火照った肌には、タナカな癒し。

まるで雨季に入ったのかと思いきや、、
再び真夏らしい気候がここのところ戻っているタイはバンコク。
かなりの暑さです。

そんな中、昨日は、バンコクに数多くあるおしゃれ&ハイソ系タイスパの
ひとつが主催する、屋上ガーデンのミニアーバンマーケットで、
お初の出店体験をしてきました。

なにせ真夏の屋上というシチュエーション(気温36度ぐらい)だという
こともあり、
もう、、暑くてフツーにサウナ状態。。(苦行)

以前なら、もともと暑さに対する耐久力がほぼゼロな体質だということも
あり、すぐにへばるのが当たり前だったのですが、

ここのところかなりしばらくの間、まじめに続けている雑穀昆布メシ
(玄米+もち米+キビ+大麦+キノア+千切り昆布)が功をなしたのか、、

思ったほどの暑さゆえのクラクラはありませんでした。

さて。
こんな風にたっぷりと体を暑さの中で酷使してしまった後は、
ミャンマー伝統美肌ハーブ・タナカに癒しを求めるのが一番!(笑)

サンダルウッドの親戚であり、効果もほとんどサンダルウッドとなんら変
わらない(むしろサンダルウッドよりも香りがマイルドなので使いやすい)
タナカでの全身パックは、

夏や暑い天候のときには欠かせません。

というわけで本日は、たっぷりタナカで全身パック。

まるでベビーパウダーのようなほんのりやさしいナチュラルな香りで全身
をつつめば、暴れピッタ(悪化したピッタ)も力をみるみるなくし、
素直におとなしくなってくれます。

そして。
使った直後に即効で実感することができる毛穴キュッ!な肌の引き締め・
収斂効果は、タナカならではのなせるワザ。

タナカは木屑なので、古い角質をとるスクラブ効果もバッチリ。

ベサンと並んで、定期的な垢すりに最強なハーブといえましょう。
(⇒参照ページ: タナカを使った『垢すり美白』テク。)

 

・タナカの、長~い歴史

これまでこのブログでも、何度か登場しているアメージングなハーブのひと
つ、タナカは、

ミャンマーにおいて何世紀も前からすでに使われてきた、国家のアイデンテ
ィティの一部とさえなっている、伝統ハーブ。

そんなタナカの歴史はとても長く、
ビルマが国となって発展し始めた時代にまで遡り、、

14世紀に敬虔な僧侶であり詩人でもあった人物によって書かれた書物の中
にはすでに、タナカが登場していたのだそうです。

女性たちの美肌キープや吹き出物&ニキビ治療はもちろん、
熱帯の容赦ない日差しの中で長時間仕事をする人たちの肌を守ってきたタナカ。

この夏は、そんな古代からのお墨付きハーブ・タナカで美肌仕込み!
はいかがでしょうか。

 

★関連リンク

タナカを使った『垢すり美白』テク。
タナカの効果的な使い方。
タナカで、 毛穴・黒ずみ知らずの透明肌をつくる。
ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカを、 日焼け止めとして使う方法。

 

 

 

広告

ミョウバンで美容。<後編>

さて、前回から、
ミョウバンを使った美容をテーマにお伝えしていますが。

ちょっとここで、軽くミョウバンなるものについて、
おさらい&説明を付け加えておきたいと思います。

単にミョウバンといった場合は、硫酸アンモニウムカリウム(あるいは
カリウムミョウバンORカリミョウバンのこと)をさし、

家庭用として一般的に使われているのはこのカリミョウバンの無水物
「焼きミョウバン」で、乾物屋さんなどで食品添加物として販売されています。
(→さらに詳しく知りたい方はウィキをご覧下さい)

また、インドやタイなどで簡単に手に入るミョウバンの塊は、火山岩の中に
含まれる天然のミョウバン石を砕いて水に溶かし、

加熱して濃縮させたものを冷やし固めて結晶にした、無色透明のガラスまたは
クリスタル状の塊です。
(ちなみに私の手元にあるものは、このミョウバンの塊です)

このミョウバンの塊、アーユルヴェーダやユナニ医学(インド・パキスタンの
イスラム文化圏で行われている伝統医学のことで、古代ギリシャの医学が起源
とされ、アーユルヴェーダや漢方とともに、世界三大伝統医学と呼ばれている
もののひとつ)では、

さまざまな用途や治療に使われてきた重要な薬のひとつ。

今日の科学では、それらの用途のうちほんのわずかな使用方法でしか使われて
いないとのことです。

というわけで、さっそく。

ミョウバンを使った美容法について見てみましょう。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《美容のためのミョウバン・レシピ》

■ミョウバンを使った除毛

古代の女性たちは、うっすらヒゲのような、美容にとって不要な顔の毛を
取り除くために、ミョウバンを使用してきたといわれています。
顔や体全体に使うことで、ムダ毛の成長を遅らせる効果があります。

◎必要なもの:

ミョウバン粉末 小さじ1/2
水またはローズウォーター 小さじ1
(→ミョウバンと水の比率は約1:2にします)

◎やり方:

ミョウバンの粉とローズウォーターあるいは水を混ぜ合わせ、滑らかな
ペーストを作ります。
出来たペーストを顔に塗り、円をかくように穏やかなマッサージをしな
がらスクラブします。
その後、完全に洗い流します。

ミョウバンは、穏やかな研磨剤のように働きます。
顔をやさしくこすることで、毛根が弱まり、ムダ毛が生えてきづらくな
ります。(やる目安は「週1回程度」)

→ミョウバンは肌を乾燥させやすいので、パックをした後はナチュラルな
保湿剤でしっかり保湿しましょう。

 

■肌の引き締めとホワイトニング

ミョウバンには、肌の引き締め効果と美白効果の両方があり、
実は、肌の美白効果やアンチエイジング効果をうたった市販の美容アイテ
ムなどに、よく原料として使われていたりします。

ミョウバンを肌につけると、肌がキュッと引き締まる効果が感じられる
のは、収斂作用によるもの。
定期的にパックにして使うことで、肌のシワが減り、滑らか&タイトな肌
をキープできると同時に、シミや肌の黒ずみを薄くする効果が得られます。
これは、なかなか消えないニキビ跡などにもGOOD。

(⇒ミョウバンを使いたくない場合は、タナカがおすすめです。
タナカからも同じような効果が得られます)

◎必要なもの:

ミョウバンの塊(または※デオスティックを使用してもOK)
水またはローズウォーター
生ハチミツ(未加熱処理のハチミツ)

☆やり方:

ミョウバンの塊のかけらを、水またはローズウォーターの中で溶かし(割合
は約1:2)、さらに生ハチミツを小さじ1程度加えます。

顔はあらかじめ湿らせておき、このミョウバン水を顔につけてやさしく擦り、
15分パックした後、よく洗い流します。
(頻度は週に2回ぐらいが目安です)

このレシピでは、保湿効果がある生ハチミツをあらかじめ加えてからパック
するので、ミョウバンの肌を乾燥させる効果が中和されます。

 

■黒ずんだ脇の下の美白

エイトフォーのような化学制汗剤を、長時間使用すると、脇の下が黒ずんで
くることがあります。

ミョウバンを消臭デオドラントとして使うと、バツグンの消臭効果とともに、
脇の黒ずみも徐々に解消していくので一石二鳥!
(ただし、前回でも触れましたが、毎日は使用しないこと)

 

■水虫治療

ミョウバンはまた、水虫治療のための家庭薬として伝統的に使用されてきま
した。

洗面器に熱湯をいれ、ミョウバン粉末を大さじ2~3杯加え、足が入れれる温
度になってから足をゆっくり入れて、最低20分程度浸します。

その後は、足を水洗いし、しっかりと水分をタオルでふき取ります。
(水虫が治るまでは、合成繊維でできた靴下ははかないようにすると効果的!)

これを毎日、患部がある程度癒えるまで繰り返します。

 

■他、ちょっとマニアックな使い方

☆ミョウバン腰湯は痔の治療に効く?

痔に悩む人たちが経験することの中に、炎症や出血があります。

そんな時は、収斂効果バツグンのミョウバンの腰湯が非常に効果的という
ことで、ある南インドの田舎に住む専業主婦の女性がすすめていたレシピ
をご紹介します。

☆やり方:

1.浴槽に、腰が全部浸かるぐらいのお湯をためます。
2.ミョウバン粉を大さじ1/2杯+1/4カップの水を混ぜてあらかじめ溶かして
おき、溶かしたものを浴槽に入れます。
3.浴槽の中で20~30分間座ります。

こうすると、痔のサイズを小さくできるとのことです。

 

■ミョウバンは邪悪な影響から守る?

南インドのタミールナドゥ州では、ミョウバンの塊(フィトカリ)は、
悪や邪悪な影響から身を守るためのアイテムとして、

塊を黒いロープで結びつけたものを、家の外に吊るすという伝統があり、
これは何世代にも渡って語り継がれてきた魔除けとなっています。

…確かに、クリスタルのような透明感のあるミョウバン石は、
浄化効果が見るかに優れていそうです。(感想)

 

◆◆最後に、ミョウバン使用時の注意点について:

ミョウバンには、天然のアルミニウム成分が含まれています。
(アルミニウムは、ミョウバンの英語名、Alumからきているといわれています。)

このため、前回でも少し触れましたが、使う場合は毎日ではなく、数日置きに
使うことがおすすめです。

 

***

 

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルからのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

★What’s New!★

《ドリアンタブレット》

ドリアン果肉成分95%の、リアル味濃厚テイスト! 
お菓子というより美容&健康サプリに近い、ラムネ感覚の
おいしいタブレットです。

『果物の王様「ドリアン」て、どんなフルーツ?』

カスタードやアーモンドのような独特の風味があり、こって
りクリーミーなまろやかさが特徴のドリアン。
ドリアンには、豊富なビタミン類やミネラル分はもちろん、
他の果物にはめったに含まれていない抗酸化物質「キサントン」
がたっぷり。このキサントンには、

・思考の明晰さアップ
・生活適応力を高める
・心に安定感と健康感をもたらす
・神経細胞へのダメージを抑える

といった効果が報告されています。
特に体が疲れやすい人や、持久力をつけたい人、精神面での安定
感や落ち着きが欲しい方、寝つきがよくない方におすすめ!

 

★おすすめアイテム★

【ボディ消臭・ハーブデオスティック3本セット】
~使いやすいスティック型ミョウバン~

暑い国タイならではの、ハーブ入りナチュラルデオドラント
『ミョウバンクリスタルバー』の3本セット(アロエ、ターメ
リック、マンゴスチン)。
脇、足、加齢臭など、体の気になる匂いを即効シャットアウト&
髭剃り、皮膚トラブル用(水虫など)、美白用など、
用途ごとに分けて使うのがオススメ。

 

★人気商品★

【ティルタイラ(インド産特製ごま油)】
…一度使ったらやみつきな、解毒・滋養効果の高いインド産の薬用
ごま油。体の元気回復と免疫強化をサポートするマッサージオイル
として、肌をディープに滋養する美容オイルとして、最高のオイル
です。化粧落としのディープクレンジングにも最適!

【オーガニックニーム・ボディ&シャンプーバー】
お肌のくすみ、黒ずみ、乾燥肌、ニキビ、湿疹、アトピー&乾癬など
の皮膚トラブル、頭皮の痒みやフケにも最適! 
洗顔から洗髪まで、幅広く使える万能ソープバー。

…and a lot more!

 

◎◎◎ただ今、バレンタインシーズン限定キャンペーン中!
《期間:1月21日(日)~2月5日(月)まで

⇒⇒【キャンペーン期間中限定・特典ギフトその2】
《高級タイスイーツ/マンゴーのホワイトチョコディップ》

★味が繊細で最高においしい時期に収穫されたマンゴー。
そんな極上マンゴーをホワイトチョコ仕立てにした、タイならでは
のグルメスイーツをお楽しみ下さい。 
→詳しくはこちらをどうぞ

 

■1月限定/特典無料ギフト■

《ジャスミンティー》
※期間:1月末まで※ ⇒残り日数わずか!お急ぎ下さい。

老舗ブランドの香り豊かなジャスミンティーです。
食後に、お茶タイムに、ぴったり&たっぷり100g入り!

 

★★無料サンプル★★
《ハーブシャンプー3点セット+リコライス美白泥》
→→→【サンプルをゲットする

 

 

 

ミョウバンで美容。<前編>

まるでクリスタルや岩塩のように美しい、、
ミョウバンのクリスタル。

一瞬、ヒマラヤ岩塩にもよく似ているのですが、
ミョウバンのクリスタルは岩塩よりも透明度が高く、
基本食べ物ではありません。

(⇒ミョウバンは、野菜や果物に新鮮なパリっと感、あるいはシャキっ
とした歯ごたえのような食感を与えるための添加物として使われていたり、

缶詰のピクルスの保存料や見た目的なツヤ出しなどに使われることがあ
りますが、食品として使う場合の危険性が認知されているので、食品に
使用されることは減ってきているようです。)

このミョウバンの塊、インドではフィトカリと呼ばれていて、
とても身近にあり親しまれているもののひとつ。

たいていどこのバーバーショップにも置いてあり、
殿方の髭剃りの後のケアによく使われていたりするのですが。

私もインド暮らし時代に、よくハンディーな軽石サイズに研磨されたも
のをボディ消臭のナチュラルデオドラントアイテムとして愛用していた
ものでした…。

ここ数年、近所の散歩圏内にあるスーパーで、まだ研磨されていない岩塩の
塊状のミョウバンを偶然見つけ、

「えー!タイはこんなもの普通のスーパーで売ってるもんなんだ…」

と、まるでちょっとしたクジが当たったときのような嬉しさで
とりあえず手に入れ、、

そのうち使ってみようと思いながらも、ほとんど置物状態になっていた
ミョウバンクリスタル。
(なにせ暑い国に住んでいるので、氷のように涼しげなナチュラルミョウバン
の塊は、見てるだけで冷涼感があり癒されるのです)

ふと。
せっかく持ってるのに使わないのもどうよ?ということで、

何気なくバスルームの置物化していたミョウバンのクリスタルを塊のまま
湯船に入れて、ミョウバン風呂にして入ってみたのですが。

あえてミョウバンの美容効果というものを知らないままに、
まずは効果のほどを先入観なしに体験し、

実はどんな効果があったのかを後からチェックしてみるのも密かに
楽しいもの。

ミョウバン風呂に入ってみた感想は、、

全身の消臭にバツグン。ということと、肌のトーンが妙に明るくなった感が
あるというものでした。(髪への効果は特に感じられず…)

さて、このミョウバン。
実際には肌にどんな効果があるのでしょうか。
そして他の使い道などには、どのようなものがあるのでしょうか。

今回から数回にわけて、
そんなミョウバンの使い道について、ご紹介してみたいと思います。

 

☆☆☆

ミョウバンは、収斂性、防腐性、抗出血性、抗細菌性で、
実は多くの皮膚トラブルにも活用できるナチュラルアイテム。

工業用の用途で使われることも多く、主に皮なめしや、布の防炎
加工や防水加工、染料固定剤としても使われています。

ミョウバンは古くから、アーユルヴェーダと漢方の両方において、
素晴らしい医薬用途があることから医薬品に加えられ、
さまざまな病気の治療に使用されてきたという歴史があり、
ごく少量のみが内服にも使われてきたということです。

 

■ボディ・デオドラントしてのミョウバン

20代ぐらいまでの頃はたしか、いい香りにつられて、
エイトフォーなどの芳香制汗スプレーをよく愛用したものですが、

スプレーするその瞬間は、ヒンヤリ爽やかで気持ちがいいものの、、

その後、しばらくして汗をかいた後の匂いは、
「ゲっ!」と思うほど臭くなることに気づいたことはないでしょうか。

これは、制汗スプレーが、汗腺から汗(いわば体からの廃棄物)が自然分泌
されること自体を不自然な形でブロックしてしまうため、

余計にバクテリアが脇の下で繁殖し、さらにはそのバクテリアに化学芳香成
分というケミカルが混じり合って独特の異臭になるため。

一方、ミョウバンを濡らしてサササと一塗りした場合は、
汗は自然に流れつつ、ミョウバン自体が抗菌性なので、

体臭のもとになる汗に含まれた細菌が増殖しないので、
汗をたっぷりかいても臭くならずに清潔感がキープできます。

この効果ゆえに、ミョウバンは古くから消臭剤として親しまれてきたわけ
ですね。

ミョウバンはこのように、ボディ消臭効果もさることながら、
ニキビや吹き出物、水虫といった皮膚のトラブルに効果的な他、

肌の引き締め、黒ずみ予防、ニキビ跡や傷跡、シミを薄くすると
いった、肌を明るいトーンにする美容効果もあります。

また、髭剃り後には、どんな高価なアフターシェーブローションにも優る、
すばらしいナチュラルアイテムでもあるミョウバン。

万が一、剃りすぎて血がにじんでしまった場合も、
一濡らししたミョウバンをこするだけで、出血は早く止まり、
傷の癒えも促進されます。

マニアックな使い方としては、口内炎にもミョウバンは大活躍。

粉状のミョウバンを少量くっつけるか、クリスタルを水で湿らせたものを
患部に塗りこんでもよく、次の日には炎症はだいぶおさまっているはずです。

これは、ミョウバンのパワフルな収斂作用のおかげです。
(ただし塗ってしばらくはチクチクピリピリ感が続きます)

 

■ミョウバンを使う時の注意点について

ミョウバンを使う注意点としては、毎日使わないこと。
2日ぐらい置きに使うのが理想的です。

これは、一回塗るだけでも長時間長持ちするためと、
成分が基本、体に吸収されすぎる成分としてはあまり適さないブツ
(保存料などに使われるくらいですからね)だからです。

ただ、頻度を間違えなければ、とてもいい自然素材の美容アイテム、
それがミョウバンです。

 

⇒次回・後編につづく。

 

☆おすすめアイテム:
『ボディ消臭・ハーブデオスティック3本セット』
~使いやすいスティック型ミョウバン~
脇、足、加齢臭など、体の気になる匂いを即効シャットアウト!
髭剃り、皮膚トラブル用(水虫など)、美白用など、
用途ごとに分けて使うのがオススメ!

 

 

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

■オリエンスハーバルからのお知らせ。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

★What’s New!★

《大サイズがさらに大きくなりました!》
【オーガニックニーム・ボディ&シャンプーバー】
お肌のくすみ、黒ずみ、乾燥肌、ニキビ、湿疹、アトピー&乾癬など
の皮膚トラブル、頭皮の痒みやフケにも最適! 
洗顔から洗髪まで、幅広く使える万能ソープバー。

★人気商品★

【ティルタイラ(インド産特製ごま油)】
…一度使ったらやみつきな、解毒・滋養効果の高いインド産の薬用
ごま油。体の元気回復と免疫強化をサポートするマッサージオイル
として、肌をディープに滋養する美容オイルとして、最高のオイル
です。化粧落としのディープクレンジングにも最適!

【ニーム葉オイルシリーズ】
~肌のあらゆるトラブルに&頭皮ケアにも最適!~
「村の薬局」「肌の女王」として親しまれてきたニームは、
肌や髪にいい栄養分がたっぷりと含まれた治癒&浄化ハーブ。
ニームがたっぷり入ったオイルで、トラブル知らずの肌と髪!
『オリジナル』 『爽快&さっぱり/ラベンダー入りヴァージョン』
『フェミニンテイスト/カモミール入りヴァージョン』

【オーガニック・ニーム葉ティー】
タイ国ナコーンラチャシマー県のオーガニックファーム産、
ニーム葉です。血液浄化や胃腸洗浄のための解毒ティーとして
はもちろん、洗顔液(特にニキビ肌・吹き出物)、抜け毛防止・
育毛&艶出しリンス、お肌のトナーに。

★イチオシ!★

【ボディ消臭・ハーブデオスティック3本セット】
脇、足、加齢臭など、体の気になる匂いを即効シャットアウト&
髭剃り後に最適!
暑い国タイならではの、ハーブ入りナチュラルデオドラント
『ミョウバンクリスタルバー』の3本セット(アロエ、ターメ
リック、マンゴスチン)。

【リコライス美白泥】
『まるで毛穴がない感じ・・・。』
つるすべキュっっな美肌を作る、古代からのお墨付きハーブ、リコラ
イス(甘草)、タナカ、ニームの泥パック。

…and a lot more!

 

◎◎◎ただ今、バレンタインシーズン限定キャンペーン中!
《期間:1月21日(日)~2月5日(月)まで》
⇒⇒【キャンペーン期間中限定・特典ギフトその2】
《高級タイスイーツ/マンゴーのホワイトチョコディップ》

★味が繊細で最高においしい時期に収穫されたマンゴー。
そんな極上マンゴーをホワイトチョコ仕立てにした、タイならでは
のグルメスイーツをお楽しみ下さい。 
→詳しくはこちらをどうぞ

 

■1月限定/特典無料ギフト■

《ジャスミンティー》
※期間:1月末まで※ ⇒残り日数わずか!お急ぎ下さい

老舗ブランドの香り豊かなジャスミンティーです。
食後に、お茶タイムに、ぴったり&たっぷり100g入り!

 

★★無料サンプル★★
《ハーブシャンプー3点セット+リコライス美白泥》
→→→【サンプルをゲットする】

 

***

 

************************
★ただいま、
お年玉セール中@姉妹店★
《タイとその近隣国在住の方向け》

BUY1 GET1 FREE!
《1個の値段で2個ゲット》
⇒期間限定:1/17~1/31まで

※Bangkok Bank経由での
お買い求め大歓迎!
メールにてお問い合わせ下さい。
************************

 

 

 

肌を1トーン明るくする、、「オイル+ベサン」美白テクニック。 ~露出の多い夏に向けて、肌準備~

さて、日本はこれから夏が始まり、
肌の露出が多くなる季節に入りますが、、

タイはほぼ一年中、夏感覚。

うっかり日焼け対策を怠ると、肌はみるみる黒くなります。

ちょっとぐらい黒くなっても、暑い季節&暑い国らしくていいと
思うのですが、

アジア人の白い肌への執着というのは、並々ならぬものがある
ますね。

ここタイでよく見かける韓国ガールたちは、
みんな揃いもそろって肌が色白ですし、
(スネイル系美白クリームのなせるわざ?)

タイのキャンペーンガールズの肌の異様な白さ(人工?)も、
際立ってます。

逆に、アジアの国以外の人たちは、白い肌というのにさほど、
あるいは全然こだわっている様子は感じられず、

逆に「いやいや、私は肌を黒くしたいのよ」といわれることもし
ばしば。

とまあ、どんな肌の色を美しいと感じるかは、さまざまなのですが、

やはりアジア人は「白い肌が美しい」という感覚が強め。

というわけで、今回は、
ほぼやり尽くした感のある、いくつかのナチュラル美白テクのなか
から、最近やってみてかなりヒットだったやり方をご紹介したいと
思います。

うっかり日焼けしてクロンボになってしまったときや、
集中美白したいときなどにもおすすめです。

☆☆☆

■『熱めシャワー+米ぬかオイル+ベサン』 
⇒ 肌の明るさが1トーンアップ!

◎必要なもの:

・米ぬかオイル 60ml
(⇒おすすめ:ハーブ入り米ぬかオイル「艶美肌Eオイル」

ベサン粉 150g

 

肌の美白のためのナチュラルなアイテムといえば、
やはりベサン(ヒヨコ豆の粉)でしょう。

そして、美白のためのオイルといえば、米ぬかオイル。

この二つを使いこなせれば、ほぼ満足のいく美肌がゲットできる
ことうけあいです。

◆やり方:

1.器にベサン粉150gに水を加え(お湯ではなく「水」を使います)、
天ぷらの衣状の固さのベサンペーストを作っておきます。

2.まず、体全体に熱いシャワーをあびるか、バスタブに数分浸かり、
ある程度体を温めて、肌の毛穴を開いておきます。

3.濡れた体に、米ぬかオイル60ml分をまんべんなく塗り、ほどよ
くマッサージしながら肌全体によくなじませます。
このとき、体についた水分とオイルがよく混ざり合い、乳液状にな
った状態がベスト。

4.再び熱いシャワーを浴びながら(あるいは体にお湯をかけながら)、
体についたオイルにさらにお湯を混ぜ込んで乳液化トロトロにする
要領で、手の平で肌全体をこすりながら、お湯をたっぷりと浴びます。

5.その後、作っておいたベサンペーストを体にたっぷりと塗り、
2~3分ボディパックします。
⇒こうすることで、毛穴奥から浮き出た汚れ、肌の表面の古い角質や
老廃物が混じった乳液状オイルを、ベサンが吸着します。

6.体についたベサンペーストを、ぬるめのお湯でよく流して完了。

***

この方法は、肌の表面の汚れや古い角質をディープに落としつつ、
同時に滋養します。
(やる頻度は、週1回程度でOKです。←やりすぎに注意)

これをやった翌日は、肌全体を極力休ませるために、石けんなどは
一切使わず、塩を入れたお風呂に浸かるのみ。がグッドです。

自然素材を使った「自力美白」のいいところは、肌本来の健康的な
美しさを最大限に引き出せること。

…というわけで、自力美白のススメでした。
☆☆☆

夏のフェロモン肌づくり。

●●今回は、オリエンスハーバルからおすすめアイテムのご紹介です●●

 

タイのバンコクというところは、、

整形外科がやたらと多いのですが。
(うちの近所にあるデパートやショッピングモールの中だけでも、
8個ぐらいはあるでしょうか)

いつも店舗の近くを通ったりすると、白衣のお姉さんがプロモーションの
ビラを配っていて、レーザーやらボトックスやらホワイトニングやら豊胸
やらのメニューリストらしきものが載っています。

私的には、この系の施術には、一生お世話になるつもりはありまっせん。
・・わざわざ痛い思いをして、体の中に異物をいれるなぞ、、
恐ろしくて無理です。

そんなものにお金をかけるぐらいなら、どこかのスパで極楽アロママッサ
ージでも受け、ディープに体と心を癒しつつ、

その後大好物のタコヤキやらお寿司などのリッチな食べ物をたらふく食べ
た方が、どれだけいいでしょう。
もしくは旅行などをして、脳ミソをRENEWするとか。。

***

前置きが長くなりましたが、

今回は、何かと美容に力が入る季節・夏ということで、
肌の露出度もが多くなるこの時期、

「フェロモン肌」で差をつけろ!というテーマでお送りします。

ところで、フェロモン肌というと、どんなイメージがあるでしょうか。

*毛穴がない(または小さくてほとんど見えない)
*ニキビ、吹き出物といったものがほとんどない
*しっとり潤っている、もっちり肌
*透明感がある
*体毛がなくてつるりんつやつや

・・こんなところでしょうか。

そんなイメージをほぼ満たしてくれるハーブアイテムといえば、、

・タナカ(ミャンマー伝統美肌ハーブ)
・ニーム葉オイル
・ベサン

この三つです。

タナカは、まさに夏にもってこいの美肌ハーブ。

暑さで火照った肌をひんやりなだめつつ、毛穴の汚れを引っ張り出して
吸い取ってくれるので、美白や肌のくすみとり、透明感出しに最適です。

とくに夏場は、全身パックを週1、2回程度するのがおすすめです。

★参照ページ
ミャンマーの伝統美肌ハーブ・タナカで、 毛穴・黒ずみ知らずの透明肌をつくる。
タナカの効果的な使い方。

また、ニーム葉オイルを夜寝る前にお肌に薄く伸ばすことで、
太陽光線からうけた肌ダメージが寝ている間に修復され、翌朝は肌が
もっちり&小ジワも目立たなくなります。

そしてベサン。
ベサンは、オイルマッサージ後に油落としとして使うことで、
オイルの中に絡まった産毛がとれやすくなり、回数を重ねることで
ほとんど生えてこなくなるので、産毛なしの滑らかな肌づくりに最適!

また、汗かきで体の匂いが特に気になる方や、頭のてっぺんからつま先
まで、とにかくシンプル・イズ・ベストなケアがいい方は、
ナチュラル自然殺菌ニーム石けんで洗髪からボディ洗いまで兼ねてしまうなんての
もよいでしょう。

☆☆☆

シンプルケアで肌免疫が高まったお肌というのは、
健康的なフェロモンがムンムン。

この夏は、そんな美肌を手に入れましょう。