肌を1トーン明るくする、、「オイル+ベサン」美白テクニック。 ~露出の多い夏に向けて、肌準備~

さて、日本はこれから夏が始まり、
肌の露出が多くなる季節に入りますが、、

タイはほぼ一年中、夏感覚。

うっかり日焼け対策を怠ると、肌はみるみる黒くなります。

ちょっとぐらい黒くなっても、暑い季節&暑い国らしくていいと
思うのですが、

アジア人の白い肌への執着というのは、並々ならぬものがある
ますね。

ここタイでよく見かける韓国ガールたちは、
みんな揃いもそろって肌が色白ですし、
(スネイル系美白クリームのなせるわざ?)

タイのキャンペーンガールズの肌の異様な白さ(人工?)も、
際立ってます。

逆に、アジアの国以外の人たちは、白い肌というのにさほど、
あるいは全然こだわっている様子は感じられず、

逆に「いやいや、私は肌を黒くしたいのよ」といわれることもし
ばしば。

とまあ、どんな肌の色を美しいと感じるかは、さまざまなのですが、

やはりアジア人は「白い肌が美しい」という感覚が強め。

というわけで、今回は、
ほぼやり尽くした感のある、いくつかのナチュラル美白テクのなか
から、最近やってみてかなりヒットだったやり方をご紹介したいと
思います。

うっかり日焼けしてクロンボになってしまったときや、
集中美白したいときなどにもおすすめです。

☆☆☆

■『熱めシャワー+米ぬかオイル+ベサン』 
⇒ 肌の明るさが1トーンアップ!

◎必要なもの:

・米ぬかオイル 60ml
(⇒おすすめ:ハーブ入り米ぬかオイル「艶美肌Eオイル」

ベサン粉 150g

 

肌の美白のためのナチュラルなアイテムといえば、
やはりベサン(ヒヨコ豆の粉)でしょう。

そして、美白のためのオイルといえば、米ぬかオイル。

この二つを使いこなせれば、ほぼ満足のいく美肌がゲットできる
ことうけあいです。

◆やり方:

1.器にベサン粉150gに水を加え(お湯ではなく「水」を使います)、
天ぷらの衣状の固さのベサンペーストを作っておきます。

2.まず、体全体に熱いシャワーをあびるか、バスタブに数分浸かり、
ある程度体を温めて、肌の毛穴を開いておきます。

3.濡れた体に、米ぬかオイル60ml分をまんべんなく塗り、ほどよ
くマッサージしながら肌全体によくなじませます。
このとき、体についた水分とオイルがよく混ざり合い、乳液状にな
った状態がベスト。

4.再び熱いシャワーを浴びながら(あるいは体にお湯をかけながら)、
体についたオイルにさらにお湯を混ぜ込んで乳液化トロトロにする
要領で、手の平で肌全体をこすりながら、お湯をたっぷりと浴びます。

5.その後、作っておいたベサンペーストを体にたっぷりと塗り、
2~3分ボディパックします。
⇒こうすることで、毛穴奥から浮き出た汚れ、肌の表面の古い角質や
老廃物が混じった乳液状オイルを、ベサンが吸着します。

6.体についたベサンペーストを、ぬるめのお湯でよく流して完了。

***

この方法は、肌の表面の汚れや古い角質をディープに落としつつ、
同時に滋養します。
(やる頻度は、週1回程度でOKです。←やりすぎに注意)

これをやった翌日は、肌全体を極力休ませるために、石けんなどは
一切使わず、塩を入れたお風呂に浸かるのみ。がグッドです。

自然素材を使った「自力美白」のいいところは、肌本来の健康的な
美しさを最大限に引き出せること。

…というわけで、自力美白のススメでした。
☆☆☆

日焼けした肌を、、二日でリセットする自宅エステ。

つい先日。

おそらくここ六ヶ月以上は顔を合わせていたなかった、
取引先の経営者の方に久しぶりに会い、

「あら、、黒くなって…。(最近)何やっているんですか?」

とのご挨拶。(笑)

「え? …やっぱり黒いですかね?」

タイは今、30度を超える気温で毎日蒸し蒸しの暑さ。

日傘がわりに使っていた折り畳み傘を、ここのところ手抜きして使わずに
外出することが多かったので、肌がすっかり焼けていた模様。。

日に当たって肌が黒くなるのは、肌の免疫がよく働いていることを現して
いるし、肌を健康に保つための栄養素・ビタミンDを太陽からもらうために、
毎日少しの時間、直射日光に当たるのは基本mustなので、あまり気にして
いなかったのですが。

ここのところのスキンケアは、バスソルト+寝る前に肌にちょっとオイル
を塗ってZZzzz。のパターンが続いていたので、

ちょうどいいので、肌を白くもどすことを兼ねた、
2日間集中美肌エステ@自宅をすることにしました。

必要なものは、

ベサン100g~150g
・オイル100cc分(単体に限らず、好きなオイルを混ぜて合計100ccにしてもOK)
・ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカ 100g~150g
ニーム葉オイル(仕上げ用)。

まず一日目は、『肌のたっぷりオイル漬け+ベサンの全身パック』。

100ccほどのオイル(マイお気に入りは、美白効果の高い米ぬかオイル
インドのごま油のミックス)を、全身にたっぷりと塗り、
丹念にマッサージ。

こうしてオイルをまんべんなく塗った後は、さらにオイルが毛穴奥深くへ
浸透させて毛穴の老廃物を引っ張り出すために、
熱めのシャワーをまんべんなく浴びながらお湯を肌に擦り込むようにして、
肌についたオイルを乳化させる要領で約10分ほどやります。

このとき、肌の表面に塗ったオイルとお湯が混じりあい、程よく乳化
されると、肌の表面がディープにクレンジングされ、浄化されます。

そしてこの後。

100g~150gのベサン粉に水を加えて、揚げる前の天ぷらの衣状にしておいた
ベサンペーストで全身パック。
5~10分程パックした後、お湯でよく流します。

そして夜寝る前に、美肌バクテリア(肌の表面にいる、しっとり美肌を作る
ために欠かせないバクテリア)を肥やすために、ニーム葉オイルを顔や首、
腕などに薄く塗ってそのままZZzzz。

翌朝の肌は、ゴージャスに生まれ変わっています。

基本、この一日だけでもいいのですが、

二日目は、さらに美白効果を高めるために、タナカ(効果がサンダルウッド
にかなり似た、ミャンマー伝統のハーブ。ミャンマー女性のキメの細かい美
肌の秘訣はこのハーブゆえ!)を使った全身ボディパックをしておきます。

タナカは水を加えて1時間以上ふやかしてから使った方が肌によくなじむので、
私はいつも数時間寝かせてから使っているのですが、

このタナカを顔~全身に塗り、そのまま5~10分置いた後、よく流して、
二日に渡る集中美白@自宅エステの完了!

日に焼けた後に、肌をできるだけ早く白くもどしたい&リセットしたい時
にいい方法です&これで日焼けも全然怖くありません。

時期的にまだ早めではありますが、特に夏場などの日焼けしやすい時期に、
おすすめの自宅エステ方法でした。
★★★

 

★★オリエンスハーバルからのお知らせ★★

《3月末までの期間限定!/特典・無料プレゼント!》

『ベルガモット・ヘアローション』
■■ 完全期間限定:3/1~31まで■■

タイでおなじみ&定番の、頭皮・髪強壮の伝統ヘアケアハーブ
「こぶみかん」入りヘアローションです。
カフィアライムピール(こぶみかんの皮)のナチュラルエッセ
ンスと、他の頭皮と髪に有益なハーブが、頭皮を滋養し毛根を
強化。特にフケ、頭皮のかゆみ、抜け毛予防に最適!

☆★☆ おすすめアイテム ☆★☆

『艶美肌ビタミンEボディオイル(つやびはだ)』

ビタミンEたっぷりのピュアな米ぬかオイル100%ベースに、
各種肌滋養ハーブをプラスした、三本セットです

《 内容 》

★ブラーミ&ローズマリー:
・ブラーミ⇒ ダメージ肌全体の修復効果
・ローズマリー⇒ 肌の新陳代謝促進と毛穴ひきしめ

★ラベンダー&バタフライピー:
・ラベンダー⇒ 肌細胞活性、ニキビ緩和
・バタフライピー⇒ 肌の老化防止と弾力アップ

★ベチバー&オレンジ
・ベチバー⇒ 肌荒れ・乾燥肌改善
・オレンジ⇒ セルライトを減らす、収斂作用
主に、

*シワ予防
*肌の老化防止(肌のたるみなど)
*シミとり
*ニキビ、乾燥肌などの肌トラブル改善
*ボディマッサージ
*美白
*日焼け止め

に最適!

お肌の表面の美肌バクテリアを肥やし、しっとり滑らかなプリプリ肌を
作ります。

☆★☆ 今月のお買い得アイテム ☆★☆

《トリファラパウダー》
何千年もの間使われ続けてきたアーユルヴェーダ伝統の定番ハーブブレンド。 胃腸の活性化と浄化、便秘解消、免疫強化の他、ヘナに加えて頭皮と髪のケア、抜け毛予防にも!

■参照ページ:

~胃腸を強化し、浄化する伝統ハーブ・トリファラ~
~やせる効果も期待できる?伝統ハーブ薬トリファラ~
~万能伝統ハーブ・トリファラの肌美容効果~
~目を滋養するハーブとしてのトリファラ~

肌がまるでビロード? 米ぬかオイルの美肌効果。

先日、

観光客スポットにあるとあるデパート内を歩いていると、
その一角でイベントが開催されていたので、覗きにいくと、、

なにやら、バービー人形のようないでたちのタイガールたちが、
ひとりずつステージにあがり、

まずは音楽に合わせて、数分ほどセクシーポーズをご披露した
後、マイクのところへもどり、

「こんにちはー! 私は○○からやってきた、△△でーーーす!!
趣味は□□で…」

とかなんとかやっているではありませんか。

イベント名は、「ANGEL ON DUTY」。(訳すると「天使の任務」)

でたー! タイ名物の整形ボディご披露イベント。ということで、
興味深々&怖いもの見たさに偵察することに。(笑)

通りすがりの外国人観光客(主に殿方メイン)が
足を止め、なんだなんだ?と群れをつくり見入っているなか、

ひっそりと中へ潜り込み、
妖しげor怪しげな痩せ美容系サプリの販売のカウンターの前に
あったパンフをいくつかゲット。

遠くから見てる分にはキレイだったイベント会場の女性たち、
近くで見るとサイボーグみたいでかなり怖い。。

まつげが濃すぎ、肌が異様に白すぎ、胸だけが異常に大きすぎ(中に入れてる
袋のあとがくっきり…)。

いやー、、、アメージングタイランドだね。ということで、
その時は珍しいものを見れてよかった。ぐらいで終わったのですが。

つい昨日、前から、時間があるときに行ってみたかった、家から二駅ほど離れ
たエリアにあるローカルなナイトマーケットへ、散歩と運動がてらに歩いて
いった時のこと。

ローカル感漂う雰囲気が、昔訪れたネパールのカトマンズにある市場を
思い起こさせ、カトマンズで体験した日々を思い出し、すっかり嬉しくなり
ながら、

そんなマーケット内にある一軒の店へ、なんとなく足を踏み入れる。

そこはなにやら、女子グッズのお店で、ヘアカラーやらボディケアアイテムや
らがズラリと並んでいて、その一角に、痩せるクリーム、美白クリーム系の
コーナーがあり、タイらしいなーと思いながら、ひとつひとつブツをチェック
してみると。

肌や髪の色をぬいて白くする、あるいは金髪に近くするためのブリーチクリーム
がいろいろあり、しかも手頃に買える値段の安さ。(65~160バーツぐらい)

見るからに体に悪そうだなーと思いながら、原料が表示されている部分を
チェックしてみると、、

hydrogen peroxideとかいてある。

…つまり、過酸化水素。
(過酸化水素を3%までうすめたものが、あの、傷口にぬるとシュワシュワシュワと
なる、オキシドールです。)

えええ?
過酸化水素は確か、体に有害なフリーラジカルに変わって、老化を激しく
促進させるやつじゃなかったかしら?

えええ?
タイガールたちは、こんなものを使って肌を強制脱色して白くしてるの??
(唖然)

先日見かけた、肌の白さが松田聖子並の整形美女たちも怖かったけど、
このクリームも怖すぎる…。

わざわざそんな危険な思いをしなくても、自然なアイテムでいくらでも
美肌づくりはできるのに、、、

なぜ米ぬかオイルを使わないのだね、君たち。

というわけで。
前置きがすごく長くなりましたが。

今回は、健康的な美肌&美白効果がダントツに高いオイルのひとつ、
米ぬかオイルについてご紹介したいと思います。

***

ここ最近、個人的にすっかり虜になっているのが、この米ぬかオイル。

美容オイルには種類が豊富にあり、
米ぬかオイルはここタイでは食用としてよく活用されているオイル
でもあり、結構地味で目立たない感があるのですが、

先日、例のイベントの肌漂白美女たちをみて、

自然なもので美白効果の高いオイルのことを考えていたら、
このオイルのことをふと思いだしたのでした。

そして、久しぶりに改めて使ってみたら、、
そのままやみつきになってしまい、最近はほぼ毎日愛用しています。

そもそも、私がはじめて米ぬかオイルに出会ったのが、タイ。

当時はまだ、インド暮らしをしている時で、
ホリデーのために定期的に訪れていたタイ。

自炊のために料理に使おうと、何気なく手をのばしたこのオイル、
料理にたくさん使ってもだいぶ余ってしまい、

そのままただ置いて帰るのももったいないということで、
タイのスパではよく使われているらしいこの米ぬかオイルをたっぷり
と使い、試しに全身マッサージをしてみたのがきっかけです。

翌朝。
肌の質感に、びっくり感激。。

鏡をのぞくと、肌が明らかに、明るいトーンになり、
しかもしっかりと滋養できていることが実感できました。

その後はインドにもどってからも、インド産の米ぬかオイルを手にい
れては、マイボディマッサージオイルの定番のひとつとして、活用す
るようになったのでした。

さて、このオイル。
実際はどんなオイルなのでしょうか。

***

★米ぬかオイルって、どんなオイル?

米ぬかオイルは、米の胚芽と内殻から抽出されたオイルです。

老化防止に必要な物質、トコフェロールとトコトリエノールという二種類
のビタミンEが含まれ、さらに、ビタミンEよりも強力な抗酸化物質で、
フリーラジカルを追い払うことで知られる物質、オリザノール(米ぬかに
特有の成分)が豊富に含まれています。

この二種類のビタミンE、オリザノールに加えて、さらにさらに。

米ぬかオイルには、27種類のミラクル物質が含まれています。

■肌への効果

米ぬかオイルの肌への主な効果は、なんといってもその素晴らしく深い保湿力。

軽くて簡単に肌深くへ浸透し、水分を補給しながら保護する、完璧な肌の保湿
剤です。

米ぬかオイルを常用すると、肌はよりソフトで滑らかになり、まるでビロード
のような質感の肌になることうけあいです。

特に、ひどい乾燥肌、シワ、不快感をともなう肌の湿疹、日焼け予防や日焼け
後の回復、にきびなどに適したオイルです。

また、肌につけた時に、毛穴を詰まらせることなく皮膚全体の自然な再生プロ
セスを促進させるので、傷の治癒能力が高まり、肌の弾力もグンとアップ。
シワが減り、老化プロセスをかなり遅らせることができます。

■髪への効果

米ぬかオイルはなにも肌のためだけでなく、髪にも効果的です。
太陽や風、寒さなどからのダメージから髪を守り、枝毛を防ぎます。

また、頭皮の油性を正常化させてバランスをとるので、フケにも有効です。

米ぬかオイルで頭皮をマッサージすると、頭皮が滋養され毛根が強化し、
柔らかくツヤツヤな髪を保つことができます。

・・最高ですね。。

使い方は、いたって簡単。そのまま肌や頭皮や髪に塗るだけで、
ボディマッサージの他、日焼け止めや美白ローションとしても活用できます。

こんな、肌が超ゴキゲンになるオイル、使わない手はありません。

米ぬかオイルは、現代において最も効果的な、強力なスキンケアアイテムの
ひとつといえましょう。

///////////

…というわけで、オリエンスハーバルでも、作りました。
美肌づくりの最強オイルを。

名づけて

『艶美肌ビタミンEボディオイル(つやびはだ)』

ビタミンEたっぷりのピュアな米ぬかオイル100%ベースに、
各種肌滋養ハーブをプラスした、三本セットです

《 内容 》

★ブラーミ&ローズマリー:
・ブラーミ⇒ ダメージ肌全体の修復効果
・ローズマリー⇒ 肌の新陳代謝促進と毛穴ひきしめ

★ラベンダー&バタフライピー:
・ラベンダー⇒ 肌細胞活性、ニキビ緩和
・バタフライピー⇒ 肌の老化防止と弾力アップ

★ベチバー&オレンジ
・ベチバー⇒ 肌荒れ・乾燥肌改善
・オレンジ⇒ セルライトを減らす、収斂作用
主に、

*シワ予防
*肌の老化防止(肌のたるみなど)
*シミとり
*ニキビ、乾燥肌などの肌トラブル改善
*ボディマッサージ
*美白
*日焼け止め

に最適!

お肌の表面の美肌バクテリアを肥やし、しっとり滑らかなプリプリ肌を
作ります。

…以上、オリエンスハーバルからのお知らせでした。

肌を守る、最強ビタミン。 ~アーユルヴェーダでセサミオイルが使われてきた理由~

もう11月だというのに、、

雨季が終わりそうで終わらない、タイはバンコクです。

それでも、なんとなく日射しはきつくなってきたような気配
があるのですが、

ここのところ何ヶ月雨季続きで、空が曇り気味だったこともあり、

暑い季節には必ずまめに塗っていた日焼け止めがわりのクリーム
(インドのヒマラヤカンパニー社の足の踵ひび割れ用クリーム。
インド暮らしをしていた時に、日焼け止めにも最適だということに
ある日気づいて以来、愛用しています)も、

うっかり塗ったり塗らなかったりしているうちに、、

あらあら、
肌はいつのまにかうっすら日焼けし、
なんだかシミが増えてきたような気がする今日この頃・・・。

こんな風に、うっかりダメージ肌になってしまったときの強い味方が、
インド産のセサミオイル。

ぶっちゃけこれがあれば、どんな肌ダメージも怖くありません。

暑い国の強い日射しで弱った、ヨレヨレぎみの肌をディープに滋養し、
みるみるふっくらフンワリの肌に戻してくれるこのセサミオイル。

個人的に「肌若返りスーパーオイル」と名づけているのですが。

ここ最近の手抜きケアを反省し、そのバランスをとるべく、
ここのところ集中的に、全身をハーブ入りセサミオイルでマッサージして
います。

今回は、そんなセサミオイルを使うことのメリットについて
ご紹介したいと思います。
***

■お肌の表面を潤し、美肌を作るパワフルな保湿剤、ビタミンE

現代に生きる私たちの肌は常に、太陽の紫外線からのダメージや、有害な
化学薬剤や毒素に常に囲まれて生活しています。

肌の表面にこういった毒素がつくと、肌はそのダメージから自動的に守ろう
として、ビタミンE、C、Dが一緒になり、やってきたダメージに抵抗します。

ここで特に大事なのが、肌の表面を潤すパワフルな保湿剤の役割を果たす、
ビタミンE。

ビタミンEは、肌の美しさを左右する美肌バクテリアを肥やし、皮脂バランス
を維持する重要なビタミンで、ビタミンDの予備軍を作るビタミンなのですが、
体によって合成されないので、食事でとる必要があります。

FDA(アメリカの厚生省のひとつ、食品医薬局)によれば、なんとアメリカ人
の27%はこのビタミン不足といわれ、FDAはナッツ類やシード類、葉野菜類の
一日摂取量を増やすことが薦められているということです。

今年、アメリカのニュージャージー州で行われた研究で、太陽光線を肌に
浴びると肌の表面にあるビタミンEが予想以上に早く薄まることが報告され
ました。(真夏の8月の午後、30分間の日光浴で、肌の角質層のビタミンE
レベルは65%まで薄まり、10月に行われた同じ30分間の実験では、肌の表面
のビタミンEは50%まで薄まったとのこと)

肌の表面のビタミンEが薄まると、肌はとても繊細でもろにダメージを
受けやすくなることから、肌の上に十分な量のビタミンEを保つための、ベ
ストな方法を見つけるための調査がなされ、

そして、ビタミンEを摂取するよりも、肌に直接塗った方がはるかに効果的
であることが究明されました。

参考サイトはこちら

■古代アーユルヴェーダではすでに、伝統的にビタミンEを肌に塗っていた!

アーユルヴェーダではすでに、ビタミンEがたっぷりと含まれる植物の種・
ゴマのオイルが、日々を健康に、そして肌を保護し美しく保つためにすでに
当たり前のように使われてきたというのだから、驚きです。

アーユルヴェーダは、ヒマラヤに住む賢者たちが瞑想によって
その智慧を授かった生命の科学といわれていますが、

インドにあるバラエティ豊かな植物の中から、あえてゴマが選ばれ、そのオ
イルが何千年もの間使われ、インドでは今もなおそのオイルが、赤ちゃんか
らお年寄りまで、ボディマッサージに使われているというのは、

まさにアメージングなことです。

現代科学の研究において、普段の生活の中で、規則的に浴びる太陽光線か
ら失われてしまう肌表面のビタミンEを、肌にビタミンEを塗ることで補う
ことの有効性が明らかになり、

毎日、セサミオイルを肌に塗り、全身マッサージすることは、まさにもっ
てこいの方法ということが判明しました。

古代の科学は現代科学の最先端?

「伝統的に行われてきたことや使われてきたもの」の価値が、
これからもどんどん見直されていくのかもしれませんね。

***

【おすすめ!】ハーブ入りインド産セサミオイル 
by オリエンスハーバル

★《トゥルシ入りインドのゴマ油(ホリーバジル入り)》
★《ブラーミオイル》
★インド産セサミオイル《ティルタイラ》
◎◎11月の無料プレゼントはこちらです◎◎◎

フランスパンを使ったフェイスリフト。

前回では、最近フランスパンを気に入って食べていることを
お伝えしましたが。

ここのところ朝ごはんにフランスパンを食べ続けていて
ふと気づいたのが、

・・いかに普段、モノをよく噛んで食べていないか。(笑)

食べる時にあまり噛む必要のない、麺系のものを好んで食べる
ことが多いので、

フランスパンを食べているとき、いかに歯に繋がっている筋肉
とアゴを使っていないかに気づくことに…。

フランスパンは、食パン系の柔らかいパンとは違い、
ある程度噛み噛みしないことには、喉を通ってくれないのと、

固い食べ物を食べる時よりも噛む筋肉を酷使することなく、
ほどよい柔らかさがありながらもすぐには噛み切れないので、
ちょうどいい噛み力を維持しながら長く噛む必要があり、

早く食べれないので、食べすぎ防止にもなります。
(噛んでいるうちにお腹一杯!)

食べている間、いやおうなしにアゴの筋肉と顔の筋肉を程よく
巻き込み、顔面運動に最適です。

また、口の中をまんべんなく(前歯から奥歯まで)使うように
して食べた後、普段使っていない顔のインナーマッスル?のほ
どよい疲れと、顔が内側から引き締まってくる感じがありました。

今日はそれを改めて意識的にやってみたのですが、

数時間後、出かけ先で何気に鏡をのぞいてみると、
顔のむくみが心なしかスッキリし、小顔ぎみに感じられました。(凄い!)

あるセルライト解消のフィットネス専門家の方が、「セルライト
を解消するのに一番効果的な方法は、セルライトの下にある退化
した or 怠けた筋肉を鍛えなおすこと」とブログでいっていまし
たが、

まさに顔のたるみも、マッサージといった顔の外側からの働きか
けだけでなく、顔の内側、インナーマッスルにも働きかけること
の大事さを実感しました。

特に、噛む時に使う筋肉の影響は大きいのではないかと思います。

なんといっても、ご飯を食べながらその時間内にフェイスリフト
もできてしまうという一石二鳥な効率のよさが魅力的です。

それと気づいたのが、日頃知らず知らずのうちに、ストレスなど
で緊張している顔の筋肉が、一日一食フランスパンを食べて口の
中の噛む筋肉を思いっきりまんべんなく使うことで、こわばった
顔の緊張が解放され、ストレッチされて表情が柔和になること。

効果的な方法は、フランスパンを分厚めに切り、食べる時に顔面の
筋肉を大げさに使って食べること。(人前で食べるのが恥ずかし
い方は、ひとりでひっそりと食べてください)

一日一食はフランスパン。
かなりおすすめです。

☆☆☆

■オリエンスハーバルからのオススメアイテム■

顔マッサージ&肌の滋養に最適!

トゥルシ入りインドのゴマ油
ブラーミオイル