肌を1トーン明るくする、、「オイル+ベサン」美白テクニック。 ~露出の多い夏に向けて、肌準備~

さて、日本はこれから夏が始まり、
肌の露出が多くなる季節に入りますが、、

タイはほぼ一年中、夏感覚。

うっかり日焼け対策を怠ると、肌はみるみる黒くなります。

ちょっとぐらい黒くなっても、暑い季節&暑い国らしくていいと
思うのですが、

アジア人の白い肌への執着というのは、並々ならぬものがある
ますね。

ここタイでよく見かける韓国ガールたちは、
みんな揃いもそろって肌が色白ですし、
(スネイル系美白クリームのなせるわざ?)

タイのキャンペーンガールズの肌の異様な白さ(人工?)も、
際立ってます。

逆に、アジアの国以外の人たちは、白い肌というのにさほど、
あるいは全然こだわっている様子は感じられず、

逆に「いやいや、私は肌を黒くしたいのよ」といわれることもし
ばしば。

とまあ、どんな肌の色を美しいと感じるかは、さまざまなのですが、

やはりアジア人は「白い肌が美しい」という感覚が強め。

というわけで、今回は、
ほぼやり尽くした感のある、いくつかのナチュラル美白テクのなか
から、最近やってみてかなりヒットだったやり方をご紹介したいと
思います。

うっかり日焼けしてクロンボになってしまったときや、
集中美白したいときなどにもおすすめです。

☆☆☆

■『熱めシャワー+米ぬかオイル+ベサン』 
⇒ 肌の明るさが1トーンアップ!

◎必要なもの:

・米ぬかオイル 60ml
(⇒おすすめ:ハーブ入り米ぬかオイル「艶美肌Eオイル」

ベサン粉 150g

 

肌の美白のためのナチュラルなアイテムといえば、
やはりベサン(ヒヨコ豆の粉)でしょう。

そして、美白のためのオイルといえば、米ぬかオイル。

この二つを使いこなせれば、ほぼ満足のいく美肌がゲットできる
ことうけあいです。

◆やり方:

1.器にベサン粉150gに水を加え(お湯ではなく「水」を使います)、
天ぷらの衣状の固さのベサンペーストを作っておきます。

2.まず、体全体に熱いシャワーをあびるか、バスタブに数分浸かり、
ある程度体を温めて、肌の毛穴を開いておきます。

3.濡れた体に、米ぬかオイル60ml分をまんべんなく塗り、ほどよ
くマッサージしながら肌全体によくなじませます。
このとき、体についた水分とオイルがよく混ざり合い、乳液状にな
った状態がベスト。

4.再び熱いシャワーを浴びながら(あるいは体にお湯をかけながら)、
体についたオイルにさらにお湯を混ぜ込んで乳液化トロトロにする
要領で、手の平で肌全体をこすりながら、お湯をたっぷりと浴びます。

5.その後、作っておいたベサンペーストを体にたっぷりと塗り、
2~3分ボディパックします。
⇒こうすることで、毛穴奥から浮き出た汚れ、肌の表面の古い角質や
老廃物が混じった乳液状オイルを、ベサンが吸着します。

6.体についたベサンペーストを、ぬるめのお湯でよく流して完了。

***

この方法は、肌の表面の汚れや古い角質をディープに落としつつ、
同時に滋養します。
(やる頻度は、週1回程度でOKです。←やりすぎに注意)

これをやった翌日は、肌全体を極力休ませるために、石けんなどは
一切使わず、塩を入れたお風呂に浸かるのみ。がグッドです。

自然素材を使った「自力美白」のいいところは、肌本来の健康的な
美しさを最大限に引き出せること。

…というわけで、自力美白のススメでした。
☆☆☆

広告

夏のフェロモン肌づくり。

●●今回は、オリエンスハーバルからおすすめアイテムのご紹介です●●

 

タイのバンコクというところは、、

整形外科がやたらと多いのですが。
(うちの近所にあるデパートやショッピングモールの中だけでも、
8個ぐらいはあるでしょうか)

いつも店舗の近くを通ったりすると、白衣のお姉さんがプロモーションの
ビラを配っていて、レーザーやらボトックスやらホワイトニングやら豊胸
やらのメニューリストらしきものが載っています。

私的には、この系の施術には、一生お世話になるつもりはありまっせん。
・・わざわざ痛い思いをして、体の中に異物をいれるなぞ、、
恐ろしくて無理です。

そんなものにお金をかけるぐらいなら、どこかのスパで極楽アロママッサ
ージでも受け、ディープに体と心を癒しつつ、

その後大好物のタコヤキやらお寿司などのリッチな食べ物をたらふく食べ
た方が、どれだけいいでしょう。
もしくは旅行などをして、脳ミソをRENEWするとか。。

***

前置きが長くなりましたが、

今回は、何かと美容に力が入る季節・夏ということで、
肌の露出度もが多くなるこの時期、

「フェロモン肌」で差をつけろ!というテーマでお送りします。

ところで、フェロモン肌というと、どんなイメージがあるでしょうか。

*毛穴がない(または小さくてほとんど見えない)
*ニキビ、吹き出物といったものがほとんどない
*しっとり潤っている、もっちり肌
*透明感がある
*体毛がなくてつるりんつやつや

・・こんなところでしょうか。

そんなイメージをほぼ満たしてくれるハーブアイテムといえば、、

・タナカ(ミャンマー伝統美肌ハーブ)
・ニーム葉オイル
・ベサン

この三つです。

タナカは、まさに夏にもってこいの美肌ハーブ。

暑さで火照った肌をひんやりなだめつつ、毛穴の汚れを引っ張り出して
吸い取ってくれるので、美白や肌のくすみとり、透明感出しに最適です。

とくに夏場は、全身パックを週1、2回程度するのがおすすめです。

★参照ページ
ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカで、 毛穴・黒ずみ知らずの透明肌をつくる。
タナカの効果的な使い方。

また、ニーム葉オイルを夜寝る前にお肌に薄く伸ばすことで、
太陽光線からうけた肌ダメージが寝ている間に修復され、翌朝は肌が
もっちり&小ジワも目立たなくなります。

そしてベサン。
ベサンは、オイルマッサージ後に油落としとして使うことで、
オイルの中に絡まった産毛がとれやすくなり、回数を重ねることで
ほとんど生えてこなくなるので、産毛なしの滑らかな肌づくりに最適!

また、汗かきで体の匂いが特に気になる方や、頭のてっぺんからつま先
まで、とにかくシンプル・イズ・ベストなケアがいい方は、
ナチュラル自然殺菌ニーム石けんで洗髪からボディ洗いまで兼ねてしまうなんての
もよいでしょう。

☆☆☆

シンプルケアで肌免疫が高まったお肌というのは、
健康的なフェロモンがムンムン。

この夏は、そんな美肌を手に入れましょう。

もっと、ベサン! ~ベサンを使いこなして美肌を極める at 自宅スパ~

ベサンがあれば、、

自宅のバスルームが、りっぱなスパに早代わり。。

プチおさらいになりますが、ベサンは、栄養豊かなヒヨコ豆(チャナダル)を
粉にしたもので、インド料理はもちろん、インドのさまざまなお菓子の材料と
しても大活躍&幅広く使われている豆粉。

肌と髪の美容にも素晴らしくグッドな、自然素材の美容アイテムです。

インドでは、伝統的に顔や肌にベサンが使われてきましたが、
ベサン人気は今もなお健在で、
なんとインド映画で有名なボリウッド女優たちも愛用しているシロモノ。

ベサンの使い方をマスターすれば、、
ボリウッド女優なみの美貌を手に入れることも夢じゃありません。(笑)

ベサンには、特に注意事項というものはなく、そのままでも使えますが、

質的にややアルカリ化する効果があるので、
牛乳やヨーグルト、レモン汁と混ぜ合わせるのが理想的です。

これを、石鹸のように使えます。

ベサンは肌をキュゥゥと引き締めながらも、滑らかでソフトに仕上げます。

■ベサン・レシピいろいろ■

★顔の産毛処理に:

ベサンと米粉を1対1で混ぜたものに水を加え、濃い目のペーストをつくり、
顔にぬります。そのまま20、30分置いてペーストを乾かした後、よく流します。

⇒ これを週1の割合でやると、顔の産毛が明らかに生えてこなくなります。

★日焼けを早くとる+肌の色全体を明るくする(美白効果)+脇の黒ずみとり:

ベサン 小さじ4
レモン汁 小さじ1
ヨーグルト 小さじ1

これを混ぜ合わせ、顔や首 or 脇の下に塗り、完全にペーストが乾くまで待ちます。

⇒ 毎日やるのがベスト。

★黒ずんだニキビ取り:

完熟パパイヤをつぶしてクリーミーにしたものに、パパイヤの半分の量のベサンを
加えて練り合わせたもので、15分パック。これをニキビ跡が薄くなるまで続けます。

★脂性の肌&メークのディープクレンジング:

ベサンとヨーグルトを同量ずつ混ぜ合わせ、顔に塗り20分待ちます。
これで顔の汚れやメークがしっかり取れます。

★ボディスクラブ:

ベサンは顔や首だけでなく、全身にも使えます。ペーストの量を多めに作り、
全身パックしましょう。 

⇒ 即効で全身がなめらかすべすべ!

★ベサンを使ったヘアパック for ツヤツヤ健康髪:

卵の白身 1個分
ベサン 小さじ2
ヨーグルト 小さじ1
レモン汁 小さじ1

を全部混ぜ合わせ、ヘアコンディショナーと同じように使って下さい。

☆☆ おすすめ ☆☆ 
『ベサン+ジャスミン』
しっとり上品なジャスミンの香り。。 

・・・というわけで、今日も明日も、レッツ・ベサン!

夏に向けて、、産毛の永久除毛ケア。

今回は、露出度が高くなる夏に向けて(タイは年中暑いのでいつも薄着ですが)、
産毛のナチュラル除毛テクニックをご紹介。。

私自身、実は産毛がほとんどありません。

これは、生まれつきの体質によるものではなく、
インド式のナチュラル美容を長年やっていたら、知らない間に産毛が
ほとんど生えてこなくなった、、という感じです。

産毛が生えてこなくなった一番の理由は、
定期的にやっている

全身オイルマッサージ+ベサン

の組み合わせが効いてるゆえ。

ベサンを使うとわかるのですが、
肌の表面にかなり吸着して、肌の表面の汚れとか産毛もついでに引っ張り
こむので、毛が自然に生えてこなくなるのですね。

ちなみに全身マッサージのとき、当然お腹とか背中とかもベサン漬けに
なるので、もともと微妙にあったはずのヘソ周りの産毛も一掃&生えて
きません。

ただ、こういったナチュラル素材を使う除毛は、
市販の除毛クリームのような、一発ですっきり除毛して、あとはまた同じ
だけ生えてくる+元通りになる。・・というものではなく、

日常的に習慣づけることで、肌もキレイになるし、産毛もついでに生えて
こなくなる。といったものです。

永久的な産毛なしつるすべ肌実現のために、
ぜひ以下のレシピを日課(無理なら週2、3回)にしてみてください。

☆☆☆

【【 ナチュラル産毛とりレシピ 】】

■レシピ1.

☆要るもの:

オートミール 大さじ1/2
レモン汁 大さじ3
はちみつ 大さじ3

■レシピ2.

☆要るもの:

ベサン粉 10g
牛乳 20cc

■レシピ3.

☆要るもの:

ニーム粉 10g
水 20cc
はちみつ 大さじ1

■レシピ4.

☆要るもの:

タナカ粉 10g
水 20cc
ニーム葉オイル 小さじ1

◎◎ やり方 ◎◎

→ 材料を全部混ぜ、顔に塗ってマッサージします。
その後、そのまま15~25分置いてペーストを自然乾燥させます。
ペーストが乾いた後、水を使わずに、毛の生えている逆の方向に
手でこすって、ペーストをポロポロと落とします。

☆これを週2、3回、一ヶ月やってください。
産毛が生えてくるのが明らかに遅くなります。

■レシピ5.

☆要るもの:

卵の白身 1個分
砂糖 大さじ1
片栗粉 or コーンフラワー 大さじ1/2

◎◎ やり方 ◎◎

→ 全部の材料をよく混ぜあわせ、滑らかなペーストを作ります。
顔に塗って完全にペーストをカピカピに乾かした後、ゆっくりと
ペーストを剥がします。(毛がひっぱられて痛いかもしれないので、
あくまでもゆっくりと剥がしてください)

各レシピは、顔だけでもよし、分量を多くして全身にもOK!