夏の日焼け止め対策とホームメイドサンスクリーンレシピ。

・タイバジルを近所で発見&ゲット

今日、何気にいつもの生活圏を歩いていると。
お花屋さんでなんと、タイバジル(ガパオ)の苗を見つけました。

やったー!これさえあればあの、タイの庶民料理のガパオライス
(豚肉のミンチをタイバジルを加えて炒めたもの)ができるではありませんか!

gapao rice(ガパオライス)

ちょうど季節も夏で、タイ並みに暑い日々。
タイメシをそろそろ食べたいなと思っていたところでした。

まるでそれとシンクロするかのように、近所の輸入食品やさん
で、見たことのある小さなボトルを発見…。
なんと。タイのナンプラー(魚醤)ではありませんか。
しかもたったの145円!(笑)

さすが神戸とその近隣エリアは異国情緒溢れる港町。
近所にタイ料理やさんやタイマッサージ店もあったりするのですが、
たぶんその流れで、タイバジルの苗がひょっこり目の前に現れたという感じ
でしょうか。

そういえばたまに「あのお姉さん、絶対タイ人だよな」と思っていると、
案の定タイ語をしゃべりだしたりするので、結構タイ人が住んでる模様です。

また、コンビニでアフリカ人のお姉さんやインド人のお兄さんがレジ打ちして
たりもするので、やはり神戸に近いエリアは外国人在住者が多い印象ですね。

さて、こちらが本日手に入れたタイバジルの苗。

タイバジルガパオ

これさえあれば、パスタ料理も充実しそうで嬉しい限りです。

ちなみに一番左下にあるのは、先日スイートバジルを手に入れたときに残し
て置いた茎を土に埋め込んだもので、そのうち根っこを生やして大きくなって
くれることを期待して待っていたら、いつの間にか花を咲かせていました。

タイバジルとジューシーフルーツ

真ん中の二つの芽は、だいぶ前にスーパーで見つけて買って食べた「ジュ
ーシーフルーツ」なるグレープフルーツ似の柑橘系フルーツの種を植えた
もので、ちゃんと発芽してくれて、なんともいえない存在感を放っています。

このまま大きな木になって、たっぷりと実をつけてくれることを期待します。(願)

ジューシーふるーつ

***

さて今回は、このところだいぶ暑くなってきていて、いつもよりも日焼け止
め対策を念入りにしたい季節にぴったりのテーマでお届けです。

なんと、
「日焼け止め剤の90%には毒性があり、5つのうち3つは効かない」と
いうちょっとショッキングなお話です。

実はこれ、かなり以前にもお伝えした内容なのですが、知らない人の方が
多いと思うので、再びご紹介したいと思います。

***

★内容トピ

・紫外線A(UVA。波長315nm~400nmの紫外線)は、
紫外線B(UVB)よりも有害。

・日焼け止め剤使用者は増え続けているが、
皮膚がん発生率は爆発的に増えている

・UVBはビタミンDを作る

・太陽の光を全く浴びないことは、危険です

・安全な材料を使った日焼け止めは、少ししかない

・よい日焼け止め剤の見つけ方

・健康な皮膚機能が、最もよい日焼け止め剤になる

・健康的に太陽にあたることと日焼け防止対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇■■◇◇

日焼け止め剤の真実。 
(by ドクタージョン)

ーーーーーーーー◇◇■■◇◇

日焼け止め剤に関する新しい報告は、

「日焼け止め剤の90%には毒性があり、5つのうち3つは効かない」

というものです。

環境問題に働きかけているグループの研究によれば、市販されて
いる10の日焼け止め剤のうち、たった一つだけが安全性があり、
1608の日焼け止め剤のうち5つに3つのみが、太陽からあなたの
肌を完全に守るとしています。

●●『紫外線A(UVA。波長315nm~400nmの紫外線)は、紫外線
B(UVB)よりも有害。』

そもそも、肌に有害な紫外線には、主に二つがあります。
それは、UVAとUVBです。

UVAは、UVBよりも豊富にあり、肌の中深くへ貫通するので、UVB
よりも有害です。

UVBは、健康のために短時間当たることが不可欠ですが、肌の表
面にとどまる傾向があるため、日焼けします。

その結果、UVBは皮膚がんの原因とされ、非難されています。

日焼け止め剤のSPF (肌保護要因)評価システムは、より有害な
UVAではなく、UVBをブロックする能力を評価したものです。

いいかえれば、SPF-50の日焼け止め剤は、UVBすべてをブロッ
クしますが、UVAはブロックしないかもしれないということです。

●●『日焼け止め剤使用者は増え続けているが、皮膚がん発生
率は爆発的に増えている』

今、私たちは、皮膚がんの主な原因はUVBではないことを知っ
ています。それは、より肌にダメージを与えるUVAなのです。

UVAが原因なので、市販の日焼け止め剤の5つのうち3は、私
たちを皮膚がんから適切に守ることはありません。

最悪なのは、30年ものあいだ、日焼け止め剤は、有害なUVAは
野放しで肌へ入りたい放題でありながら、体によい紫外線とな
るUVBをブロックしてきていることです。

一方、日焼け止め剤の使用者は増え続け、それにともない皮膚
がんの確率も一緒に増え続けています。

アメリカでは、皮膚がんにかかる人々は年々とんでもない割合
で増えています。

UVAとUVBの両方からの保護をうたった日焼け止め剤を私たち
が目にするようになったのは、2009年がはじめの年でした。

しかし、SPFは、<よい紫外線>であるUVBからの保護だけを
保証しているということを覚えておいてください。

●●『UVBはビタミンDを作る』

最も重要なことは、UVBは、骨粗しょう症にならないための骨を
作りあげることはもちろん、太陽から肌を守るビタミンDを作ると
いうことです。

ビタミンDが低くなると、約16種類ものがん、皮膚がん、自己免
疫疾患の数々、心臓疾患系、高血圧、認知機能障害、認知症、
そして遺伝的な病気の素因などに繋がります。

日焼け止め剤はUVBをブロックするので、血中のビタミンD値が
97-99%近く減っていることが報告されています。
これは、私たちを大きな危険にさらしています。

アメリカでは、1978年には食品医薬品局(米国の厚生省の一
局で、食料品、医薬品、化粧品の検査や取り締まり、認可など
を行う場所)は、日焼け止め剤について私たちを守るために裁
定を下して報告することを約束しましたが、私たちはいまだに
待機状態です。

したがって、私たち消費者が、どの日焼け止め剤が安全でかつ
UVAとUVBの両方を効果的に防ぐことができるのかを推定しな
ければなりません。

●●『太陽の光を全く浴びないことは、危険です』

太陽の浴びすぎは皮膚がんの原因となる一方、太陽の光を浴
びることが欠如すれば、ビタミンD値が低くなり、より危険にさら
されることが研究でわかっています。

ですから、太陽に当たると有害という行き過ぎた思い込みは、
考え直さなければなりません。

ビタミンDが生産されるためには、あなたは毎日、太陽の光を
直接的に10分から15分(日焼け止めをぬらずに)当たることが
必要です。

10分から15分浴びて、肌がピンク色になったら、それ以上紫
外線を浴び続けることは肌ダメージの原因となります。

安全な範囲で、ビタミンDが生産される量だけを浴びる必要が
あります。
浴びる時間は、肌のタイプや肌の健康機能の度合い、そして
肌の天然色素の量にもよります。

●●『安全な材料を使った日焼け止めは、少ししかない』

UVAとUVBの両方を、効果的にブロックする原料がはいった、
本当に効く日焼け止め剤は少ししかありません。

これらの数少ない日焼け止め剤だけが安全で、UVAとUVB
から肌を保護し、肌に浸透しません。それは、酸化亜鉛と
二酸化チタンです。これらは太陽光線をブロックするかまたは
反射します。

オクチノキサート、オキシベンゾンなどが入った日焼け止め
剤は避けてください。これらの化学薬品は毒性があります。
そして高い割合で肌から吸収されます。

これらの物質は、刺激物、アレルゲン、ホルモンかく乱物質、
または発がん性物質のどれかとして働きます。

●●『よい日焼け止め剤の見つけ方』

酸化亜鉛と二酸化チタンだけが太陽光線をブロックするので、
過度の太陽光線の中にいる間、あなたが使うべきものです。

これらはおそらく、他の自然保湿剤と一緒に組み合わされて
いるでしょう。

しかし、安全でかつ完全に効果的である他の日焼け止め剤
は存在しません。

もしあなたが、長く太陽の光の下にいなければならないこと
が前もってわかっている場合は、酸化亜鉛かまたは二酸化
チタンが6-25% 入っている日焼け止め剤をぬってください。

●●『健康な皮膚機能が、最もよい日焼け止め剤になる』

アーユルヴェーダの目的は、ただたんに太陽光線をブロック
するだけでなく、肌の機能をひとつの器官としてよりよく助け
ることです。そうすれば、肌はよりよく、肌それ自体が肌を守
ることができます。

強烈な太陽の光のもとでもは、白い肌は、いくらかのブロック
が必要になることは本当です。

すべての日焼け止め剤は、どれだけSPF値が高くても、それ
は壊れてしまうので、60分から90分おきに塗る必要があるこ
とが新しい研究でわかっています。

これは、たとえSPF値が50の日焼け止め剤でも同じことです。

私は、SPF値が低い、自然な日焼け止めをより頻繁に繰り返
し塗ることをすすめます。

もしあなたが、過度に太陽にさらされる環境にいたり、敏感肌
なら、酸化亜鉛かまたは二酸化チタンのいずれかをブロック剤
として使ってください。

あなたは、近所のスーパーの赤ちゃん用品売り場で、良質の
酸化亜鉛を買うことができます。

おむつかぶれクリームは通常、純粋な酸化亜鉛です。
そして、日焼け止め売り場においてある酸化亜鉛の値段の
何分の1かで手に入れることができます。

この酸化亜鉛のクリームはまた、あなたのお気に入りのロー
ションやボディバターと混ぜ合わせて、家庭で、安全で効果的
な日焼け止めクリームをつくることができます。

●●『健康的に太陽にあたることと日焼け防止対策』

私は独自のボディバターを進化させたすぐ後に、家族と一緒
にジャージーショアで夏を過ごしました。
私はそのボディバターを、自分自身と子供たちに毎朝ぬりま
した。

一日を通して2、3回それをぬり、ビーチで太陽の光を直接浴
びて、日焼けすることなしに過ごしました。

私はこのとき、気づきました。
健康的な日光浴と日焼け止め予防には、二つの要素がある
ことを。

1.まずはじめに、あなたの肌の状態をバランスがとれた状態
にすること。健康的に機能する肌は、ひとつの自然な日焼け
止め剤となります。

2.ふたつめに、必要なときは、安全で自然な日焼け止め剤
を使うこと。

太陽にあたる数週間前からでも、そのボディバターを毎朝、
シャワーで使います。
こうすると、肌自体が自然でよりよい日焼け防止をし、正常
機能を回復させはじめます。
その一方で、より健康的で輝きのある肌を約束します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お肌にダメージを与えやすいこの季節、、
ケアは念入りにしておきたいところですね。

おむつかぶれクリームもよいですが、家で簡単に作れる
サンスクリーンレシピをひとつ、ご紹介したいと思います。

三つの材料だけでできる、シンプルなフォーミュラです。

****

<ホームメイド日焼け止めレシピ>

準備するもの:

生シアバター 3/4カップ
ココアバター 大さじ3
酸化亜鉛粉末 大さじ2

(オプション)
お好みの精油 (お好みで)

湯せんする鍋
できあがったものをいれるフタつきの容器

★作り方

1.鍋にシアバターとココアバターを入れ、湯せんで弱火から中火で溶かします。
この時、油の中の栄養分(治癒成分)が損なわれないように、熱は低めに保つ
ようにします。

2.溶けたら、酸化亜鉛の粉を加えてよく混ぜあわせます。
泡立て器を使うと○です。お好みでエッセンシャルオイルを数滴たらしましょう。

3.全体的によくなじんだら、容器に移して冷蔵庫に数時間入れておきます。
一旦固まったら、常温保存にもどします。

⇒このレシピは、市販の日焼け止め剤に含まれている有害あるいは刺激の
可能性がある化学物質や不自然な成分にお肌をさらさずに済みます。

基本の材料は三つのみですが、好みで他のオイルを加えてみたりベースに
したり、もありです。
ですが、シアバターには質感の良さ、安定したメイクと保護効果があるので、
基本材料として必ず入れるのがベストです。

***

☆☆☆

■ここからはオリエンスハーバルからのお知らせです。

What’s New

★最高級の生シアバター、入荷しました!

生シアバター100% mini

《夏の美肌&美髪づくりはコレひとつでOK☆》

お肌が欲しがる保湿ミネラル&ビタミンすべてが揃った魔法モイスチャライザー、
ガーナ産生シアバター(グレードA)。そのまま、あるいは手作りコスメに最適!

⇒クレオパトラも愛用していたシアバターって、どんなもの?
その魅力はこちら☆
女性にとっての「ゴールド(財産)」と呼ばれた植物性油脂。
スキン&ヘアケアに最高の植物性バター、「シアバター」の魅力。

***

★全身垢すりでスッキリさっぱり、肌も気分もリニューアル☆

mini miniフレグランスベサン wordpress タナカパウダー

◎ショップフォロワーになってスペシャルお買い得クーポンを
定期的にゲット!★ぐぐっとお得にお買い物できます★

ロゴwordpress

夏のナチュラルスキンケアに最適な、野菜2品。~じゃがいも&キュウリ~

・キッチンガーデンご披露目

日に日に夏っぽさが増してきている今日この頃。

太陽の日差しが燦々と降り注いでくれるおかげで、ベランダ
のキッチンガーデン・ベジたちもすくすく育ち、毎日少しずつ、
大きくなっていってます。

veg1 300 三つ葉

veg2 300 ブロッコリーとオクラ

veg3 300 ヒヨコマメ

veg4 300 水菜とガーデンレタス

土に植える時点では、ほんのちいさな種だったものが、
水と光でどんどん育って大きくなっていく様子を毎日眺めて
いると、それだけで何とも言えない幸せ感に満たされるのですが、

これはやはり、植物は人間を癒すため&滋養するために存在して
いて、あっち系の世界から地球に送り込まれている生物ゆえなのでしょう。

いやーしかし。
なんなんでしょう、、このピュアピュア生き生きした神オーラは。(笑)

食べるのがとても楽しみです。

mung-tomyo(先日収穫したムング豆の豆苗の図)

***

さて今回は、どんどん暑くなってきた今の季節から夏場にかけて
ぴったりな、ナチュラルスキンケアパックをご紹介したいと思います。

この方法は超シンプルながらも、肌の美白と引き締め&保湿に最適です。

使うものは、スーパーに行けばほぼ手に入る、コレです。

・じゃがいも
・キュウリ

この二品のうち、どちらか一個だけでOKです。

やり方はいたって簡単で、薄くスライスしたものを、
顔や首、腕などに10分ほどのせておく or 汁をそのままこすり付けるだけです。

じゃがいもの場合は、使い終わった後、水に1時間以上浸してパリッとした
感覚になったものを、そのまま水を油で揚げてポテチにするものよし。
(←抵抗感がなければですが)

じゃがいもは実は、「最強の美白野菜」だということがほとんど知られていない
のが不思議なくらいなのですが、ちょっとダサめなイメージがあるからでしょうか。
確かにお洒落感はあまりありませんが…。

というか、その辺のじゃがいもで美白できてしまえば、化粧品会社がさっぱり儲
からなくなるから、というのが理由なのかもしれませんね。

それほどじゃがいもは、一見地味ではありますが、とても効果的なものの
ひとつです。(ちなみにインドのナチュラル美容系女子なら、このじゃがいも
美白のことをよく知っています)

そして、じゃがいものいいところはなんといっても、他の野菜のように冷蔵庫
に入れておかなきゃダメになってしまうようなこともなく(さすがイモ類!)、
長い時間常温で置いておける面です。

夏場は日焼けしやすい時期ですし、どの季節よりも日焼け止め剤に手が
伸びやすい季節。

家にじゃがいもをキープしておけば、日焼けしたお肌も早く白くでき、
美白と同時にお肌引き締め&保湿ができるのもうれしい限りです。

一方、キュウリのほうは、火照った肌をひんやりしてディープ保湿してくれる、
これまた他に類を見ない(同等なのはアロエでしょうか)、
肌美容のための最強野菜のひとつです。

美白効果の面からいえば、じゃがいもの方が上、
保湿面からいえば、キュウリの方が上です。

好きなほうを選んでみてください。

というわけで、これからの季節は特に、これらの野菜を常にキープして
おきたいところです。

sliced cucumbersliced potatoes

***

さて。こういったナチュラルなものを使った美容法のメリットは、
その実際の効果だけでなく、今後必ず訪れるといわれる世界的な大恐慌に
よって、資本主義経済の終焉を迎えたとしても、地元の農家さんなどから
簡単に手に入るものばかり。というところです。

これからますます、物が不足していくことが考えられますから、
(今はそのように感じられなくても、世界を牛耳る悪魔教の方々は、第二&
第三のパンデミックをすでに用意してますからね)

そういった面でも、こういった美容法になれておくと後々いいことずくし
かと思います。

というわけで、今回はじゃがいもとキュウリを使ったスキンケアの
ススメでした。

☆☆☆

 

■オリエンスハーバルから、夏のおすすめアイテムのご紹介です。

mini miniフレグランスベサン wordpress タナカパウダー 角質除去&美白バッチリ

neem soap 1 自然殺菌/肌のあらゆるトラブルに

mini mini カディローズウォーター  アーユルヴェーダのローズ&アロエ化粧水

 

◎ショップフォロワー限定/スペシャルお買い得クーポンを
定期的に配布中です★ぐぐっとお得にお買い物を!

Lotus Pond in Bali

 

クレオパトラの美容儀式。~歴史を変えるほどの美貌は、こうして作られた!~<スキンケア編>

・ホットレモンよりも何倍もおいしい、ホットゆず

ホットレモンといえば、解毒orダイエットドリンクのひとつですが。

レモンの代わりにゆずを使ったホットゆずは、ホットレモンよりも
何倍も香りが豊かでしかも風味が繊細。断然おいしいので、
近頃よく愛飲しています。

キーン、としたスッパみばかりが強調されるホットレモンには、
もうもどれません…。(笑)

お漬物や料理の風味付けによし、お風呂によし、ホットゆずにもよし。
なんて万能な柑橘系果物なんでしょう。

日本にいるからこそたっぷり活用できる、貴重なゆず。(惚)

スーパーで見かけるたびに、ほとんど衝動買いのように買い集めて
は、日々の料理はゆずづけな毎日です…。

さて、今回は。

このところ、なぜかクレオパトラ愛用系の素材に縁があるので、
またまたクレオパトラ関連の記事でも書こうと思います。

エジプトのクレオパトラが日々やっていた美容儀式は、実はかなり
古代アーユルヴェディックな美容方法とかなり似通っている部分が
多々あります。

まあ、それもそのはず。

アーユルヴェーダというものはそもそも、地球上で発見された最古
の医学の流れなので、中国の漢方しかり、ユナニ医学しかり、その
軌跡をたどる他のあらゆる医療体系に大きな影響を与えています。

なので今日のあらゆる医療文化は、何らかの形でアーユルヴェーダ
に起源がさかのぼります。

というわけで、古代エジプトの女王クレオパトラの美容の秘密にも、
アーユルヴェーダ的なつながりがあってもさっぱり不思議ではありま
せん。

さて、彼女はその魅惑的な容姿と聡明な頭脳(様々な言語を使いこ
なし、またいろいろな分野に精通していたということです)、

豊かな才能、類稀な美貌の持ち主だったことから、歴史を通じて尊敬
されてきたエジプトの女王です。

まるで催眠術をかけるかのような彼女の美貌は、偉大な統治者のジュ
リアスシーザーやらマークアントニーなる男たちを魅了し、歴史の流れ
を永久に変えてしまいました。

美に関していえば、彼女のように徹底していた人はまず存在しないと
いわれています。

このエジプトはプトレマイオス王国の最後の統治者であった古代の女
王は、恐ろしいほどの魔性のオンナであり、戦略家として知られてい
ました。

どんなオトコでも、たちまち彼女の魅力の虜となったのです!

そして、そんな美に関して徹底していた彼女の美容日課とは、
一体どのようなものだったのでしょうか…。

クレオパトラは、頭からつま先までを永遠に輝かせ続ける方法を熟知
していました。

幸いなことに、彼女の魅惑的な美しさの秘密は、古代文献によく記録
されていたことから、彼女が使っていた美のレシピの数々は、現代の
私たちも簡単に知ることができます。

それらは自然でナチュラルなものばかり。
その効果は実際に証明されています。

彼女にシルクのような滑らかな肌、豊かな艶々ボリューム髪、
魅惑的な目、圧倒的な美しさをもたらしたのは、次のような美容儀式
(美容日課)でした…。

いやー、、ワクワクしますね!(笑)

では、その美容儀式の数々をご紹介しましょう。

今回は「スキンケア編」です。

☆☆☆

★ミルク&ハチミツ風呂

彼女のイルカのようなつるつる肌を作ったのは、「ミルク」と「ハチミツ」
入りのお風呂。

milk and honey

どちらも甘い香りを肌に残しつつ、角質除去で肌を柔らかく仕上げ
ます。ミルクには乳酸が含まれ、お肌をしっとりさせて乾燥から守りな
がら、古い角質を取り除きます。ハチミツは抗真菌作用もある抗菌剤
です。

この二つの成分のコンビネーションは、完璧なアンチエイジング効果
があり、クレオパトラの入浴タイムには欠かせないものでした。

⇒やり方はいたって簡単。お風呂のお湯に牛乳2カップとハチミツ1/2
カップをいれ、その中でしばらくリラックスするだけです。(時間的には
20分ほど)

★アンチエイジングフェイスマスク

女性たちは、アンチエイジングクリームや治療トリートメントに、どれだ
けお金を費やしているでしょうか。それは、驚くほどの金額でしょう!

これは、フェイスマスクのような簡単なもので実現できることを、
多くの人たちは知りません。

クレオパトラはとても聡明な賢い女性でしたし、彼女は正しいやり方を
知っていました…。

彼女のアンチエイジングの美容日課は、天然の白い粘土を使った
マスクでした。

multani1multani 2

シンプルなナチュラルマスクは、お肌に驚くほどのハリと艶をもたらす
ものです。定期的にやれば、シワや小じわとはほぼ無縁になるでしょう。
(ただ、粘土を長時間使用すると、皮膚を乾燥させる作用が働いてしま
い、逆にカサカサの原因となるので、目安は5~10分程度に抑えること
が重要です。)

保湿することの大切さを熟知し、それに対して決して妥協しなかったクレ
オパトラ。
彼女がやっていた保湿フェイスマスクは、「生クリーム」と「ハチミツ」です。

(ここでも、またしても。ハチミツがでてきます。
このことから、ハチミツがどれだけ美容に役立つ自然素材かがわかる
と思います。)

生クリームとハチミツを混ぜ合わせたものでフェイスマスクをしていた
ため、肌は潤いが保たれ、古い角質が残ることがありませんでした。

時には、生クリームの代わりに生乳とフーラーズアース(インドではムル
タニミッティと呼ばれる白い粘土粉)を使い、ディープな保湿マスクを
使っていました。

彼女の保湿マスクの基本は、生クリーム2に対し、ハチミツ1の割合で
構成されていました。

このマスクで約10分間パックした後は、ぬるま湯で穏やかに洗い流し
ます。これはお肌をしなやかに見せる、簡単な方法です。

★保湿/肌調整のためのアイテム

肌の若さのための万能薬は、ぬめりのあるジェル、アロエヴェラなしに
は語れません。このジェルがなければ、完璧な美容日課などありえな
いほどです…。

aloe chan

クレオパトラもまた、アロエヴェラジェルを定期的にお肌の保湿剤とし
て使っていました。また、肌を柔らかく透明に保つために、天然のローズ
ウォーターを化粧水として使っていました。

アロエヴェラジェルとハチミツを混ぜ(ここでもハチミツ!)、ディープな
保湿フェイスマスクをした後の仕上げは、ローズウォーター化粧水です。

ローズウォーターは、自宅で簡単に作れます。
バラの花びらを鍋に入れて沸騰させるだけです。

handmade rose water

花びらの色がほとんどなくなった時点ですぐに火を止め、冷まします。

これをガラス容器に入れて保存し、毎日朝晩の二回使います。

また、クレオパトラがローズウォーターと同じぐらいに頼りにしていたも
のが、アップルサイダービネガーでした。

apple toner

★角質除去にはシーソルト

古代エジプトのクレオパトラは、自然の効果的な角質除去ボディスクラ
ブとして、シーソルト(死海の塩)を使っていました。

dead seeaaa salt

濡れた肌にシーソルトをつけてくるくるマッサージする方法です。

古い角質を落とし、毛穴をすっきりさせる方法ではありますが、これは
人によってはちょっと刺激が強すぎるので、注意が必要です。
(敏感肌の人にはおすすめしません&肌が厚く強い人におすすめです。
ちなみに私は肌には絶対やりません。やるとしたら岩塩の粉状のもの
を使い、こすらずにパックする程度にします)

また、やるとしても毎日ではなく、週に1回やれば十分すぎるほどです。

角質除去した後の仕上げは、アロエヴェラジェルをたっぷりぬって保湿
します。

◎次回は、クレオパトラの美容儀式<ヘアケア編>です。