきとります。(→私はシカカイで洗ってます)

2.一晩冷凍します。

3.冷凍したレモンは、そのまま、おろし器をつかって皮ごとおろして使い
ます。

この冷凍レモンは、料理、スープ、サラダ、スムージー、ドリンク、紅茶、
デザート、お菓子などなど、なんにでも入れてOKです。

個人的におすすめなのは、冷凍する前にある程度カットしておいて
(レモンなら3~4等分に、マナオなら半分にします)、種を抜いた状態で
冷凍保存すること。

こうしておくと、一回ごとに使う分だけ取り出せるので、便利です。

また、マナオを使う場合は、一度に使う量は1/2個で十分な感じです。
(なんといっても皮が含まれているので、味的に結構エグ苦い感じになるので)

***

…レモンでやせるもよし、免疫強化で病気予防もよし。

特に今のような、暑い夏の時期(→タイなら一年中ほぼ夏みたいなものなので、
いつでもOK)には、冷たいものが食べたくなるので、冷凍レモンを使った
ホームメイドシャーベットやアイスクリームを、たっぷりと召し上がれ!

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
お買い得情報のご案内です。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

◎◎◎定番/人気アイテム

■夏のファンデはやっぱりコレ!
《タナカ・ファンデーション(ナチュラルカラー)/7g》
オイルフリー、化学日焼け止め剤フリー、パラベンフリーの無香料タイプ。 敏感肌にも最適な、超マイルドタイプのファンデーション。

 

■あらゆる皮膚トラブルは、ニームにおまかせ。

《ニーム葉オイル》
《ニーム葉+ラベンダーオイル》

「美肌の女王」ハーブ、ニーム。
お肌のくすみ、黒ずみ、乾燥肌、ニキビ、湿疹、アトピー&乾癬など
の皮膚トラブル全般、頭皮の痒みやフケにも最適!

 

◎◎◎ただ今キャンペーン中!
※期間:6/26~7/10まで※

・『新養髪(しんやしないかみ)』(ハーブ100%ナチュラル洗髪粉)
期間限定、2割引!

頭皮と髪の悩みは、これで解決!
リンス&コンディショナー不要のオールインワン・ナチュラルハーブ
洗髪粉で、どんな髪タイプもサラつやに仕上げ!

・『オーガニックニーム・ボディ&シャンプーバー』
1個の値段で2個ゲット!

 

◎◎◎特典/無料プレゼント:※7月15日まで※

『ベルガモット・ヘアローション』

タイでおなじみ&定番の、頭皮・髪強壮の伝統ヘアケアハーブ
「こぶみかん」入りヘアローション。
カフィアライムピール(こぶみかんの皮)のナチュラルエッセ
ンスと、他の頭皮と髪に有益なハーブが、頭皮を滋養し毛根を
強化。特にフケ、頭皮のかゆみ、抜け毛予防に最適!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
⇒『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』はこちら

 

 

 

 

バスタイム前の、、アロエジェル美容テク。

先日、つぶやきブログの方で、
ここのところアロエジェルフリークで、いろいろなアロエジェルを
手に入れては、日々トライアルに勤しんでいるということを書きま
したが。

いろいろな使い方があるアロエジェル、
いまのところ一番効果的な使い方だと実感している方法は、、

お風呂に入る2時間ぐらい前に、

腕全体、手の平と甲、顔、
そして頭皮と髪に、アロエジェルをたっぷりめに塗りこんでおき、

塗ったアロエがほぼカピカピに乾くころに、お風呂へGO。

そのままお風呂にゆったりと浸かりながら、体に塗ったアロエジェ
ルをお湯でついでに流す感じです。
(石けんやシャンプーなどは一切使いません)

そして夜寝る前に、手元のハーブオイルを、単体あるいは二種類を
組み合わせて肌に塗り、

⇒おすすめのバクテリア餌付けオイル:
トゥルシ入りインドのごま油 ブラーミオイル ニーム葉オイル
米ぬかオイル

美肌バクテリア(肌の美醜を左右する肌の表面のバクテリア)の
餌付けをしっかりやり、そのままZZZzzzz。

そして翌朝、一晩オイルで滋養した肌と、アロエジェルをつけて
流しただけの髪の質感をチェック。

肌のトーンは明るく、なめらかつるりな質感の肌が出来上がって
いて、

頭皮はさっぱり&すっきり感がありながらも、
髪は自然なサラサラ感。

…この、「アロエジェルをたっぷりつけて流すだけ+夜寝る前に
オイルを塗る」というシンプルなテクですが、

すごく効果的です。
ポイントは、アロエジェルをケチらずにたっぷりと塗る。これに
つきます。

このケア方法、すっかりまじめに気に入ってしまい、、
ここのところのスキンケア&ヘアケアのベーシックになっています。

これプラス、週一回ぐらいの割合で、

「全身オイル漬け+ベサンスクラブ+塩風呂デトックス」ができれば、

もう言うことなしですね。

ここ15年以上も、ナチュラルケアをしてきて思うのですが、
スキンケア、ヘアケアは、

「やりすぎてもダメ。何もしなさすぎなのもイマイチ。」

ということ。

何もしない期間(例えばお湯のみ、バスソルトのみ、など)というのが
一定期間あってもある意味いいのですが、

そればかり続けていると、やはり溜まってくる角質。。(←肌の黒ずみ
や冴えない肌トーンなどの原因にもなります)

なので、ある程度角質が溜まったあとに、
スクラブや石けんを使うと、すっきりしてすごくよく感じれるわけですね。

アロエジェルは、毎日手軽に使えつつ、
肌表面のマイルドなクレンジング効果と肌の新陳代謝を促進する効果が
同時に得られ、

お肌のトーンが明るくなってくすみ知らずの弾力肌を作るのに最高のア
イテム。

というわけで今回は、アロエの持つ肌や髪への効果についてご紹介した
いと思います。

***

■人間の肌のための最高の滋養ハーブ「アロエ」

なんと古代エジプト人は、アロエのことを「不死身の植物」と呼んで
いたそうで、その薬効の評判ゆえに、多くの目的のために使われてき
たアロエ。

アロエは、栄養分を必要とする人間の肌に、見事な滋養を提供し、
肌の治癒、角質除去、肌の再生をいっぺんにやってくれるまれなハー
ブ。主に、日焼け後の肌をなだめためのハーブとして世界中で使われて
います。

さて、そんな薬効の高いアロエですが、どんな成分が含まれているの
でしょうか。

★アロエの成分

水分
20種類のミネラル分
12のビタミン類
アミノ酸18種類
200種の活性植物化合物(植物栄養素)

…すごい栄養分です。
食べてよし、美容によしなわけですね。

 

■肌と髪への効果

1.日焼けの緩和

アロエには、メンソールのような冷却効果があり、体を覆う皮膚
細胞の層(上皮レベル)をパワフルに癒すため、
一種の焼けどともいえる日焼けに効果絶大です。

2.かゆみ、炎症、ニキビ、湿疹など

アロエのもつ自然消毒・鎮静作用は、皮膚の炎症、水疱、かゆみ、
ニキビ、湿疹を軽減します。
アーユルヴェーダ薬では、乾癬などの慢性的な皮膚の問題を効果
的に治癒するためにアロエが使用されています。

3.シワの修復

年齢を重ねるにつれ、小じわが増えて肌の弾力が失われていくの
は自然の摂理ですが、アロエはまさに、肌のプリプリ感を維持する
ための魔法のハーブと呼んでも過言ではありません。

アロエにはベータカロチン、ビタミンCやEといった、抗酸化物質が
たっぷり含まれ、特に肌にとって、アロエの中に存在するビタミン
CやEは、まさに大好物。アロエジェルは水よりも約4倍も早く皮膚に
浸透するといわれ、肌の自然なしなやかさを改善し、水分を保ちます。

4.ストレッチマークを薄くする

皮膚はいわば、成長に対応するために必要に応じて伸縮する、大き
な弾力器官のようなもの。
しかし、妊娠や急な体重増加、または激ヤセなどにより、皮膚があま
りにも伸びすぎてしまうと、肌の弾力性が一気に失われる可能性が
あります。

その結果、出来上がってしまうストレッチマーク。
こういったマークは、突然の引っ張りによって引き起こされる皮膚の
小さな裂け跡ですが、
アロエジェルは、そのパワフルな肌再生効果ゆえに、マークを薄く
するのにとても役立ちます。

5.頭皮と髪のための素晴らしいコンディショナー

アロエには、頭皮の死んだ皮膚細胞を修復するタンパク質分解酵素
なるものが含まれ、これが素晴らしいコンディショナーとして機能
するので、頭皮をいきいきとさせながら、髪に滑らかさと光沢を与え
ます。

毛髪の主要タンパク質といわれるケラチンは、アミノ酸、酸素、炭素、
微量の水素、窒素、硫黄から構成されているといわれ、
アロエにはなんと、このケラチンと似たような化学的構成をしている
ため、その栄養素によって髪を若返らせ、より弾力を与え、ダメージ
を防止することができます。

頭皮と髪に使う時のポイントは、できるだけ長く、たっぷりめに塗る
こと。(頻度の理想は、一週間に1回程度)

***

…アロエの美容効果を知れば知るほど、、
そしてその効果を実感すればするほど。

ますます手放せなくなりそうなアロエでした。

☆☆☆

 

//////////////////////////////
■オリエンスハーバルから、
おすすめアイテムのお知らせ■
//////////////////////////////

《4月末までの期間限定!/特典・無料プレゼント!》

『自宅で手軽にタイの味!
ホリーバジル風味チャーハン・スパイスミックス
■■ 完全期間限定:4/1~30まで■■

⇒エキゾでピリ辛なチャーハンをお楽しみ下さい。

 

★《今月のラグジャリアス石鹸》:
Luxurious Soap Of The Month

ギー&マヌカオイル入りボディ&シャンプーバー
※販売期間:4/1~30まで※

インド産ギーとニュージーランド産マヌカオイル入り、
バター風味のレアな石けんです。
ボリューミーで長持ちする220gサイズ。《個数限定あり》

 

★★★今月のお買い得アイテム★★★

タナカ・ファンデーション(ナチュラルカラー)/7g 

オイルフリー、化学日焼け止め剤フリー、パラベンフリーの無香料タイプ。                                             敏感肌にも最適な、超マイルドタイプのファンデ。

ブラーミオイル

インド伝統デトックスごま油に、脳強壮・元気回復ハーブ、ブラーミの成分                                              をそのまま閉じ込めた、頭皮マッサージ用オイル

ベサン+ジャスミン(豆粉スクラブ)

肌に優しいナチュラル・スクラブ、ベサン(ヒヨコ豆の粉)に                                                                      ほんのり優雅なジャスミンの香り。

●超お得!徳用パック●

アムラ実粉末100%1kgサイズ
ニーム葉粉末100%1kgサイズ
ブラーミ(ツボクサ)粉末100%1kgサイズ

***

自宅でニーム泥風呂エステ。

先日。うっかり分量を間違えて、
ニームの粉を大量に水に入れて溶かしてしまい、、

出来上がった大量のニーム泥液を、どうやって使おうかと、
思いを巡らせていたところ、

ひとつ思いついたのが、全身ニームパックでした。

ニームは、これまでこのブログでも度々ご紹介してきたように、
美肌づくりにもってこいのハーブの一つですが、
髪や頭皮にもとてもいいハーブ。

髪のツヤ出しやフケ予防、育毛促進、頭皮のかゆみやニキビなどに
も効果的です。

なので、このうっかり作ってしまったニーム泥液を前に、
つま先から頭のてっぺんまで全身に、まんべんなく塗り塗りしようと
考えていたのですが、

入浴前にちょっとした頭脳ワークをしたせいもあり、入浴前には
マインドも体も結構消耗し、体に塗りたくる気力が微量になってしまい、

全身パックよりも楽そうな、ニーム泥液で半身浴をすることに変更。。

腰まで浸かれる桶に、泥液を投入に、熱いお湯を注いでみたのでした。

まじめに泥色の、やや濃いめニーム風呂で、シャブシャブ・ゆったり
すること約15分・・。

髪も頭皮もワイルドにまんべんなく泥風呂に浸しながら、

石けんもシャンプーもなかった大昔の人たちはもしかしたら、
こうやって泥に全身を浸してナチュラル解毒を兼ねていたんだろうなと
思いを巡らし、、(遠い目)

思いのほかディープなデトックス効果が期待できそうなニーム泥風呂
を後にしたのでした。・・

そして、翌朝。

肌と髪の状態をチェックしてみると、意外にも髪の状態がすこぶるよく、
ここのところありえなかったほどの艶が髪に出ているではありませんか。

こうして、ニームのまた新しい使い方をひとつ、覚えることになったの
でした。(まさにマイルドな人間万事塞翁が馬状態?)

このニーム泥風呂、ヤミツキになりそうなこと受け合いなのですが、

注意点としては、結構排水溝が詰まりやすくなると思うので、
泥風呂を排水した後は、普段よりも多めの水を排水溝に流しておくこ
とがおすすめです。

また、ユニットバスのようなプラスティック製のバスタブの場合、ニーム
の色がバスタブについてしまう可能性ありなので、こまめにお掃除する
必要があるかもしれません。

★★ニーム泥風呂・全身美容のやり方★★

用意するもの:(入浴1回分)

ニーム粉 100g~200gぐらい(※好みにより増やしてもOK)
水 500cc~1リットルぐらい
お風呂のお湯

1.入浴の数時間前ぐらいから、粉と水をあらかじめ混ぜておき、
寝かして置きます。
2.バスタブ1/3~半分ぐらいの高さまでお湯を入れ、泥液を加えます。
(または泥を全身にじかに塗っておきます)
3.泥液にゆったり15分ぐらい浸かります。※首から上もたっぷり泥ま
みれにします。
4.ぬるま湯で全身の泥を流します。

◎こんな時におすすめ:

・肌と髪をデトックスしたい時
・ニキビや吹き出物、アトピーなどが全身にまばらにある時
・オーラを含めた全身を清めたいとき

など。

塩風呂並み or それ以上のデトックス効果が期待できます。

***

☆ニーム粉はこちらより入手できます☆

ニーム葉粉末100% 120g入り
ニーム葉粉末100%徳用1kgパック

■7月末までの期間限定・無料ギフト《オーガニックニーム葉》
※残り日数わずか!&欲しい方はお急ぎください。※

アトピーと感情のデトックス、など

つい数週間前、、

タイへ休日を過ごしにやってきていた友人から、大好物の日本製インス
タントラーメン類&お菓子類を盛りだくさんいただいたこともあり、

マイ生まれた国の食品をしばらくの間、堪能できるわね。ということで
(ここタイでは、日本からの輸入物の食材は簡単に手に入りますが、
普段、ほとんど買うことがないので)、

本当にいたれりつくせりにできているパッケージに包まれたそれらの
食品類を、しばらくの間ほぼ毎日、インスタントラーメンは大好物ゆえに
一日2回食べるといった日々を続けていたのですが。

そんなある日。

ふと気づいたのですが。

「・・すごくおいしいけど、、
これ、えらい量の隠れ砂糖が、相当入ってるね。」

味的に洗練されているのですが、食べた後の妙な心臓へのひっかかりと
いいましょうか。

もともと甘党ではなく、普段甘いものもほんのたまにしか食べないこと
もあり、

たまに精製砂糖が多めに入ったお菓子を食べる時、「心臓がキーン」
と直撃されるような感覚を感じることがあったりするので、すぐにわか
るのですが、

久しぶりに日本製の加工食品を食べてみて、いちいちどんなものにも
かなりの糖分が含まれていることを、舌というよりも心臓で感じたの
でした。

加工食品といえば、そもそもは糖分や塩分が多量に入っていて、
ゆえに日持ちするというものなのは十分知っていたのですが、

そういった食品に含まれる成分のよしあしよりも、生まれた国を離れ
て何年も暮らしている体にとって、やはり母国で作られた食べ物とい
うのは、独特のオーラ?波動?が含まれ、別の意味で体は妙に癒される
部分があるのです。
(といっても、こういったものを食べる機会がないかぎり、
普段はほとんど気づかないのですが)

というわけで、ありがたくおいしいおいしいと喜んで食べまくってた
わけなのですが。

・・そんなある時、体に異変が。。

口のすぐ下からアゴにかけて、生まれてこの方出たことがない、
皮膚の炎症が表れました。

妙に乾燥して赤く、ヒリヒリした感じの、パッと見、アトピーや乾癬
といった皮膚疾患のすごく軽いヴァージョンを思わせる症状でした。

痒みは全然なかったのですが、
これが・・・ 数日間、なかなか引かなかったのです。

???

思い当たることは、インスタントラーメン系、お菓子類といった加工
食品を毎日食べ続けていたことと、体にやや疲れが溜まっていたかも。
ということ。

とりあえずは、おいしいからといって毎日インテンスに食べるという
激ピッタな行為を一旦止め、ごくたまに頂く程度に食べる頻度を落と
しつつ、

ちょうど同じ頃、体が定期的に自動作動される感情解毒モードに入り
はじめ(私の場合、ある一定の量の感情的な毒素が溜まると、体がそ
れを自動的に吐き出すモードに切り替わります。ある意味、毒を溜め
続けられない体の作りになってます 笑)、

ちょうどいいので、その解毒モードに身をゆだね、
そのプロセスが自然に止むまで待つことにしました。
(この毒出しモードの最中は、いつもわりとディープな感じなのですが、
自然に毒が吐き出された数日後はいつも、なんともいえない爽快感が
待っているので、自然に起こるプロセスを邪魔せずに、体の自己回復
力にまかせます。)

すると。奇妙な皮膚の赤みは、何もなかったようにきれいさっぱりと
消えました。

それ以後は、日本製のインスタントラーメンやお菓子類をごくたまに
少量、楽しむ程度にしています。(ちなみにタイのインスタントラー
メンをよく食べますが、今回のような皮膚のトラブルになったことは
一度もありません)

・・なぜこんな話をしてみたかというと、

毒素というのは、何も食べるもの経由で入る毒素だけにとどまらず、
感情的な毒素が体を害することもあるからです。

私の場合は、感情毒素がある一定の量溜まり次第、自動的に感情毒素
解毒モードスイッチがオンになってしまう特殊な体なので、楽といえ
ば楽なのですが(笑)、

社会生活においては「感情をコントロールすること」はある意味当た
り前。(コントロールできない人は、へたすると刑務所行きです)

とはいえ、人間というのはそもそも、感情的な生き物。

感情という、そもそも自分でどうにかできるわけでもない、勝手に
現れそして消えていく、質そのものがあるワイルドなシロモノをコン
トロールした時点で、人によって個人差はあれど、多かれ少なかれ、
毒となって溜まるので、

ヨガで解放する、元気を人からあるいは動物からもらう、瞑想する、
美しいものを見たり聞(or 聴)いたりする、などなど、何でもいい
のですが、

まめに解放できるような何かがどうしても必要になってくるわけですね。
ところで、今回はアトピーと呼べるほどのものには発展しなかったのですが

アトピーというのは、免疫系や消化系が弱っている人にも起ること
があるとされ、

また、ピッタの悪化ともからんだ症状でもあることから、ピッタを緩和
する食べ物を多めにとり、ピッタを悪化させるようなスパイシーなもの、
油で揚げたもの、酸味や塩味が強いもの(血液を熱くする効果あり)と
いったものを極力減らすことがすすめられます。

かゆみや他の皮膚病の原因となっている毒性物質をすべてから内臓を洗
浄するために、オレンジジュースを使った数日間の断食が効果的といわ
れています。新鮮な手作り果物ジュースや野菜ジュースは、最も簡単な
家庭薬のうちの一つです。

また、痒みを抑えるためのナチュラルな応急処置として、
次のものが役立ちます。

◆痒いときのために使える、自然素材パック◆

・ナツメグ

ナツメグのパウダーを水に入れ、薄い泥のようなペーストを作ります。
患部の上にこのペーストを一日2、3回ぬります。

・野菜、果物パック

効くとされているもの:
生豆、かぼちゃ、じゃがいも、キャベツ、イチゴの汁。

汁を一日数回、患部にぬります。(1週間から2週間続ける)

⇒ これらのペーストや汁は、かゆみを減らし、原因となっている病原菌
を殺します。

・ニーム水で患部を洗う

水500ccに対し、ニームパウダーをティースプーン2、3杯を加え、
弱火で煮ます。火からおろし、冷ました後、このハーブ水で患部を洗います。

 

■アトピーの外用薬としての「ニーム葉オイル」

ニームは、美肌のための最強ハーブのひとつですが、
アトピーのような、痒みをともなう慢性的な皮膚トラブルにも効果を
発揮します。

そこでお勧めしたいのが、オーガニックヴァージンココナッツオイル
の中に、ニーム葉の薬効をそのまま閉じ込めた ニーム葉オイル。
インド・アーユルヴェーダ式の伝統的な方法で作られたハーブオイル
です。

アトピー治療に限っては、個人的に、ニームの種から圧搾されたニームオ
イルやセサミオイルベースのニームオイルよりもおすすめです。

まず、ベースとなっているココナッツオイルに、皮膚のピッタをなだめ、
緩和する冷却効果があるので、基本的に温める効果のあるセサミオイルベ
ースのものより、炎症緩和効果が高くなります。

また、ニームの種のオイルは、それ自体は薬効がかなり高いオイルなの
ですが、肌に強いオイルでもあるので、使う場合は他のオイルと薄めて使
った方が無難です。(私自身、インド時代にこのオイルをいろいろなもの
によく使っていましたが、肌疾患にいいと思い、ピュアなものを直に肌に
たっぷり塗り、逆にハーブかぶれを起こしてブツブツになり、しばらく
治らなかったことがあります)

また、ニームの種のオイルは、匂いにもクセがあるので、、
使いやすさとしては、ニーム葉オイルがダントツです。塗りすぎて肌がか
ぶれる心配もありません。

★ニーム葉オイルはこちら

 

・・さて、最後に。

アーユルヴェーダの専門家 による、
感情浄化のためのアドバイスのプチ抜粋でしめたいと思います。

☆☆☆

《感情的な苦痛から自由になる》

ほとんどすべての人が、感情的なストレスの衝撃を腸内で感じます。

子供たちは、ストレスにさらされると腹痛を起こします。
大人は感情的なストレスから、不安で落ち着かなくなり、お腹がゆるく
なり、便秘や便秘になったり、胸焼け、腸過敏症候群になります。

私たちを不安にし、意気沈降させる化学物質は腸内でできあがり、毒性
の感情分子となって体のすべての細胞に運搬されるという事実は、一般
的にあまり知られていません。

これらの感情分子は、私たちの脂肪細胞の中に貯蔵され、私たちに、
同じ機能障害行動を何度も何度もさせることを余儀なくします。

新しい研究では、体の中で生産されるセロトニンの95%は、脳内ではな
く腸内に貯蔵されます。

腸は、感情ストレスを過程する神経伝達物質が作り上げられる第二の脳
です。

実際、脳内ではほんの少しのストレス管理だけしか行われません。

ですから、私たちの焦点を腸へ向けなおし、あなたの感情的苦痛の原因
を処置しましょう。

***

■<弱い消化力 + ストレス = 感情の激しい起伏>

あなたは今まで、誰かから感情的にけなされたことはありますか?
あなたは今まで、感情的に誰かをけなしたことはありますか?

両人とも、同じ心境ーーー不快ーーーと感じています!

衝突の中では、間違っている、正しいということについて、
両人ともいい気分ではありません。

叱られて気持ちのよい人などいません。そして、誰かを叱った後はたい
てい、あなたは後悔します。

このケースでは、両人とも、腸内に、同じ神経伝達物質が作り上げられ
ています。

深刻な感情的ストレス神経伝達物質下では、莫大な量のセロトニンが作
りあげられ、その出来事に直面できるように私たちを助けます。

これらセロトニン運搬媒体たちは、セロトニンの急増についていけず、
ストレスを管理するのに十分な速さで腸内から出ることができません。

研究者たちは、腸内ではまりこんでしまった過度のセロトニンは、腸内
の粘膜に炎症を起こさせ、腸過敏症のような状態を引き起こすと考えて
います。

消化系は、腸神経系と呼ばれる神経系によって統治されています。

この神経は、ストレス管理と消化全体のプロセスを担い、それに関連し
た解毒経路すべてのプロセスを担います。

この神経は、私たちが人間として経験するたくさんのものへの最初の応
答システムです。

 

■<あなたは怒りと恐怖で一杯ですか?
それとも、愛と思いやりで一杯ですか?>

3000年前、アーユルヴェーダの教典は、神経系は腸内ではじまり、スト
レスや感情は腸内で生み出されることを報告しました。

感情は、腸から、精神(知力)経路を通じて、心臓と脳へ運搬されます。

これによって、私たちは、心臓が基盤となった愛と思いやりの感情反応、
またはマインドが基盤となった不安と怒りのような感情反応を経験しま
す。

あなたが、怒りと恐怖で反応するか、または愛と思いやりで反応するか
は、子供時代のストレス要因、消化の健康状態、栄養状態、トラウマ、
遺伝的なものなど、たくさんの要因によって左右されます。

愛と思いやりは、心臓経路をたどり、怒りと恐怖は精神(知力)経路を
たどります。

もし感情的な出来事が何度も繰り返されるなら、それらはパターン化し
ます。

体は、繰り返される感情パターンを感情分子として体の脂肪と筋肉細胞
の中にため込みます。

もしある人が、ある親しんだストレスパターンにさらされ続けるならば、
これらの貯められた感情分子は、ひとつの反応を誘発します。

 

■<あなたの感情的反応は、コントロールすること
からきていますか?>

これらの感情分子は、私たちの安全性と生存メカニズムの重要な部分で
あるために、しばしば、私たちが世界と調和する方法(世間と向き合う
ひとつの方法)となっています。

ある状況に対して、感情的に誘発された形で反応しつづけることは、
一般的にありがちなことです。

私たちは、私たちの意志に反して行動してしまいます。

そしてしばしば、感情的な爆発やダメージを与えてしまうといった、
極端な行動になってしまうことがあります。

アーユルヴェーダでは、すべての病気は、マインドと感情がハートの経
験よりも大きな影響を及ぼすときに起こるとしています。

別の言い方をすれば、私たちは生に対して、愛と思いやりよりもむしろ、
恐怖と怒りのフィルターを通して反応しているということです。

アーユルヴェーダの目的全体は、体のバランスを助け、体を解毒するこ
です。
そうすれば、怒りと恐怖よりもむしろ、愛と思いやりを選択することに
不可欠な明晰さを回復できるようになります。

シンプルなことですね?

 

■<古い感情パターンの解放の仕方> 

これらの破壊的な行動パターンを解くことは、とても論理的です。

ちょうど1、2、3のように非常に易しいことです。

1.はじめに:

私たちはまず、腸壁が癒えるのを助けなければなりません。
そうすれば、強く、そして健全な方法でストレスに反応することが
できるようになります。
さらに腸は、妥当な神経伝達物質のメッセージを運ぶよりよい運搬
者となることができます。

2.二つ目:

私たちは、体とマインドを、脂肪細胞から古い毒性のある感情分子
を解放することは十分に安全だということを納得させなければなり
ません。

3.三つ目:

今、感情分子にアクセスできるようになりました。
そして、それらが貯蔵されている場所から解放できるようになりま
した。
私たちは今、変容のための行動を起こさなければなりません。

 

■<脂肪細胞の中に閉じ込められた感情を燃やし尽くす>

さあ今、なすべき最後のことは、体が脂肪を本当によく代謝する能
力を復活させているかどうかを確かめることです。

感情分子(脂溶性分子)が解放されるプロセスの中で、毒性脂溶化学
物質たちも同時に解放されます。

そうです。
私たちの脂肪細胞のなかには、殺虫剤、保存料、重金属類、プラステ
ィック類、そして他の不都合な環境有害物質のような、さまざまな発
がん性物質が蓄えられているのです。

体は、正常で適切な解毒経路からそれらの毒を壊して解毒する能力を
失ったために、脂肪細胞の中へ蓄積されていたことを、どうか覚えて
おいてください。 ・・・

☆☆☆

春はニームで免疫仕込み。

先日、、

外国人が行き交うエリアの道端で、

畳一畳ぐらいのシートにわずかな売り物を並べ、
ちょこんと座ったおばあさんにふと目が止まり、

その数点並んだ品物の中に、ニームの枝つきつぼみ&花(上の画像)
が積み上げられているのを発見。

やってきました、ニームの季節!ということで、

おばあさんのところへ歩み寄り、積み上げられていた枝つきニーム
の約半分を、ごっそりゲットしました。

タイでは、ニームにつぼみがつく今の季節は、生ニームの食べ時で、

この部分を一分間ほど茹でて、甘いタレをつけて食べるのが
風習になっています。

この食べ方を知ったとき、
すごい、、ニームをそんな風にして食べるのか!と、ちょっと感動したのですが。

タイのニームは、インドのニームと比べると葉っぱが柔らかく、
苦味にもマイルド感があるので、食べやすいです。

***

ニームは、毎年3月と4月頃になると収穫され、健康全体や免疫を
サポートするために伝統的に食べられているハーブ。

が、タイでは、かなり早めの様子。

柔らかくて食べやすいうちに食べてしまおう、ということなのでしょうか。

アーユルヴェーダでは、それぞれの季節の旬の食べ物を食べること
自体が、免疫強化につながると教えていますが、

ニームは、血液、肌、肝臓を洗浄し、解毒することもさることながら、
健康的な消化力と免疫のための腸環境を作り上げるためにもってこいの
ハーブで、

腸内をタワシのようにスクラブして洗浄しながら、腸内の悪いバクテリア
を増殖させることなしに、よいバクテリアの繁殖をサポートしてくれます。

これが最終的に、血液とリンパ動かし器のような働きになり、体内の毒素
を確実に除去し、免疫系のファイター・白血球の循環を促すといわれています。

特に、今の時期のような、春の前の1月や2月にニームの葉をとっておけば、
免疫はすぐさま発動モードがスイッチオン状態になり、その効果は次の冬まで
の一年中続くということです。

・・ニームパワー、恐るべし。

一方、ニームは「肌の女王」としても親しまれていますが、
これは、腸がきれいになれば肌もきれいになる。ということと関係しています。

さらに外用として使うことで、肌の保湿や柔軟剤のように働くので、
体の内側と外側の両方から働きかけると、さらに◎。

春と夏に、腸内の健康的な細菌環境を立ち上げれば立ち上げるほど、
腸内はよりよく機能し、望ましくない腸内寄生虫類や毒素に抵抗することが
できるとのことです。

今の時期から、免疫強化ツールとして、大いにニームを活用しましょう。