肌若返りの特効薬? ロバン(乳香・フランキンセンス)の魅力。

先日、ロバンクリームを作ってからというもの

なんだかこのクリーム、、
もしかしたらかなりヤバいかもしれないと(いい意味で)、使いながら
密かに思っていたのですが。

ちょうど数日後、月1ペースで定期的に出店しているバンコクファー
マーズマーケットがあったので、商いをしていると、

ちょうど同じ日に近場でオーガニックマーケットを開催していた常連の
お客さんが現れ、

いろいろ情報交換をしているとき、ふとそのお客さんがポツリ。

「…あら? なんだか今日、今まで見た中で一番肌がきれいに見える
けど、どうしたの? 何使ったの?」

このお客さんとは、これまでにもうかれこれ10回以上は
会っているのですが、
肌がきれいといわれたのは、実ははじめてのこと。

「これまであなたの肌をずっと観察してきたけど、、(←ある意味怖い 笑)
今日が一番、シミが薄くて肌がいい調子じゃない。何使っているの?」

肌や髪にはいつもなにかしらしてるのですが、
「ここ最近してること」に的を絞ったときに思い当たりがあることといえば、

ここ数ヶ月はすっかり韓国製&タイ製のアロエジェルを使いまくっていた
ことと、

そしてほんの数日前から使い始めた、自作ロバンクリーム。

自分の感覚としては、「このクリームやばいかも」と思いつつも、
以前よりも格段に肌の調子がすこぶるよくなったという感覚は特になかったので、

自分が感じている肌の感じと、人から見た感じには、違いがあるのかも。
と思いながら、

人からこういった反応が返ってくると、やはり刺激される「知識欲」。

というわけで、ロバンが肌にもたらす効能を改めてまじめに知りたくなり、
その調査結果をまとめてみました。

今回はその報告です。

…ロバンは、かなりヤバいブツでした。(もちろんいい意味で)

 

☆☆☆

ロバンは、別名フランキンセンス。
ボスウェリア、インド・オリバヌム、梵語ではサライググル、シャラキ、
などと呼ばれ、和名は「乳香」です。(参照:乳香@ウィキ

ロバンは、インド、イエメン、ソマリア、サウジアラビア、エチオピア
などで育つ低木で、何千年もの間、健康や美容目的のための治療薬とし
て使われてきた樹脂。
宗教的な儀式においても長年に渡って用いられてきました。

また、ロバンを粉にしたものは、オイルや香にするために使われ、
その独特な香りは、オリエンタルの香水にとっては欠かせない、重要な
原料となっています。

■もともとは、膝の関節炎治療に幅広く使われてきた薬

ロバンは、主に骨関節炎や筋肉痛、関節リュウマチの治療に使用される
有名なハーブで、痛みを緩和し、関節の柔軟性を向上させる現代の鎮痛
ハーブ薬です。

ロバンから作られたオイルは、アロマテラピーではフランキンセンスオ
イルとして知られています。

フランキンセンスオイルを、手の平に数滴つけてやさしくこすりつけた
後、匂いを吸い込むと、マインドの明晰さと集中力を高めます。

また、アーユルヴェーダ教典のチャラカによれば、ロバンは薬用ハーブ
タバコにも材料のひとつとして使われてきました。

ユナニ医学(中国の漢方、アーユルヴェーダとともに、世界三台伝統医
学のひとつとされる医学で、インドやパキスタンのイスラム文化圏で行
われている伝統医学)によれば、ロバンには5つのタイプがあります。

■肌、髪へのメリット

古代において、ロバンは、肌のシワを減らしオイリー肌の見た目をよく
する成分として使われてきた原料で、透き通った滑らかな、より若々し
い見た目の肌を作ります。ロバンは肌にとって効果的な収斂剤として
働くので、結果的にニキビ、手術後の後、ストレッチマークなどの皮膚
の傷跡を減らし、肌の自然な美しさを引き出します。

アーユルヴェーダ的にいえば、ロバンには、加熱と冷却の相反する両方
の二重エネルギーがあります。

肌に艶を出し、キメの整った美しい肌を作るための自然療法的な美肌テ
クニックのひとつに、

「入浴時、熱めのお湯と冷たい水の両方を、交互に体にあびる」という
ものがあるのですが、(実際にやったことがありますが、かなりグッド
です)

ロバンはまさに、どうやら。
この二重エネルギーが、温冷交互風呂と同じような効果を肌にもたらす
ようです。

熱する効果は、血液循環をサポートし、一方で冷却効果が肌の炎症をな
だめます。

そして髪に使った場合も、肌と同じような艶出し滑らか効果が期待でき
ます。ロバンはまた、毛根を強くし、抜け毛を止めることでも知られて
います。

…まさに、肌と髪への救世主ハーブですね。

■老化酵素を抑制する

私たちは、年齢を重ねるにつれ、、
体の中にある酵素のひとつ「5-リポキシゲナーゼ」なるものが、
潜在的に過剰レベルへと到達し、老化に関連するたくさんの健康問題が
生じるといわれています。

そして、これゆえに、健康的に年をとるためには、血液中のこの酵素の
レベルがコントロールされる必要があります。

グッドニュースは、ロバンはこの老化酵素「5-リポキシゲナーゼ」を抑
制することです。

これが、ロバンが何世紀にもわたり、関節、筋肉、腸の健康をサポート
するために使われてきたゆえんです。

また、婦人科および生殖器の分野でも、このハーブの長所が長年にわた
って観察されています。

・アメリカ式食事にご注意!

またこの酵素は、心臓病、癌、関節炎、慢性呼吸器疾患、アルツハイマ
ー病、糖尿病、インフルエンザ、肺炎および腎臓疾患において、体内の
炎症への応答を担う重要な役割を果たしていると報告されています。

赤肉、家禽系、卵、乳製品などの食品と一緒に、高血糖炭水化物を食べる。
このような典型的なアメリカ式食事には、体内のアラキドン酸(植物に
はほとんど含まれていない不飽和脂肪酸のひとつ)に変換されるオメガ6
脂肪酸が高く含まれているとのことです。

専門家によれば、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の最適比は4:1。

ところが、典型的&標準的なアメリカ式の食事では、
なんとオメガ6脂肪酸の割合が、オメガ3脂肪酸よりも25倍も高くなるの
です。

さて、私たちの体は、ある特定の、適量であれば、アラキドン酸は体に
とって必須であり、非常に有益でもあります。

ただ、量を間違えると…。

私たちの体は、高レベルのアラキドン酸への反応として、老化酵素「5-
リポキシゲナーゼ」を生産するようになります。

問題なのは、アラキドン酸を生産する食品を過剰に食べてしまうこと。

そして、研究報告によれば、ロバンは、この老化酵素に対する阻害特性
を示したとのことです。

■ロバンを食べる象のはなし

ロバンは梵語で「Gajabhakshya」(象に食べられることを楽しんだ)と
いう名前がつけられているとのこと。

初期アーユルヴェーダ医の中には、象の長寿と驚異的な強さは、ロバン
の大量摂取と相関していると考える医者もいたそうです。

■他、アーユルヴェーダにおけるロバンの特性

ロバンは、正常で快適な月経を調節するための薬として、あるいは
子宮内のうっ血を取り除くために、また生殖器官の循環を促進するため
の媚薬のようにも使われてきたようです。
つまり、女性の味方の典型ハーブというわけです。

ロバンはまた、サットヴァ質(純粋性、浄化)で、微妙な神経経路の
不純物を燃やし、神経系だけでなくマインドを浄化する効果もあると
いわれています。

 

…とまあこんな感じで、アメージングな薬効がたっぷりのロバン。
特に日常的な美容アイテムとしては、ぜひ活用したい最高のハーブの
ひとつといえましょう。

 

***

 

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

☆オリエンスハーバルから、
お買い得情報のお知らせ☆

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

 

★【特典プレゼント】: ヘナチョコ
《6/9(金)~6/25(日)まで》

6月、第二回目の特典プレゼントは、『ヘナ+シェアバター』の
ディープトリートメントバー・3個セット。

お鍋に水を入れて、カレールーのように溶かして使う、
NEWタイプのヘアトリートメントです。

 

★【ただいまキャンペーン中】ヘナ・アイテムがお買い得!

《レギュラーヘナ染めに最適》
ヘナ葉ハーブ(コーヒー&トリファラ)
インディゴパウダー
黒美髪(くろびかみ/インディゴ入りヘナ)

黒美髪(くろびかみ)ヘアダイオイル《フォーミュラ1/サラっとタイプ》
黒美髪(くろびかみ)ヘアダイオイル《フォーミュラ2/濃厚タイプ》

 

*****

■【ハーブシャンプー・無料サンプル3点セット】

★内容:

新養髪(しんやしないかみ)5g
黒艶しっとりアムラ石けん 5g
サラ艶ふんわりシカカイ石けん 5g

⇒サンプル希望の方は こちら をご覧下さい

 

 

 

シナモンでヘルスケア。~シナモンのさまざまな使い道~

シナモンといえば、、

日々、わりとなじみのあるハーブのひとつ。

カプチーノ、アップルシナモン系のパン、カレー粉、
焼きそばソースなどなど・・

結構いろんなものに入ってますね。

そんなシナモンは、人類史上最も古いとされる名誉あるスパイス?の
ひとつで、代謝を高めたり、コレステロールを低くする効果がある
万能ハーブでもあります。

アーユルヴェーダでもよく使われる家庭薬で、たくさんの軽い病気
を予防し、治癒します。

今回は、一見地味なハーブでありながら、隠れ優れもののこのシナモンの、
さまざまな使い道をご紹介したいと思います。

***

★匂いをかぐと・・

シナモンの匂いは、認知機能と記憶力を高める効果あり。
気が移ろいやすいときや、集中力にかけるときなどは、シナモン
スティックを持ち歩き、時々かぐようにすれば、散漫な気がひき
しまる効果が得られます。

毎朝、普段飲んでいるコーヒーや紅茶にシナモンパウダーを混ぜ
て飲むと、集中力が増し、仕事がどんどん進むなんてことも。

また、シナモンの精油をポプリやアロマテラピーのポットに入れ
て、日々部屋中に漂わせておけば、頭脳ワークが進みそうです。

★コレステロール減らし

40日間にわたり、糖尿病患者を対象にした実験で、毎日シナモン小
さじ1/4をとった場合、悪玉コレステロール値が下がったとの報告
があります。インスリン機能を改善するともいわれています。

★痛みの解放

シナモンは、筋肉の収縮と緩和に関わるホルモン物質のように作用
するので、痛みを減らすために使われています。

★虫食い予防

シナモンスティック3、4本を適当に砕き、クローブ1/2カップ分
と黒コショウの実1/2カップ分と一緒に、布袋に入れてタンスの
中に入れておくと、服の虫食いを予防できます。

★減量を促進!

シナモンには、空腹感を減らし、甘いものへの渇望を減らす効果
がある(特に糖尿の人)ので、体重が減りにくい人はぜひ活用し
たいハーブです。
ショウガ+シナモン+ハチミツのティーは、太りやすいカファの
体質改善にもよい飲み物です。

⇒参照ページ: 脂肪を減らす自然薬、「ハチミツ+シナモン」

★月経が重い時

シナモンは、何世紀もの間、月経が重い女性たちを助けてきたハ
ーブ。産婦人科系の不調にも◎。

★血液循環を高める、便秘解消、咳止めに

風邪をひいて咳が長引き、なかなか止まらないようなそんな時は。
シナモンティーがおすすめ!

・刻み生姜 小さじ1、
・クローブパウダー 1つまみ
・シナモンパウダー 1つまみ

をカップ一杯の熱湯に加えてお茶にして飲みましょう。

咳止め以外にも、血液循環を高めて消化と排泄を助けるので、
お肌を健康的できれいに保てます。

★ニキビ治療

シナモンパウダー小さじ1、ハチミツ大さじ1を混ぜ合わせてペース
トをつくり、寝る前にニキビの上に塗って、翌朝温かいお湯で流します。
これを二週間続けてみれば、、ニキビがきれいに消えてる?

★抜け毛をとめる

オリーブオイル 大さじ1
ハチミツ 大さじ1、
シナモンパウダー 小さじ1/3

を混ぜ合わせて、ペースト状にしたものを、頭皮につけて15分間パック。
その後、マイルドなシャンプーで洗い流します。

やる頻度の目安:週3、4回。

***

・・こういった、何気ない身近なスパイス&ハーブを日々活用すると、
知らないうちに病気を寄せ付けない体になっているもの。

特にカレーに使われるスパイス系は、まめにとっておいて損はナシ!

***

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
■アーユルヴェーダ美容連載コラム on TRINITY
【New!】アーユルヴェーダで使われる、奇妙なモノ。 ~ 蛭(ヒル)~ 
LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

フラックスシードに関する質問

今回は、だいぶ過去に、つぶやきブログの方で
フラックスシードについて書いた記事 について、

次のような質問をいただいたので、ここでお答えしたいと思います。

★質問:

>娘はアトピーで、今、妊娠6カ月です。フラックスシ-ドを飲み始めました。
>が・・・・妊婦はよくないと書いてあるアニ-シャさんの記事を見つけて
>困りました。5年経ってもアニ-シャさんは、摂らないほうがいいと思われますか?
>いいと書いてある記事のほうが多くて、今はどちらが正しいのかわからないです。

☆回答:

私の意見をはじめにお伝えすると、、

妊娠5ヶ月目以降に、フラックスシードの「オイル」をとるのは
「注意するにこしたことはなし」。
オイルではなく、シードそのもののフラックスシード(生ではな
く一旦煎ったものか加熱したもの)を食べる分には、問題ないのでは。

です。

実際には、妊娠中にフラックスシードオイルを摂っていて、
無事に元気な赤ちゃんを出産している人たちもいるようです。

が。

アメリカの科学研究団体からの情報 によれば、

次のような実験報告もされているので、
参考として考慮に入れておいたほうがよろしいかと思います。

■実験内容について

この記事を訳すと、だいたいこんな感じになります。

***

ある研究において、フラックスシードオイルを妊娠の最後の
2期に摂取する場合、早産の危険性が4倍になることが
調査で明らかになりました。

この研究は、カナダのモントリオール大学の薬学部および
聖ジャスティン病院の研究センターの教授と、
博士課程の学生によって実施されました。

・・・

教授と生徒は、ケベック出身の妊娠中の女性3354人から、
これまで行われたデータ分析において最大の研究のひとつ
の実施を試みました。

これらの女性によって最も使用された天然健康製品は、
カモミール(19パーセント)、
緑茶(17パーセント)、
ペパーミント(12パーセント)、
そしてフラックスシードオイル(12パーセント)です。

そして、教授と学生は、これらの健康製品のうち、
早産ととても強い関連性を確認したのは、
フラックスシードオイルだけでした。

教授は、

「一般的に、早産の平均率は2~3パーセントです。
しかし、最後の2期(第二期と第三期)にフラックスシードオイル
を摂った女性たちでは、その数は最高12パーセントまで跳ね上がり
ました。これは、非常に危険です」

と述べています。

早産との関連性は、フラックスシードオイルにおいて見られましたが、
フラックスシードの種そのものを摂っていた女性たちは、その影響
を受けませんでした。

これらの研究結果を確かめるためには、さらなる研究がなされなければ
ならないとしても、教授はフラックスシードのオイルを摂ることにつ
いては、注意を薦めています。・・・

☆☆☆

私自身、日々フラックスシードをよく食べていますが、
一旦乾煎りしたものに岩塩を少し振りかけて食べています。

いくつかの食べ方を試してみましたが、
この食べ方が、一番おいしいような。。(魚スナックを食べているみたいな
味になります)

ご参考になれば幸いです。

肌と髪のためのスーパーフード・うずらの卵で、、 体そのものをディープに滋養。

うずらの卵というと、、

小さくて、なんか地味な出で立ちですが、
八宝菜に数個入っていようものなら、
その八宝菜がすごくおいしそうに思えてくるのは
私だけだろうか。。(笑)

実はこのうずらの卵、なんと鶏卵よりもスーパーに栄養価が高く、
髪や肌のための栄養分がたっぷりと入っている食べ物で、

なんと、古代エジプト、アーユルヴェーダ、聖書、コーラン(イスラム教
の聖典)などでは、薬効の高いミラクルな食べ物として
ほとんど薬のように食べられてきたもの。

古代エジプト人や中国人たちは、うずらの卵を、ぜんそくや勃起障害など
の薬として使っていたようです。

うずらの卵には、善玉コレステロールがより多く含まれ、
鶏卵に比べて1/5の大きさにも関わらず、リンは5倍、鉄分では7.5倍、鶏卵
よりも多く含まれ、ビタミンA、E、B群、カリウムが豊富!

さらにうずらの卵は、結核を含む30以上もの病気に効果があることがわかっ
ています。

この古代からのお墨付きの薬効高い食べ物は、肌や髪の美容にも最適です。

■髪の成長を促し、ボリュームアップ!

うずらの卵に含まれるビタミンB群は、なんど鶏卵の15倍以上。
そして、健康的な髪を維持するために最も大切なタンパク質と硫黄がたっぷ
り含まれているので、一日3個ほど食べることで、髪が丈夫になり、ダメージ
をうけにくい髪を養うことができます。
長くてボリューミーな髪が欲しいなら、普段からうずらの卵を食事に入れまし
ょう!

■肌をディープに滋養し、ふっくらふんわり柔らかく、しなやかに。

うずらの卵に含まれる高い栄養分は、肌組織そのものをディープに滋養。
食べることはもちろん、そのまま肌につけて、フェイスマスクしてもOK。
フェイスマスクとして使う場合は、

・うずらの卵1個
・新鮮なレモン汁3滴

を混ぜ合わせ、肌にぬって15分間浸透させたあと、水で流します。

■アルカリ性の抗酸化作用が、肌の老化を遅らせてシワ予防。

アルカリ性でできている酸化防止剤が豊富なうずらの卵は、シワや小じわ
の原因となるフリーラジカルを追い払うだけでなく、肌のpH値を正常値に
中和する効果があります。

■爪の強化

うずらの卵は鶏卵よりも多くのタンパク質が含まれ、健康的な爪をサポート。

★★★ うずらの卵のミラクルな薬効 ★★★

一日3個(子供の場合は1個)のうずらの卵を食べると、体を深く滋養でき、
以下のような効果があることが研究でわかっています。

*代謝改善
*神経系と中枢神経系の回復
*子供のIQが高くなり、心と体のバランスが調和する
*体の退化プロセスに抵抗し、元気回復させる
*神経細胞を守る
*記憶力の回復
*勃起障害の改善
*肉体労働やストレスで弱まった器官を強化
*高年齢の人のための強壮剤
*心臓機能、ぜんそく、湿疹、弱い消化力の改善
*胃酸の過剰分泌を中和
*妊娠中にとてもいい
*コレステロールを下げる
*腎臓や肝臓の強壮剤
*アレルギーにいい
*血糖を調整する
*脳の強壮

★★★ 効果的な食べ方 ★★★

・食べ始めの3日間は、一日3個。それ以降は5個に増やす。
⇒25日間食べ続ける。 
(※子供の場合は一日1個。)

・・・うずらの卵を一日一個食べとけば、病気の悩みが一切なくなる!
というドクターもいます。

これだけの薬効があれば、試さなきゃ損。。
私もさっそく自分の体で、人体実験します。

知らなきゃ損なリンシード(亜麻仁)の効能、使い方&注意点。

リンシード。

別名、フラックスシードとか、アマニと呼ばれているちっちゃな種。

よくパンとかクッキーとかについてる、香ばしいあれですね。

このリンシード、ヴィーガン(動物性のものを一切とらない菜食主義)では
貴重なオメガ3必須脂肪酸の源で有名。。

煎って食べるとまるで魚の油のような味がし、いろいろな健康効果が得られ
るこの種、使い方間違えるとせっかくの薬効が得られないので要注意。

私自身、長年このリンシードを、思いついたときにサプリがわりに
愛食してきたのですが、
ここ数ヶ月は特に、まめに食事に混ぜたりしてとっていました。

が。

実は、摂り方が微妙に間違っていたということが、
ここ最近になって判明。。

今回はそのあたりについて触れたいと思います。

そもそも、リンシードにはどんな効能があるといわれているかというと、
ひとつが、女性ホルモンを増やす効果。

実はここ数年で、知らない間に胸のサイズが1カップ大きくなってたのですが、
これも、リンシードの効果かしら。。(笑)

確かに、女性ホルモンを増やすというだけあって、
なんか性格がだいぶオンナらしく穏やかになったような気が、、
(あくまでも自称)

体とは不思議なもので、脳の状態によってどんどん変わり始めるものなのだなと、
プチ実感中。

それはさておき、

リンシードは、その治癒効果ゆえに古代から親しまれてきた食材のひとつ。

南インドのケララ州では、リンシードはアーユルヴェーダの下剤浄化治療
(ヴィレチャナと呼ばれる浄化治療で、汗腺、小腸、結腸、腎臓、胃、肝臓、脾臓
の洗浄を目的としたもの)に、他のハーブと一緒に使われる重要な材料とされてい
ます。

★☆リンシードの効果

リンシードそのものや、種から絞られたオイルは、体が作り出すことができない
オメガ3必須脂肪酸の宝庫。次のような効果が証明されています。

*心臓病や高血圧の原因となる悪玉コレステロールを減らす。

*神経インパルス(神経細胞が刺激を受けるときの細胞の興奮)
の伝達を助けるため、しびれ(無感覚の状態)や神経の病気に有効。

*がんの原因になる毒素やフリーラジカルから結腸細胞を守り、
大腸がんのリスクを減らす。

*乳がんの進行を遅らせる。

*男性の前立腺がんを予防する。これは、低脂肪食事療法と組み合わ
せることでさらに効果があることが報告されている。

*ストレス下にあるときに体から生産される過剰な毒性化学物質を防ぐ。

*肌の傷、ニキビ、吹き出物、日焼け、湿疹から乾癬まで、さまざまな
肌のトラブルを癒す。

*髪と爪の健康を促進させる。

*体のホルモン系に有益とされるリグナン(ポリフェノールの一種。
女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする成分)が含まれている。

*消化管を円滑にする繊維質の宝庫で、食後に起こる血糖の急上昇を防ぐ。

*慢性の便秘を安全に解消。

★☆使う時の注意点

・リンシードは水分を含んで膨張するので、とったあとは少なくとも
グラス1、2杯の水を飲むこと。水分が不十分だと、腸閉塞を引き起こす
原因になります。

・砕いたリンシードは室温ですぐに酸化してしまうので、必ず冷蔵保存する。
全粒のものを手に入れ、使うたびに砕くのがベスト。

・妊娠中や授乳時は過剰に食べすぎないこと。

★☆リンシードの食べ方

生のリンシードは、摂り過ぎると体に有害なシアン酸塩と呼ばれる物質が含
まれているので、加熱するのが理想的。

軽く煎った種をすり潰すして食べる。
(煎るときは、四方八方に種が飛び跳ねるので、必ず蓋をすること)

目安は、一日大さじ1、2杯。
(現在のところ、一日大さじ2杯までなら有害な副作用は報告されていません)

★☆薬としての使い方

・慢性の便秘、大腸の不調、腸管粘膜の炎症に:

→ 水1ℓ~1.5ℓに、15gから20gの種を入れて一晩ふやかし、翌朝に種を濾します。
朝食前の胃が空の時に、この水をグラス1杯飲む。
そして、食事時ではなく、食事と食事の間の時間に、残りの水(グラス4、5杯
分)を小分けに飲む。

***

今まで、生の種をいっぺんにミキサーですり潰して粉にしたものを、
バリバリ常温保存してたり、、

加熱せずに生の種をそのままふりかけて食べてることもありました。。

が、幸い副作用らしい副作用はいままで体験したことがありませんが、
リンシードはたっぷりのお水とセットで使うのが基本!