冬の乾燥肌を整える、ハーブ美肌泥。

ここタイは雨季が終わって乾季に入り、、

ちょうど日本の秋のような、ひんやり哀愁モードが漂う、
空気感がイイ感じな季節になりました。

寒い季節は、何かとお肌が乾燥してカサカサしやすい季節。

こんな時期は、いつにも増してお肌をオイル漬けにし、、

乾燥知らずなしっとり美肌を保つべく、

日々、肌の表面の美肌バクテリアをせっせと餌付けするべし。
ということで、

最低週1回は、全身オイル漬け+ベサンをやっておきたいところです。
(週2回できればなおよし)

冬のような寒い時期の全身オイルマッサージは、
「温めたオイルでやる」というのもポイント。

温めたオイルを使うことで、乾燥しがちな肌をぐぐんとなだめる効果
がアップするのと、食欲の増す&何かと年末年始のイベントがらみの
太りやすさも、リンパを流してカバーできるところも、

温かいオイルを使った全身オイルマッサージのいいところ。

なんといってもオイルマッサージは、
寒くて血行が滞りがちな肌の艶キープにも最適です。

そんな合間に、美肌泥で全身パックをしておけば、
もういうことなし!

美肌泥には、タナカニームリコライスなどのハーブ泥がおすすめ
ですが、

この三つが組み合わされば最強です。

タナカはもともと、肌への効果がサンダルウッドにとても似ていて、
その収斂作用(肌キュウゥゥな引き締め効果)と、使った時のヒンヤリ感
がかなり似ているので、

マイ絶賛してきたお気に入りハーブのひとつなのですが、

冬に単体で使う場合、フェイスパックのみなら問題はないのですが、
全身の肌を美白+肌引き締めパックする場合は、
かなり体が冷え気味に…。

そんなタナカに、アーユルヴェーダ伝統の美白ハーブ・リコライスが加わ
ることで、さらに肌引き締めキュッッ効果+つるすべすべ度がアップしつつ、

さらにさらに保湿&治癒効果ナンバーワンハーブ・ニームがプラスされ
ることで、

最強の美肌泥 のできあがりです。

タイ産のニームは、インド産ニームに比べると、苦味やエグみが
ややマイルドながら、
肌に吸い付くようなねっとり感があるのが特徴。

泥を体に塗ったときに、ヒンヤリ感もあまりないので、冬のボディ泥と
して最適です。

ところで、リコライスについてここでちょっと触れておきましょう。

 

■リコライスルーツ(甘草の根)
~アーユルヴェーダのスキンホワイトニングハーブ~

世界中で何世紀もの間、頻繁にそして幅広く使われてきたハーブはたく
さんありますが、リコライスもそんな古代からのお墨付きハーブのひとつ。

インド、アジア諸国、中国、ギリシャ、エジプトなどにおいて飲用、外用
など多様に使われてきました。

リコライスには、さまざまな薬効がありますが、肌全体を明るくする美白
効果でも知られ、肌のくすみはもちろん、シミ、傷跡などを薄くする効果
が重宝され、さまざまなコスメなどにも原料として使われています。
また、肌に水分を閉じ込めて乾燥を防ぐ保湿効果が、肌を新鮮&みずみず
しく保ちます。

リコライスにはまた、抜け毛を予防したり髪の保湿効果もあるので、
ヘアケアにもぴったり!

なので、美白泥ひとつで「頭皮~髪~全身(つま先まで)」の美容が
バッチリできます。

***

 

…とまあ、これだけを並べると、
なんだかやるのが大変なような or 続けることが難しげなイメージが
あるかもしれませんが、

全身オイル漬けや美肌泥をやらない日のバスタイムは、
ほぼ塩だけでOK。というのがポイントです。

つまり、「やるとき」と「やらないとき」のメリハリを
かなりきかせると、続けやすいです&毎日やる必要はありまっせん。

…どんな人でもお肌が荒れやすいこの季節。
ゴージャス美肌をキープして、フォーエバー美貌。ですね。

 

★冬のおすすめビューティーアイテム:

リコライス美白泥
艶美肌ビタミンEボディオイル(つやびはだ)
オーガニック・ニーム/バス&ボディセット

 

 

 

広告

美容アイテムとしてのカモミール。

カモミールといえば、、

ストレス緩和&リラックスハーブとして、
夜寝る前にお休みドリンクとして飲むと、

心地よいZzzzに誘われるハーブ。というイメージが強いのでは
ないでしょうか。

こういう私も、インド時代の一時期、
よく眠れそうなハーブとして、ブラーミと一緒によく活用していました。

タイに来てからは、どちらかというと、

同じキク科の、似たような雰囲気と効果が飲んだときに感じられる、
菊花茶寄りになった感があります。

菊花茶は、タイの人たちに親しまれているハーブドリンクのひとつで、
近所のスーパーやらどこにでもわりと売っているので、

ナチュラルヘルスショップ系へ行かないと手に入らないカモミール、
もしくはスーパーでも手に入るものの、輸入物のティーパックヴァージョン
ばかり(上品すぎ&高価&しかも量少なすぎ!)は、

ハーブそのものをがっつりフンダンに使いたい私としては、
なかなか難しいものがあったのです。

しかし、タイの山岳地方産のカモミールがゲットできるようになった
ここ最近、、

再びマイカモミールブームは密かに発火中。。(ペースはノロノロですが)

というわけで、カモミールを美容に使う気満々な今日この頃なのですが、

今回はそんなカモミールのお話についてお伝えしたいと思います。

さて、このカモミールは、
何世紀もの間、エジプトやギリシャを含む様々な文化背景のヒーラーたち
によって、伝統医学で使われてきた、世界でも最も古く、かつ広範囲に
使われてきたハーブ。

黄金色でどこか味わい深く、フルーティーな風味のカモミールティーは、
ここ最近の研究で、長寿を促進するハーブティーとされ、
その人気はほぼ定着しつつあります。

飲んだ場合、女性特有のさまざまな原因から起こる死亡リスクが
カモミールを飲まない人たちよりも29%も減少するという報告があり、

特に65歳以上の「女性」にかなりメリットのあるのだそうです。

この研究報告では、なぜ特に女性に効くとしているのか、理由が明らかに
なっていないらしいのですが、一般的に女性の方がカモミールを好んで飲
むとされているからとされているからのよう。

確かに、男性で「カモミールティー、よく飲みます!」みたいな人、
あまりいなさそうですね。

飲むだけでも薬効高いこのカモミールですが、
肌や髪に、美容目的の外用として使う場合も、その美容効果はバッチリ。

では、肌や髪それぞれに、具体的にどんなうれしい効果が得られるのでし
ょうか。

★★★

■肌への美容効果:

*肌の傷を消毒して癒し、回復を早める。また、クレンジング作用、
保湿効果がある。(←ギリシャ人、エジプト人、ローマ人たちは、
傷を治療するための鎮痛剤として使っていました)

*肌の美白効果。優れた天然のスキンブリーチとして、肌のトーン
を明るくします。毛穴を引き締めながら保湿し、肌の斑点や傷跡
をぼかす効果があります。

*肌の刺激や湿疹を和らげる効果。

*抗炎症性、抗菌性、鎮痛性(鎮痛性)の特性と強力な抗酸化物質
がニキビの発生を防ぐ。

*肌老化の主な原因・フリーラジカルによるダメージから
肌を守り、みずみずしく保つ。

*敏感肌でも使える。

*日焼け止めになる。

*湿疹、乾癬のような炎症性皮膚疾患を軽減する。

 

■髪への美容効果:

*フケとかゆみを和らげる。

*キューティクルが艶やかになる。

*カモミールティーで一定の期間リンスすると、髪に黄金の光沢が
加わり、髪の色が明るいトーンになります。(特に金髪の場合は顕著)
また、ヘナに加えると、染まり上がりがやや黄色トーンに仕上がります。

*カモミールティーリンスは、髪を柔らかく保ち、髪が絡まりづらく
なります。

☆☆☆おすすめアイテム『ニーム葉+カモミールオイル

 

…嬉しい美容効果がたくさん得られる、古代からのお墨付きハーブ、
カモミール。

普段の美容日課に、ぜひご活用下さい。

*****

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
9月のお買い得情報/特典プレゼントのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

【What’s New!】

とびきり鮮やか、、
癒しのブルー色ハーブティーで、脳力&目ヂカラアップ! 
ピッタケアにも最適。

『乾燥バタフライピーフラワー100%』

◎バタフライピー(アンチャン)について

バタフライピーは古代から使われてきたハーブのひとつ。
アントシアニン(ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェ
ノールの一種で、青紫色の天然色素。古くから目の働きを高める効果や
眼精疲労を予防する効果があることで有名)が豊富なハーブとして、
視力改善、健康的な肌を促進、髪の滋養のために飲まれてきました。

インドのアーユルヴェーダでは「シャンカプシュピ」という名
で知られ、記憶力や脳の認知力を高めるハーブとして親しまれて
います。

 

◎◎◎特典/9月限定無料プレゼント:
※期間:9月1日~9月30日まで

『タイグルメ・ウーロン茶ティーパック
(ロイヤルプロジェクトブランド)』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェクト・
ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法のアヘン製
造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地帯の農家の人々を
支援するために始めたプロジェクト)の、タイ北部産ウーロン茶のティ
ーパック/3個入りミニセットです。

丁寧に手でひとつひとつ摘まれ、デリケートなプロセス過程を経て作ら
れた格別で上品な味をお楽しみ下さい。

★ただ今キャンペーン中★

⇒定期ヘナ染めで頭皮と髪のディープトリートメント。
ヘナ商品がお買い得!
ヘナ葉ハーブ」「ヘナ葉+インディゴ」「インディゴ100%

⇒「オーガニック・モリンガオイル

⇒「紐つきシャンプーバー/
黒艶しっとりアムラ石けんサラ艶ふんわりシカカイ石けん

…and a lot more!

 

★オススメ&定番人気★

オリエンスハーバル特製
《ニーム葉オイル》シリーズ

オリジナル
ラベンダー入りヴァージョン
カモミール入りヴァージョン

◎◎◎「村の薬局」「肌の女王」として親しまれてきたニームは、
肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルで、トラブル知らずの肌と髪!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』は こちら

 

8888888888888888888888

◆出店スケジュール@バンコク in 9月

☆場所: GATEWAY@EKAMAI (BTSエカマイ駅直結のショッピングモール)
時間/10:00-17:00
9/9(土)、10(日)
主催者:バンコクファーマーズマーケット

8888888888888888888888

 

→→タイ在住の方向け「姉妹店@オリエンスハーバル

 

化粧台からいらないものがどんどん消える、、 オイル美容術。

ここタイのバンコクは、、

相変わらず雨季のどんより曇り空。

いつも散歩コースにしている、家から散歩圏内にあるナイトマーケット
は、だいたい夕方5、6時頃から開くのですが、

夕方は一時的に土砂降ることが多いこの時期、
出店者のローカルタイ人たちは、さぞ大変だろうなーと

よく雨を眺めているのですが。
(というのも、私自身も毎月1回、他のマーケットで出店しているので、
雨が、ましては風も一緒に吹いてくるときのシチュエーションに
どこかシンパシーを覚えてしまうのでした)

それはさておき、
ここのところのマイブームは、「雑穀入りご飯」。

前回このブログで、植物タンパク質と動物性タンパク質について
書いた後、どれだけ食べてもいたって体によさげな植物性タンパク質を
食べることにすごく興味がわき、、

これまでは、タイのもち米に大麦を混ぜて食べるのがマイ定番だった
のですが、タンパク質が多く含まれていることで最近注目を浴びている
キノアや、アワ、キビ、といったものを米に混ぜて食べるようになり
ました。

こんな感じで、雑穀ライフをしていて気づいたのは、
雑穀を食べれば食べるほど、肉へ行かなくなるということ。

なんか、体がめっきり欲しがらなくなるのですね。動物性のものを。

これは一時的なものかもしれませんが、
現在様子見中。。

 

さて今回は、オイル美容のお話などをしてみたいと思いますが。
オイルを使ったナチュラル美容は、このブログでも何度もとりあげて
きました。

日々の美容日課として、寝る前に、いろいろなハーブオイルを日替わりで
顔、腕、手にたっぷりと塗り、靴下をはめてそのままZzzZZZ。を
ほぼ日課にしている私ですが、

やや時間に追われぎみの時などは、美肌キープと体に疲れを溜めない
ための基本「全身をたっぷりオイル漬け」をついつい怠けてしまうことが…。
気づくともう何週間もしていなかった、、なんて事もあります。

で、久しぶりに今日は、全身にたっぷりとハーブ入り米ぬかオイルを塗りこみ、
ベサンパック。

肌とオイルって、本当に相性がいーんだなぁ。とよく感じるのは、
こんな風に久しぶりに、全身にたっぷりとオイルを塗り、アーユルヴェーダ
風ナチュラルスキンケアをやった数時間後~翌朝。

ややくたびれがち&くすみがちだった肌が、ぐんぐん生気を取り戻して
再生していくのが、はっきりとわかります(驚)

…で。やはり美肌づくりには、ハーブオイルによる美肌バクテリアの餌付け
が欠かせないことを改めて再確認。。

オイルというと、どうしてもベタベタするというイメージから、
肌にオイルを使うのは苦手な人も少なくないと思いますが、

一見使い心地がいいローション&クリーム系とは、根本的に効果が違います。

今回はそのあたりのことをリビューしてみたいと思います。

 

■ローションや保湿クリーム類は、使い心地がグッド。
…問題は、効果が一時的にしか得られないこと。

市販の皮膚保湿剤のほとんどは、主に「水+増量剤+ごく少量の活性成分」
で出来上がっているのが一般的です。

肌が乾燥してひびが入り、またはシワシワな時、
こういった保湿剤を塗ると、肌組織はすぐにその保湿剤に含まれる水分を
みるみる吸収して膨れ上がり、潤います。

まるで縮んだ風船が蘇るがごとく、小じわやカサカサ乾いた肌は水分で満た
されるので、その瞬間は肌はみずみずしくてキレイに見えます。

ところがその後まもなく、、
水分が自然蒸発するか、血流の中へ吸収されて水分が消えてしまうと、
再び乾燥したカサカサ老化肌が、姿を現します。

また、保湿剤の成分として含まれる水分には、別の問題もあります。
それは、水は基本的に腐るので、増量剤として水分が含まれている製品に
は、必ず防腐剤が入っていることです。(そうでなければ、その製品は
時間が経てば異臭を放つかカビカビになります)

そして、その防腐剤は。
成分を知ったなら、できることなら自分の肌にはつけたくないと思うような
成分でしょう。

残念ながら、これが、市場で出回る大部分のスキンケア製品に適用され
ていることです。

■オイル美容で保湿剤いらず。ふっくら美肌の作り方

さて、ハーブオイルを使ったアーユルヴェーダ美容では、
一時的な保湿剤に頼らなくても、肌を深い層から滋養し、ふっくら美肌
を養うことができます。

ベストな美肌をキープするために、できれば週2回はやっておきたいテク
です。

《肌の解毒+角質除去+水分補給+ディープ滋養がいっぺんにできる、
アーユルヴェーダ美肌テク》

1.まずはじめに、熱いシャワーを浴びはじめましょう。
そしてシャワーを流しながら、肌にハーブオイルを塗りこみ、肌深く
オイルが浸透するようによく擦りつけます。
(あるいは、はじめに肌全体にオイルを塗ってしまい、その後シャワー
を浴びながら、オイルとシャワーのお湯を肌表面上で混ぜて乳化させるよ
うな感じにします)

2.その後、熱いお風呂に入るかサウナに入り、5~15分間汗をかきます。
(バスタブもサウナもないときは、熱いシャワーを長めに浴びます)
こうすることで、オイルが皮膚のより深い層へ入り、不純物を浮き上が
らせることができるようになります。

3.ここで一旦、お風呂、またはシャワー、サウナから出ます。
乾いたタオルで強くこすりながら、肌についたオイル分をすべてふき取り
ます。
これは、強い角質除去になり、オイルだけでなく肌表面にある乾燥した層
も一緒に除去します。この時、肌は刺激されて色が赤くなります。

4.次に、再びお風呂へ戻ります。
シャワーを浴びながら、再び体全体の肌に、オイルのごく薄い膜ができる
ように、少量のオイルを伸ばします。

5.お風呂から上がり、タオルで体全体を拭きます。
この後、保湿剤をつける必要はありません。

…これで、肌を解毒、角質除去、水分補給をいっぺんにやり、肌に深い
潤いを与えたことになります。

さらに、美肌の素となるバクテリアが肌を保護し、保湿のための脂肪酸を
皮膚が自ら生産するための理想的な環境ができあがりました。

こんな風に、ナチュラル美容を取り入れれれば取り入れるほど、
バスルームや化粧台に所狭しと並んだ数々のアイテムは、
使う必要を感じなくなって激減すること、うけあいです。

 

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
おすすめアイテムのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

人気商品
《オリエンスハーバル特製・ニーム葉オイルシリーズ》

New!
ニーム葉+カモミールオイル 75ml
姉妹品:
ニーム葉オイル 75ml(オリジナル)
ラベンダー入りヴァージョン

◎◎◎ニームオイルから得られる美肌&美髪効果

ニームは、肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルは、トラブル知らずの肌と髪を養い
ます。

「肌への効果」

湿疹、乾癬、ニキビ、すり傷・切り傷、乾燥による肌のかゆみ、
肌の赤みや炎症の緩和。
肌の保湿・老化防止、肌の弾力向上、シミ・シワ予防&治癒、
毛穴引き締め、保湿、不純物除去、殺菌消毒効果、色素沈着の除去、
肌の透明感を高める、など。

「髪&頭皮への効果」

フケ予防&治癒、頭皮のpH値改善、頭皮の痒み緩和、毛根強化、
育毛促進、縮れ毛を扱いやすくする、髪に滑らかなさと光沢を与える、
枝毛予防、キューティクルの修復、など。

【What’s New!】

《シカカイ&カフィアライム・シャンプーバー》
伝統美髪ハーブがたっぷり入ったハーブシャンプーバー。

《ブラーミ+ホリーバジルのヘアトニックオイル(フォーミュラ2)》
脳強壮/元気回復&育毛ハーブ「ブラーミ」と、ハーブの女王「ホリーバジル」
の薬効をあますところなく詰め込んだ、ハーブトニックオイル、フォーミュラ2!

 

◎◎◎特典/8月限定無料プレゼント:
※<期間限定>8月31日まで/まもなく終了!お急ぎください。

『タイグルメ・ホームメイド桃ジャム』

タイのハイソピープルに絶大な人気を誇る「ロイヤルプロジェク
ト・ブランド」(故プミポン前タイ国王が、1950年代初頭に違法
のアヘン製造に繋がるケシ栽培で生計を立てていた貧しい山岳地
帯の農家の人々を支援するために始めたプロジェクト)の、上品
な味わいのフルーツ果肉ジャム。

⇒⇒無料サンプル/ハーブシャンプー3点セット、プレゼント中!

→タイ在住の方向けショップは こちら へどうぞ。

 

 

夏にぴったり。冷凍レモンダイエット(ついでに免疫強化&がん予防)

身近にありすぎて、、

ほとんど忘れているもの。または当然すぎて、さほど注意を払う
ことがなかったものが、ダイエットにすごく効果的で、しかも
あらゆるがんを予防してくれるものだった…。

そんな野菜やフルーツは、
実は知らないだけで、結構身近にゴロゴロあったりするものです。

そんな中でも、ダントツ1位にあげたいのが、レモン。
(タイにいる方はマナオで代用できます)

ここタイは、整形外科やスパが充実しているため、
痩せたかったら手っ取り早く脂肪吸引なんて手もありですが、、

実は、「ジリキやせ」でない場合というのはどうしても、
その時だけよくても、すぐにもどってしまう確率がマックス。

やはりポイントは、メンテできるかどうかにかかっているでしょう。

無理なく自然にコツコツ、スムーズにやせたかったら、
レモンを活用すべし!ということで、

今回はこの「レモンやせ」と、ついでに得られるアメージングな薬効
をご紹介したいと思います。

 

☆☆☆

■レモンの薬効
~冷凍して皮ごと使うのがポイント!~

レモン類は、私たちが食べることができる最もアルカリ性の果物です。

実際には、レモンは酸性の質がありますが、体の中に入ると、アルカリ
性に変わり、体を浄化します。

レモンにはビタミンCやミネラルがたっぷりと含まれ、数え切れないほど
の健康効果があり、その独特の風味や香りは、さまざまな料理やお菓子
に使われています。

レモンは通常、レモンの果汁部分に濃縮されているビタミンC目当てで
使われることが多いですが、最新の研究では、多大な栄養素を含むレモン
の皮の薬効の効果に、大きな注目が集まっています。

レモンの皮には実際、レモン汁そのものよりも5~10倍のビタミン類
が含まれていることが研究で示されています。

レモン汁自体にも、すばらしい解毒効果があり、実際に伝統的に使われて
きましたが、汁だけを絞った時点で、高い治癒力が潜在的に含まれている
部分が失われてしまいます。

このため、そのまま冷凍して、皮ごと使ってしまおうというわけです。

レモンの皮は、特に免疫強化によく、コレステロールを調整したり、
がんを予防したり、感染を治癒したり、寄生虫を殺すことが報告されて
います。

 

★消化関連のプロセスをぐぐんとバックアップ

→胃の中のカファ過剰状態(胃が重い、消化不良、胃の分泌液過
多、吐き気など)、消化不良や吸収不良からできあがった毒素をクレンジ
ングする働きがあります。

→ヴァータ、ピッタ、カファの不均衡から生じる腹痛に有効です。

→胃酸過多、げっぷ、ガス、胸焼けを解放します。

→肝臓の胆汁形成を助けるので、消化プロセスがスムーズになります。

★便秘解消

レモン水を朝おきがけの胃が空の状態に飲むと、腸を効果的にクレンジン
グできるので、便秘に有効です。

★減量

肥満は、カファドーシャに関連しています。レモンはカファを減少させる
効果があるため、体を痩せやすくします。

★血液浄化作用が、お肌のトラブルを解消

レモンは、古代から使われてきた自然の血液浄化剤です。
その効果はとてもアクティブなので、血液中の毒素が原因となって起こる
湿疹、ニキビ、シミ、シワなど、肌のトラブルに効果的です。

★疲れをとってリフレッシュ

レモンは、疲れを追い払います。慌しいスケジュールをこなした後は、
レモン入りのドリンクが最適です。

★歯茎の出血や痛みに

レモンは、歯茎の病気治療にも使われる、重要なアーユルヴェーダ食品です。
歯痛の時は、レモンの汁をその部分につけると、痛みから解放されるとの
こと(かなり沁みそうですが…)
また、喫煙やアルコール摂取後に、レモン水をマウスウォッシュのように使
うと、口臭予防にもなります。

■レモンとがん

このように、さまざまな薬効があるレモン。

特にレモンの皮は、体内に潜む有害廃棄物を壊し、毒素を除去する大きな可
能性を秘めたものとして注目され、レモンががん患者の治療によく使われる
主な理由とされています。

研究者たちは、レモンが異常な癌細胞を破壊するかどうかを疑問視し、1970
年以来、20以上の研究の後、冷凍レモンの抽出物が、12種類の癌(結腸、
乳房、前立腺、肺、膵臓など)の悪性細胞を破壊したとし、今では多くの研
究がこの可能性を確認しているとのことです。

 

★★冷凍レモンの作り方&使い方★★

1.まず、レモンをリンゴ酢または重曹でよく洗ってから、表面をキッチン
ペーパーなどで水分をふきとります。(→私はシカカイで洗ってます)

2.一晩冷凍します。

3.冷凍したレモンは、そのまま、おろし器をつかって皮ごとおろして使い
ます。

この冷凍レモンは、料理、スープ、サラダ、スムージー、ドリンク、紅茶、
デザート、お菓子などなど、なんにでも入れてOKです。

個人的におすすめなのは、冷凍する前にある程度カットしておいて
(レモンなら3~4等分に、マナオなら半分にします)、種を抜いた状態で
冷凍保存すること。

こうしておくと、一回ごとに使う分だけ取り出せるので、便利です。

また、マナオを使う場合は、一度に使う量は1/2個で十分な感じです。
(なんといっても皮が含まれているので、味的に結構エグ苦い感じになるので)

***

…レモンでやせるもよし、免疫強化で病気予防もよし。

特に今のような、暑い夏の時期(→タイなら一年中ほぼ夏みたいなものなので、
いつでもOK)には、冷たいものが食べたくなるので、冷凍レモンを使った
ホームメイドシャーベットやアイスクリームを、たっぷりと召し上がれ!

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルから、
お買い得情報のご案内です。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

◎◎◎定番/人気アイテム

■夏のファンデはやっぱりコレ!
《タナカ・ファンデーション(ナチュラルカラー)/7g》
オイルフリー、化学日焼け止め剤フリー、パラベンフリーの無香料タイプ。 敏感肌にも最適な、超マイルドタイプのファンデーション。

 

■あらゆる皮膚トラブルは、ニームにおまかせ。

《ニーム葉オイル》
《ニーム葉+ラベンダーオイル》

「美肌の女王」ハーブ、ニーム。
お肌のくすみ、黒ずみ、乾燥肌、ニキビ、湿疹、アトピー&乾癬など
の皮膚トラブル全般、頭皮の痒みやフケにも最適!

 

◎◎◎ただ今キャンペーン中!
※期間:6/26~7/10まで※

・『新養髪(しんやしないかみ)』(ハーブ100%ナチュラル洗髪粉)
期間限定、2割引!

頭皮と髪の悩みは、これで解決!
リンス&コンディショナー不要のオールインワン・ナチュラルハーブ
洗髪粉で、どんな髪タイプもサラつやに仕上げ!

・『オーガニックニーム・ボディ&シャンプーバー』
1個の値段で2個ゲット!

 

◎◎◎特典/無料プレゼント:※7月15日まで※

『ベルガモット・ヘアローション』

タイでおなじみ&定番の、頭皮・髪強壮の伝統ヘアケアハーブ
「こぶみかん」入りヘアローション。
カフィアライムピール(こぶみかんの皮)のナチュラルエッセ
ンスと、他の頭皮と髪に有益なハーブが、頭皮を滋養し毛根を
強化。特にフケ、頭皮のかゆみ、抜け毛予防に最適!

 

【【【 洗髪アイテム・お試し無料サンプル 】】】
⇒『ハーブシャンプー・サンプル3点セット』はこちら

 

 

 

 

タナカを使った『垢すり美白』テク。 ~夏用美肌は夜仕込む~

ここのところ、塩だけのバスタイムが続いていたので、、
角質がほどよく溜まっていて、ちょうど垢すり時かしら。ということで、

昨晩は、ミャンマー伝統の美肌木屑ハーブ、タナカをふんだんに使い、
すっきりさっぱり、全身角質除去をしました。

全身角質とり(つまり垢すり)をやった後の翌日というのは、
とても爽快です。

知らないうちに毎日少しずつ肌の表面に溜まっていく角質をプリっと
剥くと、肌表面だけでなく、心の垢もついでにとれるような感覚があり
ますね。(このすっきり感が微妙にやみつきに…)

さて、垢すりといえば、もうだいぶ以前、インド暮らしを始める前の
話になるのですが、

当時、100円ショップで韓国垢すり風の布を見つけたので、なんとなく
買ってためしてみたことがありました。

手に布をはめ、体をこまめに垢すりした後は、「すごい!こんなに肌
は滑らかつるつるになるんだ!」と感動したものですが、

しかし。

布を使った自力垢すりはなんというか、、

地味だし面倒くさいし、時間がかかるので、結局長続きせず終いになり、
美肌キープ日課としては、あんまり理想的な方法ではないというか、

布を使った場合、妙に「すり残し部分」が気になったものでした。

これは目ではっきりと確認できるわけではないので、これがまたメンド
クサイというか。。

その点、タナカで垢すりする場合は、顔を含めた、体のありとあらゆる
部分、例えば足の指だったり、指と指の隙間だったり、肘やくるぶしな
ど、カーブのある部位でも、布では到達できない細かい部分の角質除去
が簡単すっきりラクラク出来てしまい、布みたいに「こすらねば」みた
いな余力もいらないので、とても効率的です。

特に夏場は、汗をたっぷりかきやすい時期でもあり、肌の表面に汚れや
角質が溜まりやすい時期なので、

週1~二週間に1度ぐらいは、肌のくすみや黒ずみとは無縁のクリアな
肌をキープするためにも、ぜひやっておきたい美容日課です。
(これ以上やりすぎると逆に肌をいためてしまうことがあるので、
やりすぎにご注意!)

そして、角質除去後の肌には、美肌の素となる美肌バクテリアの餌付け、
つまりオイルをたっぷりと肌にぬりこんで寝るのがポイントです。

寝ている間の6~8時間は、外部の美肌妨害物(太陽光線、空気汚染、
化学物質など)に肌をさらすことなしに、じっくりと肌の滋養がスムー
ズにできる貴重で最適な時間帯。

なので、この美肌仕込みに最適な時間を、最大限に利用しましょう。

***

■タナカ垢すり(全身)のやり方:
※やる時間帯は、夜寝る前がおすすめです。

『用意するもの』
タナカ 100g
・好きなエッセンシャルオイル 数滴(オプションなのでなくてもOKです)

《やり方》
タナカと水を混ぜ合わせ、揚げる前の天ぷらの衣のような固さのペースト
を作っておきます。※1時間以上前にペーストを作って寝かせておくと
さらに◎。

体を一旦お湯で湿らた後、ペーストを少しずつ、体中にまんべんなく塗って
いきます。
 ↓
ペーストが肌についた状態で、あまり力をいれずに、なでるような感じで、
手と指を使ってゆっくりとスクラブしていきます。
とくに普段あまり触ることがない部分、くぼんだ部分(膝のうら、足指の間、
くるぶし付近、足の付け根、胸の下の部分など)は、こまめにやりましょう。
 ↓
全身をまんべんなくスクラブした後、よく流します。
 ↓
寝る前に、米ぬかオイル(おすすめはこちら)や、日頃使っている美容オイルをたっぷり
肌に塗りこみ、そのままZZZZzzzzz。で完了。

 

…翌朝、起きて鏡をのぞきこむのが楽しくなることうけあいです。

この夏は、タナカ仕込の美肌で差をつけましょう。

 

★【本日から4日のみ!】

夏前限定・徳用タナカ(1kg入り/全身垢すり美白・たっぷり10回分)
キャンペーン中!

6/27~6/30まで

⇒この機会にぜひ、ミャンマー伝統ハーブ・タナカの美肌ヂカラをご堪能下さい。